【2021年】おすすめのe-bike19選|人気車種の売れ筋ランキングも紹介

【2021年】おすすめのe-bike19選|人気車種の売れ筋ランキングも紹介

近年注目を集めているe-bike。
e-bikeとは一般的に「スポーツタイプの電動自転車」のことを指しますが、日本では走行性能が高い、またはスタイリッシュな見た目の電動自転車は総じてe-bikeと呼ばれています。

しかし「e-bikeについてあまり知らないし、どうやって選べば良いかわからない」という人が多いのではないでしょうか。
そこでこの記事ではe-bikeが優れているところや選ぶときのポイント、おすすめのe-bikeを紹介していきます。
記事の最後にe-bikeについて疑問をまとめたQ&Aもあるので、ぜひ快適なe-bikeライフに役立ててくださいね。

この記事はこんな人におすすめ
  • e-bikeについて基本的なことを知りたい
  • e-bikeをしっかり選びたい
  • 自分の雰囲気や用途に合うe-bikeを選びたい
  • 人気のe-bikeを手に入れたい
速読みガイド〜気になるe-bikeへジャンプ〜

【ランキング】この記事を見た人によく買われている商品

(※2021年1月21日時点のランキングです。)

合わせて読みたいおすすめ記事

スポーツタイプのe-bikeに興味がある人におすすめ

おすすめの電動クロスバイクを紹介!YPJ、TB1eなど人気車種から安いモデルまで
おすすめの電動クロスバイクを紹介!YPJ、TB1eなど人気車種から安いモデルまで>>

タイヤが小さいe-bikeが気になる人におすすめ

電動ミニベロ(e-bike)の人気モデルを紹介!特徴や相場、有名メーカーも解説
電動ミニベロ(e-bike)の人気モデルを紹介!特徴や相場、有名メーカーも解説>>

通勤用のe-bikeを探している人におすすめ

流行りのe-bikeで「かっこよく」「楽」に通勤できるおすすめ14車種を紹介
流行りのe-bikeで「かっこよく」「楽」に通勤できるおすすめ14車種を紹介>>

おすすめのe-bikeからお気に入りの一台を探そう

e-bikeは電動自転車とスポーツバイクのいいとこ取りをした自転車!

e-bikeの特徴

まずe-bikeがどのような乗り物かを見ていきましょう。
この章ではe-bikeの特徴を次の2つに分けて紹介します。

  • e-bikeを選ぶメリット
  • e-bikeの種類

メリットは「速く」「ラクに」「かっこよく」走れること

e-bikeはスポーツバイクの走行性能と電動自転車のアシスト機能をかけ合わせた自転車。
「速く」「ラクに」「かっこよく」走れることがメリットです。

なぜならe-bikeはスポーツバイクのような「速く」て軽快な走り心地を感じられ、電動アシストで道の傾斜や距離を気にせず「ラクに」移動することができるからです。
さらに国内・海外メーカー問わずスポーティで「かっこいい」車種が多く発売されています。
つまりe-bikeは電動自転車とスポーツバイクのいいとこ取りをした自転車なのです。

また、「スポーツ自転車の初心者でも自転車乗りと一緒にサイクリングを楽しむことができる」ということをコンセプトに作られているため、普段運動しない人でも気軽にサイクリングを楽しむことができます。

こんな人はe-bikeがおすすめ
  • スポーツバイクに乗りたいけれど、体力的に坂道や長距離を走れる自信がない
  • 電動アシスト自転車を使いたいけれど、高齢に見られたくない
  • 機能的でおしゃれな自転車に乗りたい
  • よく見る周りの自転車とはひと味違うデザインを探している
快適さとおしゃれを両立した「e-bikeがある生活」

速くラクに走れるメリットがある一方で、e-bikeには価格が高いデメリットも。
次章ではe-bikeの相場と、予算の見積もり方を紹介します。

e-bikeの相場は高い!その理由は?

硬貨

価格帯から予算を見積もっておくと、購入がグッと現実的になってきますよね。
ここではe-bikeの相場と、価格帯ごとのe-bikeのグレードを紹介していきます。

e-bikeの相場は10~30万円です。
10万円台のモデルが一番多く販売されており、安いe-bikeは6万円台から手に入ります。
電動自転車やスポーツバイクと比べて価格帯が高く、値段の幅が広いことが特徴です。

※日本で販売している有名e-bikeメーカー8社を参考に集計

価格帯ごとに走り心地や機能に差があるので、用途や求めるグレードに合わせて予算をたてることをおすすめします。

グレード別のe-bikeの価格

  • 15万円以下→通勤やちょっとしたお出かけにおすすめ
  • 15~30万円→通勤だけでなくサイクリングにもおすすめ
  • 30万円以上→ヒルクライムやロングライドにおすすめ

15万円以下のe-bike

15万円以下はスポーツバイク初心者でも乗りやすいe-bikeが購入できる価格帯です。
e-bikeには珍しく、カゴやライトなど日常使いしやすいパーツが取り付けられた車種も販売されています。
通勤や日頃のちょっとしたお出かけに使うにはちょうどいい価格帯です。

