安いママチャリ9選!おしゃれ・コスパ最強のママチャリを紹介

ママチャリ 安い

「とにかく安いママチャリが欲しい!」
「長く使えてコスパのいい自転車ってないのかな」
と思っていませんか?

たしかに、ホームセンターや大型量販店に行けば1万円前後のママチャリが販売されています。
しかし、品質や保証など、心配な点も多いのではないでしょうか?
いろいろ見て回ったところで、
「見れば見るほどどれを買うべきかわからない!」
と迷ってしまいがちです。

そこでこの記事では、安いママチャリの買い方や、コスパのいいおすすめのママチャリを紹介していきます。

この記事を読むメリット
  • 安いママチャリの品質がわかる
  • 安くてママチャリの中から自分に合った一台を選べるようになる

(※本文中に記載されている価格は2020年1月9日時点のものです)

すぐに値段の安いママチャリをチェックしたい人はこちら>>

安いママチャリは3万円以下から買える

安いママチャリは2万円以下の値段で買える

安い自転車を探すには、自転車の市場ではいくらが安いとされているのか知る必要があります。
そこで、まずはママチャリの相場を抑えましょう。

ママチャリの相場は、およそ3万円※です。
そのため、相場よりも低価格な、3万円以下のママチャリは安いと言えます。
※2020年1月9日時点のcymaおよびAmazonで販売されているママチャリ(シティサイクル)の平均金額から算出しています。

1万円前後で買えるとイメージしていた人には高く感じるかと思いますが、実はママチャリの値段は年々高騰しています。
以前はホームセンターや量販店で数千円の激安なママチャリが売られていましたが、今では税抜でも1万円を下回る自転車は少ないです。

自転車の販売価格の推移

また、激安のママチャリは品質が低くコスパが悪いため、おすすめできません。
よって、安いママチャリは、1万円以上3万円以下で購入できます。
次章では、3万円以下でどのような品質、デザインのママチャリが購入できるかを説明していきます。

3万円以下の安いママチャリは値段帯によって品質とデザインが異なる

1万円台の簡素なママチャリと2万円台のママチャリ

3万円以下のママチャリは、値段帯によって主に品質やデザインに違いがあります。

品質 デザイン
1万円台 たわみやすく疲れやすい 簡素
2万円台 耐久性がある カラーやパーツにバリエーションがある

この章では、3万円以下のママチャリの特徴を、値段帯別に解説していきます。

1万円台のママチャリの品質とデザイン

オプションパーツが簡素な1万円台のママチャリ

1万円台のママチャリは、フレームがたわみやすいため漕いでいて疲れやすく、デザインも簡素です。
ママチャリを安く製造するためには、素材や組立ての質を落とし、銀や白、黒の安い塗装で済ませる必要があるからです。
また、ライトやカゴなどのオプションパーツが取り付けられていないほど安くなります。
そのようなママチャリでも乗って使うことはできますが、快適な走り心地や、十分な便利さは期待できません。

2万円台のママチャリの品質とデザイン

デザイン性のある2万円台のママチャリ

2万円台のママチャリは、BAAマークを取得した耐久性のある車種が購入できる価格帯です。
BAAマークとは、自転車協会が定めた安全基準に基づく、約90ヶ所の細かい試験に合格した自転車に付与されます。
つまり、BAAマークを取得した自転車は、製品の耐久性が保証されており安心して乗れるのです。

BAAマーク

また、カラーバリエーションが増えることはもちろん、取り付けるカゴやライトのグレードも上がります。

1万円台のママチャリ 2万円台のママチャリ
デザイン 1万円台のママチャリ 2万円台のママチャリ
変速機 なし 6段変速
ライト ダイナモライト LEDオートライト
ブレーキ 一般的なブレーキ キーキー音が鳴りづらいブレーキ

これらの特徴は一例です。 ママチャリの値段は他にも、タイヤやフレームの種類などで値段に差が表れます。 商品の特徴と値段とを比べて、納得のいく価格帯のママチャリを探してみてください。

スタッフのおすすめポイント!
長く使うなら、耐久性があって壊れにくく、使いやすさも兼ね備えた2万円台のママチャリがおすすめです。 修理の頻度が減ると、ランニングコストが下がり長期的に見ると1万円台のママチャリを買うよりお得になることもあります! 近くに自転車屋がない、自転車屋に持っていく時間がないという人には、特におすすめです。

実はコスパが悪い1万円以下のママチャリ

自転車が壊れて困っている男性

ここまで、1万円以上のママチャリの特徴を紹介してきましたが、「安く買えるなら1万円以下のママチャリでもいいのでは?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

