クロスバイクとロードバイクの違いや特徴とは?どっちを買うべきか目的別に解説!

クロスバイクとロードバイク

「クロスバイクとロードバイクってどう違うの?」
「どっちを買うべきか教えてほしい」
って思ってないですか?
たしかに、日本ではママチャリ・シティサイクルが普及している分、スポーツ車の違いについて知る機会もなかなかないと思います。
そこで、今回は、

  • クロスバイクとロードバイクの違い
  • クロスバイクとロードバイクのどちらを買うべきか

について徹底解説!
この記事さえ読めば、クロスバイクとロードバイクについて、人に説明できるくらい詳しくなれます!
あわせて、おすすめのクロスバイク・ロードバイクも掲載しています。
ぜひ、参考にしてみてください。
(※本文中に記載されている価格は2018年10月30日時点のものです)

クロスバイクとロードバイクの違い①用途目的の違いについて比較

クロスバイクとロードバイクの用途目的の違いは次のようになっています。

ロードバイク クロスバイク
速く走ることに特化した自転車 どんな用途目的でも使いやすい自転車

もう少し詳しく見てみましょう。

ロードバイクの特徴

 ロードバイクの画像

INFIZA(インフィーザ)VOLANT5.0

ロードバイクはもともと自転車レースのために開発された自転車です。
少しでも速く走るために、次のような特徴があります。

  • 前傾姿勢をとりやすいようなフレーム形状、ハンドルになっている
  • 摩擦抵抗を減らすためにタイヤが細い
  • 車体重量を極限まで軽くしている

ロードバイクは上記の特徴を持った、走ることに特化した自転車といえます。

クロスバイクの特徴

 クロスバイクの画像

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ORDINA (オルディナ) F5B -2018モデル-

クロスバイクは、次の2つの車種を融合させた自転車です。
クロスオーバーバイクとも呼ばれています。

  • オフロード車のマウンテンバイク
  • オンロード車のロードバイク

日本で普及しているママチャリ・シティサイクルもからめて比較すると次のように言えます。

  • ロードバイクよりもタイヤが太く、舗装されていない道や段差がある道でも走りやすい
  • シティサイクル・ママチャリよりも走行性能が良く、より長い距離を楽に走ることができる

クロスバイクは上記の特徴を持った、どんな用途目的でも使いやすい自転車といえます。

クロスバイクとロードバイクの違い①見た目の違いについて比較

ハンドルの違いについて比較

アイキャッチ
ロードバイク クロスバイク
ラウンド状のドロップハンドル フラットバーのハンドル

ロードバイクはレースで速く走れるように前傾姿勢が取れるハンドル形状をしています。
一方で、クロスバイクは楽な姿勢を取れるハンドル形状になっています。
ずっと前傾姿勢を取るのは負担が大きいためです。

タイヤの違いについて比較

アイキャッチ
ロードバイク クロスバイク
クロスバイクよりも細い ロードバイクより太く、シティサイクルママチャリより細い

ロードバイクは地面からの摩擦抵抗を極限まで少なくするため、タイヤが細いです。
一方で、クロスバイクはロードバイクよりもタイヤが太くなっています。
タイヤが細いと溝や段差に弱く、街中を走行しにくいためです。

フレームの違いについて比較

スポーツ車のフレームの長さの名称
フレームの長さの名称 ロードバイク クロスバイク
トップチューブ長
(ホリゾンタル換算)
ロードバイクより短い クロスバイクより長い
ホイールベース ロードバイクより短い クロスバイクより長い

ハンドルとサドルをつなぐトップチューブ長(ホリゾンタル換算)は、ロードバイクの方がクロスバイクよりも短いです。
ロードバイクは、ハンドルの付け根よりも前側を持つことがあるため、トップチューブ長(ホリゾンタル換算)が短くなります。

また、ロードバイクの方がクロスバイクよりもホイールベースが短いです。
タイヤ間の距離を短くして反応性を高め、レース中の状況変化に素早く反応するためです。

クロスバイクとロードバイクの違い②価格の違いについて比較

ロードバイク クロスバイク
10万円以上が相場で、高いものだと100万円を超える 5万円〜10万円が人気の価格帯

ロードバイクは、より軽い素材、より速く走れるフレームやより性能の良いコンポーネントを搭載している分、クロスバイクよりも価格が高くなります。
クロスバイクは、だいたいどのメーカーにも5〜10万円前後のエントリーモデルがあります。

クロスバイクとロードバイクのどっちを買うべきか決める方法

クロスバイクとロードバイクのどっちを買うべきか決める方法

用途目的に応じて決めるのが良いでしょう。
ロードバイクとクロスバイクでは用途目的がはっきり異なるためです。
「見た目が気に入ったなら、どっちでもいいや」
「予算的にクロスバイクしか買えない、、」
「貯金があるから値段が高いロードバイクを買おう」
と思っている人もいるかもしれません。
しかし、せっかく買っても、不便に感じてしまうと、すぐに使わなくなってしまうことも多いです。
そうならないように、用途目的に応じて、クロスバイクとロードバイクのどちらを買うべきか決めるようにしましょう。

【目的別におすすめ】クロスバイクとロードバイクのどちらを買うべき?