15万円以下のe-bikeはこんな人におすすめ
  • スポーツバイク初心者の人
  • 通勤、通学を快適にしたい人

15~30万円のe-bike

15~30万円は、本格スポーツバイクに使われているコンポ-ネントが一部使用されたe-bikeが購入できる価格帯です。
15万円以下のe-bikeと比べて軽快に走れる機能を持っていますが、30万円以上のe-bikeと比べてコンポーネントなどの知識がなくても選びやすいです。
e-bikeで気軽にサイクリングを始めたりスタイリッシュに通勤したりするには最適な価格帯と性能でしょう。

15~30万円のe-bikeはこんな人におすすめ
  • スポーツバイクの性能にちょっとこだわりたい人
  • 本格スポーツバイクを低コストで試してみたい人
  • サイクリングを楽しみたい人

30万円以上のe-bike

30万以上は本格スポーツバイクの走行性能を持ったe-bikeが購入できる値段帯です。
ドライブユニットやブレーキなどのコンポーネントやパーツにこだわりが詰まっているので、その分走り心地は抜群。
ぜひ山道や長距離を走ってその走り心地の良さを堪能してみてください。

※ペダルを漕いだ力を補助するアシスト機構

30万円以上のe-bikeはこんな人におすすめ
  • ヒルクライムやロードレースの感覚に近い走りを体験したい人
  • コンポーネントやパーツの細部にまでこだわりたい人
  • 本格的スポーツバイクの「走り」を楽しみたい人
スタッフからの一言コメント
当自転車通販サイトcyma-サイマ-では、安いe-bikeは6万円から扱っており、10万円台のビギナー向けのe-bikeを中心に販売しています。 通勤やサイクリングにe-bikeを検討している人はぜひ当店の商品もご覧ください。

スポーツタイプ?ミニベロタイプ?e-bikeの種類を紹介

e-bikeは形や性能別に5つの種類に分けられます。
それぞれ向いている使い方に違いがあるので、おすすめの使い方と合わせて紹介していきます。

クロスバイクタイプ

クロスバイクタイプのe-bike
evol C700

クロスバイクタイプは、最もスタンダードでe-bikeらしいタイプ。
価格帯としても機能としても気軽に乗れて、サイクリングはもちろん街乗りにも使いやすいです。
スポーツバイク初心者の人や、どのスポーツタイプのe-bikeにしようか迷っている人は、クロスバイクタイプを選べば間違いないでしょう。

スタッフおすすめのクロスバイクタイプ

ブリヂストン(BRIDGESTONE) TB1e
間違いのない使い心地 ブリヂストン(BRIDGESTONE) TB1e>>

クロスバイクタイプのe-bikeをもっと詳しく知りたい人はこちら

おすすめの電動クロスバイクを紹介!YPJ、TB1eなど人気車種から安いモデルまで
おすすめの電動クロスバイクを紹介!YPJ、TB1eなど人気車種から安いモデルまで>>

MTBタイプ

MTBタイプのe-bike
Benelli TAGETE27.5

MTB(マウンテンバイク)タイプは、山道などオフロードを走ることが得意なスポーツバイクです。
衝撃を吸収する太いタイヤやサスペションが付いているところが特徴。
段差の多い街なかでも効果を発揮します。

スタッフおすすめのMTBタイプ

evol M275
力強い走りが特徴的 evol M275>>

ロードバイクタイプ

ロードバイクタイプのe-bike
ヤマハ(YAMAHA) YPJ-R

ロードバイクタイプはもともとレース用バイクのため、スピードを出しやすい作りが特徴です。
アシストが付くことで、加速や坂道での足の負担を減らしてくれます。
電動アシスト付きだから自転車が趣味の人と一緒に楽しむことも、50km以上の長距離走るロングライドに気軽に挑戦することもできるe-bikeです。

スタッフおすすめのロードバイクタイプ

ヤマハ(YAMAHA) YPJ-R
整ったデザインと確かな品質 ヤマハ(YAMAHA) YPJ-R>>

ミニベロタイプ

ミニベロタイプのe-bike
DE03

ミニベロタイプはタイヤが小さいぶん小回りが利くため、街中での走行に向いています。
アシストが付くことでスイスイ進むうえに長い距離を漕いでも疲れにくいので、長距離が不得意なミニベロの弱点を補っています。
カゴ付きモデルもあるので、通勤や買い物におすすめです。

スタッフおすすめのミニベロタイプ

TRANS MOBILLY E-MAGIC 207E
お値うち価格 TRANS MOBILLY E-MAGIC 207E>>
BESV(ベスビー) PSA1
他にはない近未来的なシルエット BESV(ベスビー) PSA1>>

ミニベロタイプのe-bikeをもっと詳しく知りたい人はこちら

電動ミニベロ(e-bike)の人気モデルを紹介!特徴や相場、有名メーカーも解説
電動ミニベロ(e-bike)の人気モデルを紹介!特徴や相場、有名メーカーも解説>>