先で触れたとおり、ホームセンターやネット通販で販売されている1万円以下の激安なママチャリは、おすすめできません。
質の低いパーツや接合でできているため壊れやすく、1年程度の様々な部位にガタがきてしまうからです。

また、売値が安いママチャリほど修理の工賃が高くなりやすい傾向があります。 つまり、長く使おうとするほどコスパは悪くなってしまうのです。
2年間で必要になる修理代だけで自転車を買い換えられてしまうことも。
【修理(チューブ交換)にかかる工賃】

最安値 最高値
交換パーツ代 ¥500 ¥1500
工賃(前輪) ¥1000 ¥2000
工賃(後輪) ¥1500 ¥2500
修理代総額 ¥3500 ¥7500

(※参考:サイクルベースあさひ、イオンサイクル、カインズサイクル、自転車屋まるいち、メンテナンスショップ光栄丸)

怪我をする危険性があるだけでなく、修理代がかさんでしまう可能性もあるので、1万円以下の激安ママチャリは購入しないことをおすすめします。

安いママチャリを買う2つの方法

お買い得な買い方

この章では、ママチャリを安く買う2つの方法を紹介します。

  • ネットで買って実店舗に取りに行く
  • アウトレット商品を購入する

【方法1】ネットで買って実店舗に取りに行く

ネット通販で購入

通販で売っているママチャリが安いのは、そのほとんどが後で送料を加算されるからです。
実店舗に取りに行くと送料分安く買えます。
そのため、通販で見つけた安い自転車を取りに行くことが、一番安く買える方法です。
また隙間時間により多くの候補の中から安くて好みの自転車を見つけられることも、通販で買うメリットです。

しかし、
「家の近くに販売店がない」
「取りに行く時間がない」
という人も少なくないでしょう。
そこで、自宅で受け取れる安いママチャリを買う方法を紹介します。

【方法2】アウトレット商品を購入する

サイマのアウトレットページ

アウトレット商品は、在庫過多や保管時の小さなキズなど、訳ありで未使用の自転車を大幅値下げして販売しています。
中古品ではないうえ、値引き率が高いので、新品を格安で購入することができます。
「パッと見ではわからない小さなキズは気にならない」
という人におすすめです。

おすすめの安いママチャリを紹介

ここまで、安いママチャリについて、次の3つを紹介してきました。

この記事のまとめ
  • 安いママチャリは3万円以下で購入できる
  • 1万円台の安いママチャリは漕いでいて疲れるうえ、オプションパーツが簡素
  • 2万円台の安いママチャリは耐久性があり使いやすいためおすすめ
  • 1万円以下の激安ママチャリはコスパが悪いため買わないほうがいい

ここからは、3万円以下の安いママチャリを紹介していきます。
ここで紹介するママチャリは、先で紹介した特徴を捉えていることはもちろん、サービスも充実しています。

この記事で紹介するママチャリ
  • 3万円以下の安いママチャリ
  • プロの整備士が組立ている
  • 完成した状態で家までお届け

ママチャリ同士の比較表も掲載しているので、参考にしながらお気に入りの安い一台を探してみてください!

【予算3万円以下】トラブルに強くて安いママチャリ3選

(※本文中に記載されている価格は2020年1月9日時点のものです)

cyma

SIGNE(シグネ)

サイズ:
27インチ
適応身長:
150㎝~
変速:
なし

¥20,980(税別)

SIGNE(シグネ)の商品画像

BAA取得!安さと充実の装備を兼ね備えた人気のママチャリ

スタッフの声Check!!

シグネの魅力は、値段の安さに対して充実した装備を備えていることです。 BAAを取得していながら、カゴやライト、サークル錠と便利な機能が揃っています。 さらに、手元にライトのスイッチが付いているので、操作もしやすいです。 安さと機能性を求めている人にぴったりの一台です。


この自転車の口コミ
  • 父へのプレゼントでしたが、とっても走りが軽いこととデザインを気に入ってくれました。 私もとても満足です。
    近所の大型自転車屋さんを数件まわったのですが、 納得できる自転車にめぐり合わず、 こちらの自転車がどれも魅力的で、迷いました。(中略) 自転車がとても軽く、走るのがこんなに楽しく感じるとは! ついつい遠出して、今までの行動範囲よりもずいぶん広がりました!

cyma

Punk Rock(パンクロック)

サイズ:
27インチ
適応身長:
152㎝~
変速:
外装6段

¥25,980(税別)

Arvitaの商品画像

BAA取得!パンクに強いタイヤを装備したシンプルなママチャリ

スタッフの声Check!!