大まかに言うと、次のような用途目的の違いがあります。

ロードバイク クロスバイク
  • 自転車レース
  • 長距離をツーリングするロングライド
  • 峠や長い登りを駆け上がるヒルクライム
  • 15km以下の通勤・通学やお買い物
  • 段差の多い街乗り
  • 舗装路以外もある道の走行

もう少し具体的に見ていきましょう。

自転車レースや長距離をツーリングするロングライド、峠や長い登りを駆け上がるヒルクライム

自転車レースや長距離をツーリングするロングライド

ロードバイクを買うべきです。
まさにロードバイク本来の用途目的といえます。

自転車通勤や通学、お買い物

多くの場合、クロスバイクを買うべきです。理由は次の3つです。

  • クロスバイクの方が舗装されていない道や段差のある道を走行することに向いている
  • クロスバイクの方がカバンを入れるカゴ、泥跳ねを防ぐ泥除けや自転車を止めるためのスタンドが付いているものが多い
  • 移動途中でカフェやコンビニに立ち寄る際も、高価なロードバイクだと盗難の心配がある

移動距離が15kmを超えるような場合はロードバイクの方が楽で良いかもしれません。
しかし、長距離を移動しない場合、何かと使い勝手が良いクロスバイクを買うことをおすすめします。

ダイエット、運動

これは、場合によります。
長距離かどうか、舗装路以外も走りそうかがポイントです。
次のように判断すると良いでしょう。

  • 舗装路やサイクリングロードを長距離長時間走り続ける場合→ロードバイク
  • 事前にルートを決めずに、自由に走る場合→クロスバイク

クロスバイクとロードバイクを取り巻く噂の真偽について

クロスバイクとロードバイクを取り巻く噂

ロードバイクの方が速い速度で走れる

ロードバイクは速く走ることに特化して作られているので、基本的には正しいです。
しかし、

  • クロスバイクにもロードバイク並みに性能の良いものがある
  • 自転車の速さは、乗る人の体格や技術に依存する部分も大きい

ということから、絶対にロードバイクの方が速い速度で走れるとは言えません。

クロスバイクを買ったらすぐにロードバイクが欲しくなる

長距離を速い速度で走る楽しさを実感した人はそのように思うことでしょう。
しかし、長距離を速い速度で走る機会がなければそのように思うこともありません。
短距離の通勤通学やお買い物、日々の移動手段をメインに考えている人は、すぐにロードバイクが欲しくなることは無いはずです。

ロードバイクを買ったけどすぐにやめた

ロードバイクを不便に感じた人や、走る楽しさを実感できなかった人は、すぐにロードバイクをやめてしまうかもしれません。
ロードバイクの用途目的にあっていない使い方をしていることが原因の可能性があります。
よって、次のような人はロードバイクを買わない方が良いでしょう。

  • 舗装されていない道や段差の多い道を走ることが多い
  • 長距離を速い速度で走る機会がない

クロスバイクを改造すればロードバイク化できる

完全にロードバイク化することはできません。
クロスバイクとロードバイクの見た目の違いは
ハンドル、タイヤ、フレームの3つです。

  • ハンドルをドロップハンドルに変える
  • 細いタイヤに変える

ということはできますが、フレームの形状を変えることはできません。

初心者におすすめのクロスバイク3選

この記事を読んでいる方は初心者の人が多いかと思います。
そこで、初心者におすすめのクロスバイクを3つ紹介します!


Bianchi ROMA4(ビアンキ ローマ4)
カラー 4色 ¥ 63,000~(税別)
700C:フレームサイズ430mm 適応身長155cm〜165cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ460mm 適応身長165cm〜170cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長170cm〜180cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ540mm 適応身長175cm〜185cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ570mm 適応身長180cm〜190cm 重量 約11kg

 Bianchi ROMA4(ビアンキ ローマ4)商品画像

このクロスバイクを見る

このクロスバイクを一言で表すと??

