激安の電動アシスト自転車のコスパは?中古や型落ちなど3つのお得な買い方

電動自転車激安の画像

電動アシスト付き自転車は非常に便利ですが、高性能な分、値段が高いのがネックです。
通常の自転車を買うよりもお財布に優しくないため、購入をなかなか踏み切れないという方も多いはず。
数万円という大きな買い物になので、とにかく安く買う方法があれば知りたい!とお考えではありませんか?

また、安価な値段だけ見てしまうと、「安い電動自転車って性能や故障のリスクは大丈夫?」といった部分も気になるもの…。
電動自転車を買う上で、コストパフォーマンスの良し悪しをチェックする方法はないのでしょうか?

そんな皆さんのため、このページでは、中古や型落ちなども含めて安い電動自転車を買う3つの方法と購入時の注意点をご紹介。
合わせて、「激安の電動アシスト自転車ってコスパは良いの?」という疑問にもお答えしていきます。
電動自転車を安く買いたいとお考えの方が、値段も品質も自分にピッタリな一台を見つけるのに、ぜひご活用ください!

(※本文中に記載されている価格は2019年10月7日のものです。現在の価格と異なる場合があります。)

すぐに激安の電動自転車をチェックしたい方はこちら>>

電動自転車の相場価格はいくら?

今回、当サイトを含む3つのECサイトに出品中のモデルを集計したところ、新品の電動自転車の相場価格は約13万円となりました。

ECサイト名 対象商品数 相場価格
cyma 80 ¥125,992
Amazon 469 ¥142,431
価格.com 145 ¥119,501
全体平均 ¥129,308

※本データは2019年9月に当社が独自調査によって集計したものを掲載しております。
各商品の販売価格は常に変動するため、参考値としてお考えください。

このことから、13万円以上の値段の電動自転車は「高い」、13万円よりも低価格であれば「安い」と言えますね。
各メーカーやグレードごとで販売価格に大きな差が出るので、安価なモデルを探して買うのが良いです。

なお、電動アシスト自転車の中でも、ホイールサイズの小さな小径車(ミニベロ)はさらに安く購入できる傾向にあります。
「電動自転車であれば小径車でも構わない」という方は、ミニベロタイプの電動自転車を検討しても良いでしょう。

激安の電動自転車を買う3つの方法と注意点

電動自転車の通販サイト画像

新品の電動自転車の相場が約13万円と把握できた上で、ここからは、激安の自転車を探して購入できる3つの方法に触れていきます。

  • 中古の電動アシスト付き自転車を探す
  • 型落ちの電動アシスト付き自転車を探す
  • 電動自転車のセール品やアウトレット品を購入する

3つの購入方法にはそれぞれ注意したい点もありますので、合わせて確認していきましょう。

中古の電動アシスト付き自転車を探す

中古の電動自転車は、以下のようなオークションサイトや、フリマアプリなどで探すことができます。

これらサービスで中古の出品を探すと、前述した電動自転車の相場価格よりも数万円ほど安く買える傾向にあります。
「とにかく安い金額で電動アシスト自転車を買いたい!」とお考えの方にはぴったりですね。
ただし、中古の電動自転車を通販で購入する場合は、特に以下の項目に要注意です。

バッテリーの寿命が近い電動自転車が出品されている

まず、必ずチェックすべきなのは電動アシスト自転車のバッテリー寿命に関するチェックです。
「電池の寿命が来ていないか」と「搭載されているバッテリーの製造が終了して交換不可になっていないか」の2点は必ず確認しましょう。
そもそも、「所有者の使用年数が長い」「型式が古すぎる」といった電動自転車は避けるのが無難です。

出品されている電動自転車の写真が少ない場合がある

商品写真が鮮明でなかったり、細部まで確認できなかったりといった電動自転車にも要注意です。
個人出品の自転車を買う場合、手元に届いた後で、部品の破損やボディの汚れなどが見つかることは大きなリスクだからです。
商品を一覧で見ていく際は、商品写真が明確に確認可能な出品を選ぶようにしていきましょう。