折りたたみタイプ

折りたたみタイプのe-bike
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT163

折りたたみタイプは、街乗りはもちろん行きたい場所に自由に持ち運べるため旅行先での移動手段にぴったりです。
電動アシストが付いているので、坂道がある地域での観光も疲れ知らずで楽しめます。
コンパクトに折りたためて保管場所にも困らないところもおすすめポイントです。

スタッフおすすめの折りたたみタイプ

DE01
レザーバッグ型のバッテリーが人気 DE01>>
benelli miniFold16 Classic
レトロさとコンパクトさが特徴 benelli miniFold16 Classic>>

折りたたみタイプのe-bikeをもっと詳しく知りたい人はこちら

人気メーカーの折りたたみ電動自転車(e-bike)を比較!軽量モデルやデイトナのおすすめ車種を紹介
人気メーカーの折りたたみ電動自転車(e-bike)を比較!軽量モデルやデイトナのおすすめ車種を紹介>>

e-bikeがどのような自転車か分かったところで、次はe-bikeを選ぶポイントを紹介していきます。
記事の後半では当サイトおすすめのe-bikeを紹介しているので、次で紹介するポイントを選ぶときの参考にしてみてください。

e-bikeの人気メーカー7社とおすすめ車種を紹介

日本で人気のあるe-bikeメーカーを7社紹介します。
それぞれの歴史や特徴の違いを楽しみつつ、好みのメーカーを見つけてみてください。
各メーカーのおすすめ車種も合わて紹介しているので参考にしてみてください。

主要なe-bikeメーカー7社
  • ヤマハ(YAMAHA)
  • パナソニック(Panasonic)
  • トレック(TREK)
  • MIYATA(ミヤタ)
  • benelli(ベネリ)
  • DAYTONA(デイトナ)
  • ジック(GIC)

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ(YAMAHA)ロゴ

日本のe-bike界を牽引するヤマハの有名ブランド「YPJシリーズ」。
オンロードからオフロード、スピード重視から登坂能力重視まで、バランスの違う6車種を現在展開しています。
走り心地と価格とのバランスがちょうどいい一台を見つけられるかもしれません。

ヤマハ(YAMAHA)のおすすめe-bike

ヤマハ

YPJ-C

サイズ:
700C
適応身長:
154/164cm~
変速:
外装18段
車体重量:
16.0kg

¥169,800~(税別)

4.3 20件
YPJ-Cの商品画像

本格的な走りが楽しめる最先端の電動クロスバイク


パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)ロゴ

ヤマハのYPJシリーズと並ぶ国内のe-bike界で有名なパナソニックのブランド「XMシリーズ」。
フレームのデザインを追求した車種や、オフロード用の本格スポーツタイプ、街中での使い心地にこだわった車種など、幅広い価格のラインナップです。
XMシリーズの他に、気軽にe-bikeを楽しめるお手頃価格の実用向けe-bikeも販売されています。

パナソニック(Panasonic)のおすすめe-bike

パナソニック(Panasonic)

ハリヤ

サイズ:
26インチ
適応身長:
150cm~
変速:
外装7段
車体重量:
23.2kg

¥129,800~(税別)

4.3 36件
ハリヤの商品画像

本格的な走りが楽しめる最先端の電動クロスバイク


トレック(TREK)

トレック(TREK)ロゴ

アメリカ発のスポーツバイク専門店であるトレックは、世界でも信頼を勝ち得ているメーカーです。
2020年から日本のe-bike市場にも参入し、当時2台だった車種数は、2020年中に9台にまで増加される予定です。
デザインの美しさに定評のあるボッシュ(BOSCH)製のドライブユニットを採用しています。

トレック(TREK)のおすすめe-bike

トレック(TREK)

Dual Sport+

サイズ:
S~XL
適応身長:
155㎝~

¥352,000(税別)

Dual Sport+商品画像

外に出ていつもより楽しく過ごせるようにする、万能な電動バイク


※参照:TREK公式HP

MIYATA(ミヤタ)

MIYATA(ミヤタ)ロゴ

1890年創業の老舗メーカー ミヤタが手掛けるe-bikeは、130年にわたり蓄積された技術とノウハウが結集されています。
ミヤタが展開するのは、趣味で楽しむ人、通勤や通学で使う人それぞれに向けた商品です。
細部のテクノロジーにまでこだわっているところに老舗メーカーの矜持が感じられます。

MIYATA(ミヤタ)のおすすめe-bike

MIYATA

EX-CROSS e

サイズ:
27インチ
適応身長:
158cm~
変速:
外装8段
車体重量:
23.6kg

¥149,800~(税別)

4.0 1件
EX-CROSS eの商品画像

漕ぎ出しからパワフルにアシストする通勤通学向け快速サイクル

benelli(ベネリ)

benelli(ベネリ)ロゴ

ベネリはイタリア発のe-bikeメーカー。
日本のメーカーにはないユニークで大胆なデザインが特徴です。
メーカーそれぞれの車体の良さを活かすパーツを提供するメーカー バーファンのドライブユニットを採用しています。

benelli(ベネリ)のおすすめe-bike

BENELLI

benelli miniFold16

サイズ:
16インチ
適応身長:
145cm~
変速:
内装3段
車体重量:
17.2kg

¥158,000~(税別)