イタリア名門ブランドBianchi(ビアンキ)のエントリーモデル

このクロスバイクの特徴

  • イタリアの有名自転車メーカーで、現存する中では世界最古の自転車ブランド「Bianchi(ビアンキ)」
  • ビアンキを象徴する色、「チェレステ」を全面にあしらった贅沢な1台
  • ワイヤーがフレーム内装のため見た目がすっきりかつワイヤーも劣化しにくい。
  • タイヤ幅は28Cクロスバイクとしては細目でより軽快な走行ができる。

Bianchi ROMA3(ビアンキ ローマ3)
カラー 4色 ¥ 88,200~(税別)
700C:フレームサイズ460mm 適応身長165cm〜170cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長170cm〜180cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ540mm 適応身長175cm〜185cm 重量 約11kg

 Bianchi ROMA3(ビアンキ ローマ3)商品画像

このクロスバイクを見る

このクロスバイクを一言で表すと??

シマノCLARIS(クラリス)搭載のBianchi ROMA4(ビアンキ ローマ4)の上位モデル

このクロスバイクの特徴

  • イタリアの有名自転車メーカーで、現存する中では世界最古の自転車ブランド「Bianchi(ビアンキ)」
  • ビアンキを象徴する色、「チェレステ」を全面にあしらった贅沢な1台
  • ワイヤーがフレーム内装のため見た目がすっきりかつワイヤーも劣化しにくい。
  • シマノCLARIS(クラリス)搭載で軽快にシフトチェンジが可能

GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)
カラー 4色 ¥45,900~(税別)
700C:フレームサイズ400mm 適応身長150cm〜158cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ430mm 適応身長155cm〜170cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ480mm 適応身長168cm〜178cm 重量 約11kg
700C:フレームサイズ520mm 適応身長175cm〜185cm 重量 約11kg

 GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) 商品画像

このクロスバイクを見る

このクロスバイクを一言で表すと??

イタリア名門ブランドGIOS(ジオス)のエントリーモデル

このクロスバイクの特徴

  • 現在もイタリアのトリノを拠点とする伝統あるブランド「GIOS(ジオス)」
  • ジオスを象徴する色、「ジオスブルー」を全面にあしらった贅沢な1台
  • この価格帯ではめずらしいシマノ製ホイールを採用

初心者におすすめのロードバイク3選

この記事を読んでいる方は初心者の人が多いかと思います。
そこで、初心者におすすめのロードバイクを3つ紹介します!


FALAD-K
カラー 3色 ¥59,723~(税別)
700C:フレームサイズ465mm 適応身長160~175cm 重量9.2kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長160~175cm 重量9.2kg

 FALAD-K 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

日本ブランド NESTOのエントリーモデル

このロードバイクの口コミ

マラソンランナーです。夏のRUNは辛いので、クロストレーニングのためにロードバイクを購入しました。エントリーモデルですがこれで充分満足です。これからビンディングペダルを取り付けてヒルクライムに挑戦したいと思っています。(一部抜粋)


ブリヂストン CYLVA D18 -2018モデル-
カラー 2色 ¥100,000~(税別)
700C:フレームサイズ440mm 適応身長155~168cm 重量10.9kg
700C:フレームサイズ490mm 適応身長165~179cm 重量11.2kg
700C:フレームサイズ540mm 適応身長176~190cm 重量11.1kg

 ブリヂストン CYLVA D18 -2018モデル- 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

ブリヂストンのエントリーモデルCYLVAシリーズのフラッグシップモデル

このロードバイクの口コミ

自転車で運動したいけど、ロードバイク は初めてで、全然詳しくないし、特にレースに出る気はない。そこで入門モデルとして最適というこちらの自転車を購入しました。シティサイクルとは違う乗り心地で、最初は練習が必要ですが、走っていてとても楽しいです。(一部抜粋)


VOLANT / ULTEGRA R8000
カラー 2色 ¥214,900~(税別)
700C:フレームサイズ470mm 適応身長163~170cm 重量8.6kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長168~175cm 重量8.6kg
700C:フレームサイズ520mm 適応身長173~180cm 重量8.3kg

 VOLANT / ULTEGRA R8000 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

本格派を納得させるフルカーボンの新生エアロロード

このロードバイクの口コミ

届いて乗ってみたら、あまりの軽さにめっちゃビックリしました。 トライアスロンのレースに出ますが、急な坂も快適に上れそうです! (一部抜粋)

最後に

クロスバイクとロードバイクの違いはわかりましたか?
また、どっちを買えばよいかわかりましたか?
自転車通販サイトcyma-サイマ-では、今後もクロスバイクロードバイクのラインナップを充実させていきます。
今回は違いを知りたかっただけという方も、またサイマを見に来てくださいね!

関連記事