自転車の配送料はおおむね数千円以上かかる

また、こういった個人が出品しているサイトでは「送料がどれくらいかかるか」も必ず確認するようにしましょう。
本体価格がどれだけ安くとも、自転車の送料だけで数千円ほどかかってしまう場合があるからです。
送料込みの商品を探したり、近所の人が出品している商品を自分で取りに行ったりすれば、送料の問題は解決します。

…このようなポイントについては、事前に出品者としっかり連絡を取れば、トラブルになることを防げます。
サービスを運営する会社のサポート内容もあらかじめ目を通し、万全の体制で取引することをおすすめします。

型落ちの電動アシスト付き自転車を探す

セール画像

「型落ち」とは、モデルチェンジをして古くなったものを指し、現行モデルよりも値段が下がる傾向にあります。
基本的に、各自転車メーカーは一年に一度ほどモデルチェンジを行うので、小売店で古い型の販売価格が下がるためです。

実際の車種を例にして、モデルチェンジ後の価格推移を見てみましょう。
以下は、価格.comにおけるパナソニック ビビ・LS(2018年モデル:BE-ELLS032)の販売価格の推移グラフです。

価格.comの販売価格の推移グラフ

出典:kakaku.com

上記グラフを見ると、発売当初(2017年12月上旬)に10.5万円ほどであった販売価格が、新型モデルが発表された2018年10月下旬から大きく下がっていることがわかります。
モデルチェンジの時期においては、販売店は新しい型へ在庫の入れ替えをしなければならず、古いモデルの在庫一斉セールなどを実施しています。

国内の主要メーカーがモデルチェンジを発表し、実販売を開始するのがおおむね11月~1月の冬の時期です。
このタイミングで値下げの対象となった電動アシスト自転車を狙えば格安で購入できるので、購入を急がないという人は時期を待つのが良いでしょう。

電動自転車のセール品やアウトレット品を購入する

オンラインショップや店舗で行われるセール期間を狙って、安価な電動アシスト自転車を探す方法もあります。
当サイト自転車通販サイトcyma-サイマ-でも、定常的にセールを行っておりますので、プライスダウンした電動自転車を探してみてください。

サイマのセールページ

また、「アウトレット品」という、在庫の過多や保管時に傷ついてしまった等の理由で、大幅値下げされている訳ありの新品未使用をを狙うのも良いでしょう。
アウトレットは値引き率が高く、「パッと見でわからない小さなキズなら気にならない」という方にとっては、新品を最もお得な価格で購入できるチャンスです。
当自転車通販サイトcyma-サイマ-ではアウトレット品の電動アシスト自転車も取り扱いしていますので、ぜひ商品一覧を見て行ってくださいね。

サイマのアウトレットコーナーを見る

※ただいまアウトレット商品の一覧はスマートフォンのみで閲覧を頂けます

なお、セールやアウトレットの電動アシスト自転車を買う際は、購入からアフターケアまでしっかりサポートしてくれる販売元かどうか見極めることが大切です。

電動自転車の購入はcyma-サイマ-がおすすめ

当自転車通販サイトcyma-サイマ-はメーカーの正規販売店かつ、優秀な整備士による組み立ても行いますので、電動アシスト自転車購入後のアフターケアも万全です。

  • プロの整備士による無料組み立て後の完成品をお届け
  • 面倒な手続き不要!自転車の防犯登録をした上で配送
  • お問い合わせ窓口やメーカー保証などのアフターフォローも充実

安く、品質の良い電動自転車を購入したいとお考えの皆さんにぴったりなサービスをご提供しています。 当サイトの自転車購入後のサポートはこちらのページからご覧ください。

電動自転車のコスパはバッテリーの寿命から見極めよう

電動アシスト付き自転車のコストパフォーマンスを考えるうえで、最も重要なのはバッテリーの寿命です。
バッテリーは消耗品です。普段使いをしていれば、どうしても2年~5年ほどでバッテリーの寿命がきてしまいます。
そのため、どれだけ安く電動自転車本体を買えたとしても、バッテリーの交換頻度が高いとトータルで支出が増えてしまうことになります。