4.0 1件
benelli miniFold16の商品画像

スタイリッシュでコンパクト、アーバンライフに最適な折りたたみ式e-bike


DAYTONA(デイトナ)

DAYTONA(デイトナ)ロゴ

おしゃれな場所にでかけたくなる、ちょっと気ままに走りたくなる、そんなe-bikeを手掛けるのが日本のメーカー デイトナ。
レザーバッグ型のバッテリーと、シンプルだからこそ引き立つおしゃれなフレームが視線を集めます。
ミニベロタイプからスポーツタイプまで5種類のe-bikeを展開しています。

DAYTONA(デイトナ)のおすすめe-bike

Daytona Pottering Bike

DE03

サイズ:
20インチ
適応身長:
155cm~
変速:
外装8段
車体重量:
16.2kg

¥0~(税別)

4.3 10件
DE03の商品画像

休日の買い物やポタリングをイメージして作られたおしゃれe-bike


ジック(GIC)

ジック(GIC)ロゴ

2002年からユニークでファッショナブルなe-bikeを手掛けてきた新鋭メーカー ジック。
電動自転車に珍しい小型のバッテリーや内蔵式バッテリーを採用しつつ、小型で軽量なミニベロモデルを多く展開しています。

ジック(GIC)のおすすめe-bike

HARRY QUINN

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE

サイズ:
16インチ
適応身長:
145cm~
車体重量:
14.6kg

¥114,980~(税別)

4.0 5件
Harry Quinn PORTABLE E-BIKEの商品画像

小さく折り畳めて持ち運びがしやすいミニベロタイプのe-bike


e-bike選びのポイントは「バッテリー容量」と「オプションパーツ」

e-bike選びのポイントは「バッテリー容量」と「オプションパーツ」

ここでは、e-bike選びに失敗しないために抑えておいてほしいポイントを2つ紹介します。
先程紹介した種類と合わせて、好みのe-bike選びの参考にしてみてください。

e-bike選びで抑えておきたいポイント
  • バッテリー容量と走行可能距離を確認
  • オプションパーツを選ぶ

バッテリー容量と走行可能距離

e-bikeを選ぶときは、まずAhで表されるバッテリー容量と走行可能距離を確認しましょう。
基本的にAhの値が大きいほどアシストを効かせて走れる距離が長くなります。

ただし、同じバッテリー容量でも走行可能距離が違う場合があります。
1回の使用距離に余裕があるバッテリー容量を選びましょう。
特にe-bikeは電動ママチャリよりバッテリー容量が小さいモデルが多いので、購入前には確認することをおすすめします。

週に2回、片道5kmを走ったときの充電頻度

バッテリー容量 7.8Ah 2.4Ah以上
車種 ZERO N2.0 FAT YPJ-C
走行可能距離 65km 14~48km
1回の使用距離 週に2回 片道5km(25分) 週に2回 片道5km(25分)
充電頻度 週に1回 週に2回
スタッフからの一言コメント
坂道の多い地域にお住まいの人も大きめのバッテリー容量がおすすめです。 坂道では平坦な道より力強いアシストが必要になるため、バッテリーの消費量が増えます。 道の途中でバッテリー切れになる心配がないよう、余裕をもったバッテリー容量を選びましょう。

オプションパーツを確認

e-bikeは自転車スタンドやライトなどのパーツが取り付けられていない車種が多いです。
いざ使ってみて「自転車スタンドがないと止める場所がない…」「ライトがないから夜に乗るのが怖い」と感ることも。
購入する前にはぜひ、必要なパーツが取り付けられているか、または追加で取り付けられるかを一度確認してみてください。

スタッフからの一言コメント
オプションパーツは商品によって購入した車体に取り付けられないものもあるので、車体と同時購入をぜひ検討してみてください。 ここで紹介する車種に取付可能なパーツは各車種の紹介ページを確認してみてくださいね。

要確認パーツ

オプションパーツ メリット
自転車スタンド
自転車スタンド
駐輪場がなくても停めておける
ライト
ライト
夜道を走るときに必須
ベル
ベル
安全に街なかを走るために必須

通勤にあると便利なパーツ

オプションパーツ メリット
カゴ
カゴ
通勤カバンや買い物袋を入れる場合に便利
サークル錠
サークル錠
盗難対策に有効
泥よけ
泥よけ
ホコリや泥はねから衣服を守る

サイクリングをもっと快適で楽しくするパーツ

オプションパーツ メリット
サイクルコンピュータ
サイクルコンピュータ
走行距離やスピード、カロリーが見られるので遠くまで走るモチベーションUP!
サドルバッグ
サドルバッグ
サイクリング向けにメンテナンス用品や軽食を携帯可能
ドリンクホルダー
ドリンクホルダー
快適なサイクリングのためにあると便利

おすすめのe-bikeからお気に入りの一台を探そう

自分に似合うデザインに出会えるe-bike 5選

洗練されたおしゃれなe-bike DAYTONA(デイトナ)

Daytona Pottering Bike

DE01

サイズ:
20インチ
適応身長:
145cm~
変速:
外装7段
車体重量:
16.8kg

¥0~(税別)

4.3 9件
DE01の商品画像

ミニベロの世界を気軽に楽しめるスタンダードモデル

スタッフの声Check!!