パンクロックは、その名前の通りパンクに強いタイヤが魅力の自転車です。 通常のタイヤより肉厚の耐パンクタイヤを採用しているので、パンクして修理が必要になるリスクを下げられるます。 近くに自転車屋がない人に特におすすめです。


この自転車の口コミ
  • 子供の入学祝いに購入しました。走りやすいと気に入っています。カゴは小さめですが子供は問題ないと言っています。
    変則ギアも使いやすいし耐パンクタイヤと聞くと重いのでは?と思いこんでましたが普通の自転車と変わりない、扱いやすい良い自転車です。カゴも思ってたより大きくてA4縦トートバッグが難なく入ります。(一部抜粋)

cyma

Arvita

サイズ:
27インチ
適応身長:
154㎝~
変速:
外装6段

¥27,480(税別)

Arvitaの商品画像

シンプルおしゃれなフォルム!錆びに強いパーツを備えた自転車

スタッフの声Check!!

アルヴィータの魅力は珍しい形状のフレームです。 少し曲線を描いているフレームが、さりげないおしゃれさをプラスしています。 耐パンクタイヤを採用しているので、通勤通学に特におすすめの一台です。


この自転車の口コミ
  • 高級感があり、かっこいいです!! 組み立てた状態で届くので、安心です。 良い買い物ができました。(一部抜粋)
    女性にも乗りやすいと思います。とても軽快に走ります。(一部抜粋)

予算3万円以下のトラブルに強くて安いママチャリを比較

こんな人におすすめ!

  • 安くて耐久性のあるママチャリ→サントス
  • 段差が多い道を走る人、スカートをよく履く人→パンクロック
  • 外で自転車を管理する人、長距離を走る人→アルヴィータ
車種名 シグネ パンクロック アルヴィータ
見た目 シグネ パンクロック アルヴィータ
変速機 なし 6段変速 6段変速
価格 ¥20,980(税別) ¥23,980(税別) ¥26,980(税別)
BAAマーク
タイヤ 一般的なタイヤ 肉厚の耐パンクタイヤ 肉厚の耐摩耗タイヤ
オプション
  • カゴ
  • ダイナモライト
  • サークル錠
  • チェーンカバー
  • 泥除け
  • ベル
  • 反射板
  • 片足スタンド
  • カゴ
  • LEDオートライト
  • サークル錠
  • チェーンカバー
  • 泥除け
  • ベル
  • 反射板
  • ドレスガード
  • 荷台
  • 両足スタンド
  • ステンレスカゴ
  • LEDオートライト
  • サークル錠
  • チェーンカバー
  • 泥除け
  • ベル
  • 反射板
  • 荷台
  • 両足スタンド

【予算3万円以下】おしゃれな安いママチャリ5選

(※本文中に記載されている価格は2020年1月9日時点のものです)

cyma

CURIOUS(キュリオス)

サイズ:
26インチ
適応身長:
143㎝~
変速:
外装6段

¥21,980(税別)

CURIOUS(キュリオス)の商品画像

おしゃれなはしご型フレームとメタリック調のカラーが印象的なシティサイクル!

スタッフの声Check!!

キュリオスはビビットカラーが映えるシティサイクルです。 鮮やかな車体のカラーにブラックのパーツで、かわいいながら締まりのある印象にしてくれます。 はしごフレームも他にはないおしゃれさですね。 普段使いしやすく、日常にちょっと華を添えてくれる一台です。


この自転車の口コミ
  • とても立派で乗りやすいです。かごが大きくて、5㎏のお米を載せても半分ほどしか埋まりませんでした。大概のものは載せられます。見た目も掲載写真の通りで非常にカッコいいです。(一部抜粋)
    届いた真昼間は、一瞬赤?と思う位鮮やかなオレンジでした。 夕方には朱色っぽくなります。 (一部抜粋)

cyma

Celesteno(セレスティーノ)

サイズ:
27インチ
適応身長:
148㎝~
変速:
外装6段

¥24,780(税別)

Celesteno(セレスティーノ)の商品画像

ストレートでシンプルなVフレーム形状と落ち着いたベーシックカラーのコラボレーション

スタッフの声Check!!

セレスティーノは深みのあるクラシカルなカラーがおしゃれなシティサイクルです。 車体とパーツのカラーバランスがおしゃれポイントです。特にタイヤの側面のイエローがアクセントになっています。 男女問わず乗りやすいデザインの一台です。


この自転車の口コミ
チョコレートみたいなダークブラウンで気に入りました。 サドルが今までのと形がだいぶ違うのでまだ違和感がありますが、軽快に走るし、サドルとペダルが本体のカラーとバランスがとれていてとてもかわいいです。(一部抜粋)
黒にも見えそうな、深い濃紺の色が気に入りました。前に乗っていた自転車と比較しての感想ですが、一流メーカーの変則切り替えですが、少しだけ切り替えがスムーズに行かないことが多いです。また、買って1ヶ月も経たずにブレーキがキーキー鳴るのは残念です。雨に濡れたからかしら(泣)。 でも、思いのほか軽くて使いやすいです。(一部抜粋)

cyma

Dia Resto(ディアレスト)

サイズ:
26インチ
適応身長:
143㎝~
変速:
外装6段

¥24,980(税別)

Dia Resto(ディアレスト)の商品画像

BAA取得!ブラウンパーツがおしゃれさをワンランクアップしてくれるシティサイクル

スタッフの声Check!!