仮に、8万円の電動自転車Aと、10万円の電動自転車Bを同じように5年使うとします。
購入時は、Aを選んだ人の方が2万円安く買い物ができる計算になりますね。
しかし、Aに搭載されたバッテリーは3年で寿命がきて交換する必要があり、Bのバッテリーは5年間使い続けることができるとします。
そうすると、5年トータルで使用したタイミングでは、Bを購入した人のほうが1万円安い買い物ができ、コスパに優れていたことになります。

このように、「電動自転車の本体価格」+「バッテリー交換時の金額」を使用年数で計算することで、電動アシスト自転車のコスパを見極められるということです。
長く・便利に電動自転車を使い続けようとする上で、バッテリーの寿命がいかに重要なのかおわかり頂けましたか?
具体的に、電動自転車のコスパは以下の3つのポイントで確認していきましょう。

  • 大容量のバッテリーが付いたモデルを選ぶ
  • 一回の充電でアシスト走行できる距離が長いモデルを選ぶ
  • リチウムイオン電池のバッテリーを選ぶ

販売価格と合わせて上記のポイントに気を付けることで、コスパに優れた電動アシスト自転車を選ぶことが出来ます。
それぞれのポイントを詳しく見ていきます。

大容量のバッテリーが付いたモデルを選ぶ

バッテリーの容量は大きいほど電池の寿命が長くなります。
バッテリーは充電するごとに劣化してしまうので、一度の充電で溜めておける電力容量が大きいほど、充電回数を減らすことができるからです。

※仮に国内大手のメーカーの電動アシスト自転車の場合、充電回数は700~900回程度が上限値とされています。

電動自転車のバッテリー容量は「Ah(アンペア時)」で表記されており、容量が小さなもので5Ah以下、容量が大きなもので16Ah以上などのラインナップがあります。
あまりにもバッテリー容量が少ないものは避け、可能であれば、8Ah前後の容量があるモデルを選ぶのが良いでしょう。

一回の充電でアシスト走行できる距離が長いモデルを選ぶ

前述したバッテリー容量と合わせて、「一度の充電で電動アシスト走行できる距離」が長いモデルを選びましょう。
アシスト走行できる距離が長いほど充電回数が減るため、結果的に電池の寿命を延ばすことに繋がるからです。

例えば、同じ8Ah容量のバッテリーが付いているパナソニックの「ベロスター」と「XM1」を比較してみましょう。

車種名 ベロスター XM1
ベロスター XM1
バッテリー容量 8Ah 8Ah
走行距離 36km 54km

出典:http://cycle.panasonic.jp/products/exm/
※それぞれオートマチックモードの性能

ベロスターのアシスト走行距離が36kmであるのに対し、XM1は54kmもの距離を走行できます。
ベロスターが3回充電しないと走行できない距離を、XM1は2回の充電で走破できる計算となり、バッテリー駆動の性能が優れていることがわかります。
販売価格を考慮した上で、補助走行距離は最低でも30km以上はあるモデルを選ぶのがおすすめです。

リチウムイオン電池のバッテリーを選ぶ

電動自転車のバッテリーは「ニッケル水素電池」ではなく、「リチウムイオン電池」が使用されているものを選びましょう。
一般的に、ニッケル水素電池よりも、リチウムイオン電池のほうが寿命が長いとされているからです。
ただし、現在のほとんどの主流メーカーと電動自転車のモデルには、既にリチウムイオン電池が搭載されています。
2000年代初頭までの中古の電動自転車や、安価なメーカーのモデルを購入検討する際は要チェックです。

【10万円以下】サイマで購入できる激安の電動アシスト自転車

ここからは、当サイト「cyma(サイマ)」で販売している安い電動自転車を紹介します。
値段が安いだけでなく、コスパにも優れたラインアップでお届けしていきます。
最新の2019年モデルの商品も、ぜひチェックしてくださいね!