DE01はエレガントなカラーが魅力の電動ミニベロです。 つややかで落ち着いた車体カラーにマッチしたブラウンパーツが上品な印象です。 さらにレザーバック型のバッテリーが、おしゃれさをプラスしてくれます。 電動アシスト自転車に見えないデザインの一台をお探しの人におすすめです。 折りたたみ機能もついているので、収納や運びやすいも困りません。


この自転車の口コミ
  • お洒落なミニベロで電動アシストが欲しくて購入しました 自転車のデザイン、バッテリーもお洒落で非常に満足です アシストもギヤによってほどよくかかり 坂も楽に走れました
    電動アシスト自転車っぽく見えない外見が気に入って買いました。 折り畳めるので部屋の中で管理しやすいです。アシストのパワーも普通にあるので陸橋の上り坂でも楽々です(一部抜粋)

走行性能も抜群のDE01上位モデル

DE01S
DE01S ¥ 185,000(税別)>>
DE01X
DE01X ¥ 238,000(税別)>>

Daytona Pottering Bike

DE03

サイズ:
20インチ
適応身長:
155cm~
変速:
外装8段
車体重量:
16.2kg

¥0~(税別)

4.3 10件
DE03の商品画像

休日の買い物やポタリングをイメージしてつくられた気軽に楽しめるミニベロモデル

スタッフの声Check!!

DE03は「おしゃれ」の一言がよく似合うデザインのミニベロです。 小径のかわいいサイズ感に、位置の高いフレームを組み合わせて凛とした大人っぽさを感じさせます。 目立ちがちなバッテリーやギヤ周りも、すっきりとして見栄えが良いです。 万一のバッテリーが切れてもペダルが重くならないよう、特殊なギヤを採用しています。 DE03なら、ポタリング(自転車で周辺をゆっくり走ること)をもっと楽しく心地いいものにしてくれるでしょう。


この自転車の口コミ
  • すごく乗りやすく、またお洒落で気に入りました。(一部抜粋)
    アンチ電動自転車派を自負しておりました私が、DE03に一目ぼれし、 購入させて頂き、日々通勤等に活躍しており、大変満足しております。 DE03を見て人々が口をそろえて「電動なんですか?」と驚かれています。 しいて言わせて頂くと、電動走行距離50Kmと表示されていますが、 普通に使用すると約半分くらいの航続距離と思われます。 それを承知で使うと何も問題はないのですが。 とりあえず大満足です。
おすすめのe-bikeを紹介

カジュアルに乗りこなせるe-bike benelli(ベネリ)

benelli miniFold16の走行イメージ

BENELLI

benelli miniFold16

サイズ:
16インチ
適応身長:
145cm~
変速:
内装3段
車体重量:
17.2kg

¥158,000~(税別)

4.0 1件
benelli miniFold16の商品画像

アーバンライフに最適な折りたたみ電動アシスト自転車

スタッフの声Check!!

benelli miniFold16は、モダンでスタイリッシュなデザインが魅力です。 フレームに内蔵されたバッテリーで、電動アシスト自転車に見えないデザインに仕上がっています。 さらにキャスターも装備されているので持ち運びもスマートに。 デザインだけでなく機能もスタイリッシュな一台をお求めの人におすすめです。


BENELLI

benelli miniFold16 Classic

サイズ:
16インチ
適応身長:
150cm~
車体重量:
16.8kg

¥158,000~(税別)

5.0 1件
benelli miniFold16 Classicの商品画像

miniFold16をクラシックテイストに仕上げた特別モデル

スタッフの声Check!!

スタイリッシュでコンパクトな”miniFold16”がクラシックテイストになったbenelli miniFold16 Classic。 レザー製パーツでリッチに作り上げられているところが魅力的です。 車体に合わせて変わるタイヤの色にもメーカーのこだわりようが伺えます。 細かいデザインにまでこだわった一台を探している人にぴったりの折りたたみ自転車です。


この自転車の口コミ
  • 坂道もわりと軽く行けます。 満足はしてますが、内装3段ぐらい付いてるともう少し面白かったかも。 デザインはオシャレでバッテリーは外から見えないので、電動だと言うと驚かれます。(一部抜粋)

BENELLI

ZERO N2.0

サイズ:
20インチ
適応身長:
145cm~
変速:
外装7段
車体重量:
18.5kg

¥148,000~(税別)

5.0 3件
ZERO N2.0の商品画像

バッテリーをリアキャリア下にマウントした折り畳み電動アシスト自転車

スタッフの声Check!!