ディアレストはお値段以上に高級感のあるシティサイクルです。 深みのあるカラーに濃いブラウンパーツとの組み合わせが品よく見せてくれます。 安く買いたいけれど安く見られたくはない!という人におすすめです。


この自転車の口コミ
食材や日用品の買い出しのために購入しました。 カゴが大きめで、ギアが付いて、オートライト、買い出しにとても便利な自転車です。細部まできれいに作られていて、重量感がありしっかりとしています。 少しお金を出してオシャレなデザインのものを選んだのも良かったです。(一部抜粋)
色々ありましたが自転車は大変気に入ってます。 デザインも可愛いし色も真っ赤ではなく深みのある赤で綺麗です。 サドルが硬めなので乗ってしばらくするとお尻が痛いので柔らかいものに交換予定です。

cyma

グランディーノ

サイズ:
26インチ
適応身長:
144㎝~
変速:
外装6段

¥25,800(税別)

グランディーノの商品画像

見た目も品質も安さも妥協したくないあなたへ!女性の「欲しい」が詰まったシティサイクル

スタッフの声Check!!

グランディーノは、品のある雰囲気が漂うかわいすぎないシティサイクルです。 籐風カゴとツートーンカラーのサドルが上品さのポイント。 きれいめコーディネートにはもちろん、ちょっとカジュアルな服装にも大人っぽさをプラスしてくれる一台です。


この自転車の口コミ
  • 光沢のあるきれいなブラウンでデザインも可愛いし乗りやすいです。 前乗ってた自転車はペダルを踏み込んでもあまり進まなかったけれど、こちらの自転車はスムーズな走行で快適です。 良い買い物ができて嬉しいです。(一部抜粋)
  • ネットでの購入で、色味や乗り心地などのギャップが少し不安でしたが、概ね想像通りでした。 もう少しマットな見た目が理想でしたが、キラキラしすぎず、前かごとサドルの雰囲気に合っていて素敵です。そして自動点灯のライトは本当に便利!配送も問題ありませんでした。 少し勇気は要りましたが、たくさんの選択肢の中から、自分のお気に入りを見つけることができたので良かったです。
  • 素敵な自転車に巡り合えた事が嬉しいの一言です! 届いた日は大型台風が来る前日の夜だったので家の中に置いて避難乗る事が出来たのは数日後でした 見た目は可愛くてお洒落乗ってこいだ瞬間→気分最高、体に合って楽でした 楽しいです。 感謝です、そして大切に乗っていきたいと思っています。 有難うございます。
口コミをもっと見る

最後に

いかがでしたか?
納得のいく安いママチャリは見つかりましたか?

当自転車通販サイトcymaでは、ママチャリはもちろん、他にも数多くの自転車を販売しています。 より幅広い選択肢の中から、納得の一台をぜひ探してみてください。

\あなたにピッタリの一台に出会う/

もっと自転車をチェックする

記事の内容まるわかりQ&A

Q. 安いママチャリはいくら?
A. 安いママチャリは2万円以下で購入できます。
ママチャリの相場が2~3万円なので、それより低い値段のママチャリは安いと言えます。
Q. 安いママチャリの買い替えの時期は?
A. 安いママチャリは、ほぼ毎日乗っていると目安として1~2年でタイヤやギギヤ、チェーンの修理が必要になります。
タイヤの交換など大掛かりな修理は高額な修理費がかかってしまうため、それを期長く使える自転車に買い換える人ことをおすすめします。詳しくはこちら
Q. 激安のママチャリでも十分に走れる?
A. 1万円以下で購入できる激安のママチャリでも、走って止まることはできます。
「短期間使えるママチャリをとにかく安く買いたい!」という人には十分な性能です。
しかし壊れやすいため怪我の危険性があり、修理費も高額になりやすいため、長く使おうとするほどコスパが悪いです。
Q. 安全な自転車を安く買う方法は?
A. 安全な自転車を安く買うには、有名メーカーの商品ではない自転車協会が定めた安全基準「BAAのマーク」がついた自転車がおすすめです。
安いママチャリなら2万円から購入できます。

関連記事

自転車についてもっと知りたい人はこちら

安い自転車についてもっと知りたい人はこちら