ブリヂストン(BRIDGESTONE)の安い電動自転車

アシスタプリマ

アシスタプリマ商品画像
項目 内容
価格 ¥81,980~(税別)
カラー展開 5色
サイズ展開 26インチ
適応身長 141㎝~
車体重量 26,1kg
バッテリー容量 6.2Ah
充電時間 2時間
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • スカートでもまたぎやすい低めのフレーム形状
  • お求めやすい手頃な価格帯
  • 可愛らしいパステルカラー

この自転車の口コミ

評価:5
通勤の為に買いました。届いてまず、軽さにびっくり。15年程前に電動を買った時には、電気を入れていないと重くて漕ぐ事ができなかったのですが、これはまるで普通の自転車の様です。上り坂の時だけ電源を入れて、平地は電源無しで走っています。仕事帰りに買い物をする私にとって、カゴが大きめなのもとても便利です。色はちょっと可愛すぎかとも思いましたが、駐輪場ですぐに見つかるし、気分も明るくなるので良かったと思います。身長の高い私にはもう1サイズ大きいタイヤの物の方が乗りやすかったかな、とも思いますが、とにかく漕ぎやすいですし、総合的には星5つです。自転車をネットで買うのはちょっと不安でしたが、フォローがしっかりしてて、このお店を選んで正解でした。

評価:3
スタートは、サッと出て、しかもブレーキはすごくききがよく、安心して、通勤に使ってます。でも、グレイッシュピンクとあったので、これに決めましたが、少しパープルを思わせるような風合いでネット買いはやはり、思っていた色とちがったのが、残念です。

口コミ投稿数 34件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


アシスタファイン

アシスタファイン商品画像
項目 内容
価格 ¥84,980(税別)
カラー展開 6色
サイズ展開 24インチ、26インチ
適応身長 135㎝~、139㎝~
車体重量 24,6kg、25,2kg
バッテリー容量 6.2Ah
充電時間 2時間
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • 性別、身長に関わらず乗りやすいサイズ
  • 後輪をロックするとハンドルも施錠される一発二錠
  • おしりが痛くなりにくいふかふかのサドル

この自転車の口コミ

評価:5
主人の通勤用に購入したのですが、私の買い物にも大活躍しています。上り坂ではアシストを使用してますが、普段はアシスト無しで走り、運動した気になっています。

評価:4
最初に届いたのが不具合があったのですが、快く交換に応じて頂き現在新しく届いたのを使用してます。感想はとにかく快適!通勤のための購入ですが、健康を意識してアシストを使わず普通の自転車として乗ったりもしてます。ただ必要がないのに触ってベルが鳴っちゃう時があり、その点は困るかな‥

口コミ投稿数 86件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


アシスタファインミニ

アシスタファインミニ商品画像
項目 内容
価格 ¥82,980(税別)
カラー展開 4色
サイズ展開 20インチ
適応身長 139㎝~
車体重量 26,5kg
バッテリー容量 6.2Ah
充電時間 2時間
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • 取り回しが楽なコンパクトボディ
  • 走りの安定感を支える太めのタイヤ
  • 使いやすさにこだわった幅の広いカゴ

この自転車の口コミ

評価:5
ギアも付いて、ハンドルもサドルもしっかりしています。坂道が多いのですが、エコモードでも充分な時もあります。この価格では大満足です。

評価:4
コンパクトですが、出足も軽くスイスイ走るので、絶好調です。良い買い物をしました。

口コミ投稿数 15件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


パナソニック(Panasonic)の安い電動自転車

ビビ・SX

ビビ・SX商品画像
項目 内容
価格 ¥83,980(税別)
カラー展開 4色
サイズ展開 24インチ、26インチ
適応身長 138cm~、141㎝~
車体重量 25,1kg、25,8kg
バッテリー容量 8Ah
充電時間 4時間30分
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • ビビシリーズで最もお買い得
  • 荷物やカバンが傷つきにくい樹脂製バスケット
  • 手のひらに当たる感触が優しいグリップ

この自転車の口コミ

評価:5
購入する前は半信半疑だったが、実際に乗ってみたら過大広告でなくかなりな急坂もスイスイとまるで平地を走るように楽々とこげる事に感激。80歳になって、思い切って車を手放してビビ・SXに変えて事故の心配もなく日々スイスイと過ごせることは素晴らしいの一語に尽きる。