ZERO N2.0は欧米スタイルの折りたたみ電動自転車です。 e-bikeの本場で一般的なリアキャリアの下にバッテリーを置いています。 日本ではなかなか見ないスタイルなので、他の人とかぶらない一台をお探しの人にぴったりです。


この自転車の口コミ
  • 毎日10km程走っていますが、状況に応じてアシストを使っています。脚にも全く負担がなく快適に乗っています。収納もコンパクトにでき大助かりです。
    泥除けや電池もデザインを損ねず、一番助かるのは荷台で、肩が鞄の重さから解放されます。 最大アシストで11キロを往復して電池は5目盛のうち1目盛減るくらいなので、たぶん1週間保つかもしれません。 見た目もあまり被らない割にリーズナブルな値段でよい買い物でした。(一部抜粋)
おすすめのe-bikeを紹介

「走り」を楽しめるスポーツタイプのe-bike 5選

街乗りで活躍するMTB

evol

evol M275

サイズ:
27.5インチ
適応身長:
160cm~
変速:
外装11段
車体重量:
23.6kg

¥199,980~(税別)

0
evol M275 の商品画像

快適な街乗りからアウトドアユースまで幅広く活躍するMTB

スタッフの声Check!!

スムーズで静音、且つパワフルなアシスト性能が魅力のevol M275。 駆動系には安定性、操縦性、変速効率ともにハイパフォーマンスのSHIMANO製「SLX」を採用しています。 パワフルなアシストに対応するため制動性能にもこだわっているので、街なかでも安全です。 街乗りからアウトドアまで幅広くe-bikeの魅力を感じたい人におすすめの一台です。

BENELLI

Benelli TAGETE CROSS

サイズ:
27.5インチ
適応身長:
155/165cm~
変速:
外装10段
車体重量:
22.0kg

¥0~(税別)

0
Benelli TAGETE CROSS の商品画像

街乗りでの快適性を重視したE-bike

スタッフの声Check!!

Benelli TAGETE CROSSは街乗りやサイクリング向けのパーツを備えたMTBです。 名前に「CROSS」と入っている通り、軽量で頑丈なアルミフレームやディスクブレーキの採用でクロスバイクに近い性能になっています。 もちろん悪路や段差の衝撃をしっかり吸収してくれるサスペンションも搭載しているので、街乗りにぴったりなMTBタイプのe-bikeです。


おすすめのe-bikeを紹介

疾走感を楽しめるスポーツモデル

ヤマハ

YPJ-R

サイズ:
700C
適応身長:
155/162cm~
変速:
外装22段
車体重量:
15.2kg

¥197,980~(税別)

0
YPJ-Rの商品画像

新感覚電動アシストロードバイクのパイオニアモデル

スタッフの声Check!!

YPJ-Rは電動アシストの恩恵を受けながら、ロードバイクとしての性能を突き詰めたe-bikeです。 発進、加速、坂道時など、シーンに合わせてアシストパワーを発揮するドライブユニット「PW」搭載、さらにメインコンポーネントには、SHIMANO製の「105」を採用しています。 ワンランク上の走る楽しさを求めているあなたにぴったりの一台です。


ヤマハ

YPJ-C

サイズ:
700C
適応身長:
154/164cm~
変速:
外装18段
車体重量:
16.0kg

¥169,800~(税別)

4.3 20件
YPJ-Cの商品画像

本格的な走りが楽しめる最先端の電動クロスバイク

スタッフの声Check!!

YPJ-Cは快適な乗り心地を実現してくれる一台です。 コンポーネントには本格スポーツバイクにも使用されるシマノ製のSORAを採用しています。 さらに高い剛性とこだわりの意匠を両立したオリジナルの専用アルミフレームで、デザインと走りの心地よさを実現してくれます。 本格電動スポーツバイクに興味のある人は、ぜひ検討してみてください。


この自転車の口コミ
  • 片道10kmの通勤用に購入しました。以前より電動アシスト車(ママチャリ)を常用していましたが、スポーツ車は初めての購入です。納車時に異常にサドルが高くセットされていましたが、乗って見るとベストポジションにフィッティングして頂いた事が分かりました。アシストは背中を押される様なアシストでは無く、人力をサポートしてくれる様なアシストです。 ですが、上り勾配、向かい風の時は最大のアシストでサポートしてくれます。毎日の通勤が楽しいです。
    坂道はもちろん平地での加速もかなり快適です。アシストは毎回充電すること前提であれば、都心でちょっと街乗りするくらいなら常時HIGHでもいいかも(一部抜粋)

evol

evol C700

サイズ:
700C
適応身長:
160cm~
変速:
外装9段
車体重量:
21.3kg

¥179,980~(税別)

4.3 3件
evol C700の商品画像

最大約103kmの航続が可能な大容量バッテリーモデル

スタッフの声Check!!

evol C700は確かな技術に支えられた大容量バッテリーモデルのe-bikeです。 ドライブユニットにはevolの魅力を最大に引き出せるよう独自に調整されたバーファン製の「M400」が採用されています。 駆動系コンポーネントには、シマノ製リア9段速の「ALIVIO」を搭載して高い操作性を担保。 さらにe-bikeには珍しい1回の充電で100km以上走れるバッテリーを搭載しています。 確かな走り心地と大容量バッテリーでロングライドにぴったりな一台です。


この自転車の口コミ
  • アシストマックスだとスタートの補助がガンガン効きます。 坂道は加速した状態だとアシストがかからないので止まってから上り始めるとアシストが効いて楽に登れます。(一部抜粋)
おすすめのe-bikeを紹介

快適な通勤を実現するe-bike 6選

オプションパーツが充実した実用モデル

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

TB1e

サイズ:
27インチ
適応身長:
151cm~
変速:
外装7段
車体重量:
22.3kg

¥129,800~(税別)

4.3 14件
TB1eの商品画像

耐パンクタイヤを採用したブリヂストンのe-bike

スタッフの声Check!!

TB1eの魅力は通勤・通学で気軽に使いやすい実用性です。 スポーティながらサークル錠や自転車スタンド、泥よけが取り付けられていて便利さには十分配慮されています。 さらにパンクに強いタイヤを装備しているので、修理代が膨れ上がってしまうこともありません。 普段使いにちょうどいい装備と価格帯の一台です。


この自転車の口コミ
  • 運動するために購入しました。ネットで検索しまくって得た情報どおりの自転車で、モーターも変速機も全く問題なく乗れています。歩いてでも登るのが嫌だと感じる坂でも、座りこぎのままでサクッと登れたときは感動しました。(一部抜粋)
    こちらはじめての電動アシストでしたので、その性能に驚いています。加えて見た目がクロスバイクに近いのでカッコいいですしね。いつも息切れする坂も全く息切れせず登れます。これで通勤もグッと楽になりました。(一部抜粋)

パナソニック(Panasonic)

ハリヤ

サイズ:
26インチ
適応身長:
150cm~
変速:
外装7段
車体重量:
23.2kg

¥129,800~(税別)

4.3 36件
ハリヤの商品画像

快適な乗り心地を実現したパナソニックのe-bike

スタッフの声Check!!

ハリヤはスポーツタイプのe-bikeエントリーモデルにうってつけです。 高剛性・軽量化に優れたアルミフォーミングフレームに、段差の衝撃を吸収してくれるフロントサスペンションは走り心地へのこだわりが感じられます。 一方で日常使いしやすいよう、自転車スタンドとライトが標準装備されています。 通勤・通学にも使えるビギナー向けのe-bikeです。


この自転車の口コミ
  • 想像以上にパワーがあり、急坂もグイグイ登ります。向かい風もラクラクです。走り出しの加速感も気持ちいいです。パナソニックさんいい仕事してます。(一部抜粋)
    無事に届いて一週間、緩い丘の上の住宅ですが買い物のあとの登りが7速でぐんぐん前に進みます。トレーニングの遠出にでかけても最後の登りが苦になりません。デザインと取り回しの良さは圧倒的です。良い買い物をしたと思っています。

パナソニック(Panasonic)

ベロスター

サイズ:
700C
適応身長:
149cm~
変速:
外装7段
車体重量:
22.4kg

¥98,800~(税別)

4.5 17件
ベロスターの商品画像

コスパ最高のエントリー電動スポーツ自転車

スタッフの声Check!!

ベロスターは実用性に特化したスポーツタイプの電動自転車です。 e-bikeとしてはスポーティな走行性能にやや劣りますが、スポーツ自転車を初めて乗る人でも安心して走れる安定感があります。 さらに日常使いしやすいオプションパーツが標準装備されており、カゴも後付可能。 趣味というよりも、通勤・通学、日頃の足として電動クロスバイクを活用したい人におすすめの一台です。


この自転車の口コミ
  • ほぼ毎日2㎞程度離れたテニスコートへの往復に利用していますが、途中の登坂もスイスイパワフルに走れます。満足しています。もっと早くに購入しておけばよかったと思っています。(一部抜粋)
    今まで小さめの電動自転車だつたんですがスピードが遅いので大きめのを購入。とてもも乗りやすくスピードも出てしかも走行中安定してるのでとても満足。 しかもコスパが良い!
おすすめのe-bikeを紹介

納得クオリティの低価格モデル

PELTECH

TDN-208L

サイズ:
20インチ
適応身長:
140cm~
変速:
外装6段
車体重量:
26.0kg

¥63,980~(税別)

4.4 5件
TDN-208Lの商品画像

オシャレなカラーデザインと実用性を両立したハイコストパフォーマンスモデル

スタッフの声Check!!