口コミ投稿数 1件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


1位.ティモ・I

ティモ・I商品画像
項目 内容
価格 ¥96,900~(税別)
カラー展開 4色
サイズ展開 26インチ
適応身長 141㎝~
車体重量 29kg
バッテリー容量 16Ah
充電時間 5時間
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • 大きな荷物がすっぽり入るワイドスクエアバスケット
  • 大人可愛いカラーバリエーション
  • 電源を入れると同時に解錠もできるラクイックを採用

この自転車の口コミ

評価:5
142cmの私ですが、問題なく乗れます。初めてのアシスト付き自転車で不明点も多く、問い合わせも何度もさせていただき、的確なアドバイスを頂けたことに感謝しています!色も可愛く、娘を乗せて保育園まで行くと他のママにも可愛い!と評判が良いです。

評価:3
自転車ありがとうございます、早速使わせてもらってます、それで感想ですが、各部整備されていて、問題なく乗れてます、電動自転車に慣れると元の自転車には戻れませんね!

口コミ投稿数 4件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


ヤマハ(YAMAHA)の安い電動自転車

1位.PAS ナチュラM

PAS ナチュラM商品画像
項目 内容
価格 ¥85,980(税別)
カラー展開 4色
サイズ展開 26インチ
適応身長 144㎝~
車体重量 23,6kg
バッテリー容量 6.2Ah
充電時間 2時間
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • 必要な機能が一通りそろったお手頃価格なモデル
  • 駐輪時にハンドルのふらつきを抑えるパーキングストッパー
  • たった2時間でフル充電

この自転車の口コミ

評価:5
息子にプレゼントしました。自分も会社で使用していたので、安心して購入しました。ネット購入なので心配しましたが、故障もなく毎日、乗っています。

評価:4
電動にしなくても、変速があるだけで早いし軽いしとても快適です!電動自転車は電動にしないと重いと勘違いしていましたが、最近のは軽いです。ただ、発送メールをいただいてから配送業者からの電話が来るのに1週間かかり、少し遅く感じました。

口コミ投稿数 7件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


PAS With

PAS With商品画像
項目 内容
価格 ¥97,980(税別)
カラー展開 7色
サイズ展開 24インチ、26インチ
適応身長 141㎝~、145cm~
車体重量 25,5kg、26,2kg
バッテリー容量 12.3Ah
充電時間 3時間30分
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この自転車の特徴

  • またぎやすい低床U型フレーム
  • スタンドと連動してかかるハンドルロック
  • 軽い樹脂製の大容量バスケット

この自転車の口コミ

評価:5
通勤に使ってます。迷い続けて購入しました。坂道が多く年々登るのがしんどくなってきました。本当にとっても楽で通勤時間も短縮出来てます。時計も付いているし文句なしです。もっと早く買えばよかった。

評価:3
初めての電動自転車です。坂道のアシストはすごいと思いました。毎日気持ち良く乗っています。また、自転車を停めた時にサドルロックがかかるので綺麗に留めることができます。また、思っていたよりバッテリーの消耗が少ないのか、10日になりますが、まだ一度も充電してなくて半分くらい残っています。1日4キロくらい走っているのに。心配していましたが、全く問題なかったです。

口コミ投稿数 9件

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


激安の電動自転車を探す方法とコスパについてのまとめ

今回ご紹介した内容をまとめると以下のとおりです。

  • 電動アシスト自転車を安く購入するなら中古・型落ち・アウトレット品などを探す
  • 電動自転車のコスパはバッテリーの寿命に左右されるので要チェック
  • 安価な値段と品質に優れた電動アシスト自転車を選んで買うと吉

価格が安いことはもちろん魅力的ですが、自転車本体やバッテリーの品質を考えると、リスクの大きい電動自転車はおすすめできません。
数万円を節約して電動自転車を購入した結果、すぐに自転車本体やバッテリーを買い換えることになれば余計な出費になってしまいます。

安いだけの自転車を購入する危険性については、上記の記事も参考にしてください。
それでは、販売価格とコスパの両方のバランスが良い電動アシスト自転車を探してみてくださいね!

関連記事