TDN-208Lはカラーデザインと実用性の良さが魅力の折りたたみ電動アシスト自転車です。 車体にはアクセントカラーが入った2色使いでおしゃれさがグッとUP。 さらにカゴやライト、サークル錠などママチャリ並に装備がしっかりしている実用性の高さがおすすめポイントです。 これだけのデザインと装備が揃っていながら、電動自転車としては最安値レベルのコスパの良さ! おしゃれも値段も妥協したくない人におすすめの一台です。


この自転車の口コミ
  • 製品は性能が良く見た目もおしゃれなので気に入っている。ただ、以下の点については今後の改善に期待したい。 ・サドルが少し固め(長距離乗るのはきついかも) (中略)・タイヤが小さいので仕方ないかもしれないが、ギヤをもう少し重くしてスピードを出せるようにしてほしい(一部抜粋)

Gic

TRANS MOBILLY E-MAGIC 207E

サイズ:
20インチ
適応身長:
155cm~
変速:
外装7段
車体重量:
15.7kg

¥0~(税別)

4.0 2件
TRANS MOBILLY E-MAGIC 207Eの商品画像

走行性抜群の電動ミニベロ

スタッフの声Check!!

E-MAGIC 207Eの魅力は、コンパクトな車体に快適な走行をサポートする機能がぎゅっと詰まっているところです。 軽くてサビにくいアルミフレームに、空気が走りを妨げないよう考えられたタイヤ周りを採用しています。 さらに車体は13kgという軽さを実現! コンパクトさと快適な走りのどちらも求める人におすすめの一台です。


この自転車の口コミ
  • エコモード等の切り替え、残量表示、オートライト、泥除け 等なし。これを、スポーツバイクとして不要なものと取るか、通勤通学しようとしては物足りないと取るかは意見が分かれるところですが、私的には大満足でした。(一部抜粋)

パナソニック(Panasonic)

ベロスター・ミニ

サイズ:
20インチ
適応身長:
150cm~
変速:
外装7段
車体重量:
21.0kg

¥98,800~(税別)

4.7 6件
ベロスター・ミニの商品画像

コスパ最高のエントリー向け電動ミニベロ

スタッフの声Check!!

ベロスター・ミニはスポーツタイプながら実用性の高いところが魅力的な電動ミニベロです。 スポーツバイクのような走り心地を実現するフレーム形状を採用していながら、電動スポーツバイクには珍しい泥除けやサークル錠が取り付けられています。 便利さは大事だけれど、シティサイクルタイプの電動アシスト自転車じゃ物足りない!という人におすすめしたい一台です。


この自転車の口コミ
  • かなりキツめの坂の上の住宅地なのですがなんとか立ち漕ぎせず押さずに家まで乗って帰れます。とっても良い運動になります。(一部抜粋)
    高さの調節によりますが、小型自転車とは思えないほど、快適な走りです。急な坂道も、2や3でスイスイ走れます。ただ、籠は最初から付けておいた方がいいと思いました。
おすすめのe-bikeを紹介

持ち運びやすい!軽量なe-bike 3選

HARRY QUINN

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE

サイズ:
16インチ
適応身長:
145cm~
車体重量:
14.6kg

¥114,980~(税別)

4.0 5件
Harry Quinn PORTABLE E-BIKEの商品画像

フレーム内蔵バッテリー搭載の折りたたみ式電動ミニベロ

スタッフの声Check!!

Harry Quinnは機能にとことんこだわったミニベロです。 荷台にキャスターがついているので、コンパクトに折りたたんだ後も転がして運べます。 荷台がついていながら、十分コンパクトに折り畳めるのもうれしい工夫です。 持ち運びが面倒、疲れそうと不安がある人にぜひ試してもらいたい一台です。


この自転車の口コミ
  • とても、良いです。通勤が楽しくなりました。 初めてのE-bikeでギヤ無し、スタンド無し、で不安でしたが、アシストが入るのでギヤはいらないし、スタンドも後輪を畳むと代わりになるのでいらない、です。その分軽いので、今までの折り畳み自転車と変わらず使えてます。(一部抜粋)

Gic

TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT140

サイズ:
14インチ
適応身長:
145cm~
車体重量:
11.3kg

¥87,980~(税別)

5.0 3件
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT140の商品画像

驚きの軽さ!11.3kgの超軽量折りたたみ電動アシスト自転車

スタッフの声Check!!

NEXT140の魅力は、14インチならではの取り回しのしやすさです。 小回りが効くことはもちろん、コンパクトに折りたたんで持ち運びもしやすいサイズです。 さらに前輪にアシスト機構が付いているので、グイグイと前に進みます。 よく持ち運ぶ機会がある人や、収納場所のスペースが狭い人におすすめの一台です。


Gic

TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT163

サイズ:
16インチ
適応身長:
145cm~
変速:
外装3段
車体重量:
11.9kg

¥91,980~(税別)

5.0 1件
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT163の商品画像

3段変速を搭載したコンパクトな電動折りたたみ自転車

スタッフの声Check!!

NEXT163の魅力は、折りたたみタイプでありながら3段変速機を搭載しているスペックの高さです。 変速機が付いているので、16インチとタイヤが小さくても傾斜をグングン登っていけます。 コンパクトに折りたためるので、旅行先での移動にぴったりですね。 電車やバスにも持ち込みやすいサイズなので、公共交通機関と目的地の間に坂道がある人にもおすすめの一台です。


おすすめのe-bikeを紹介

まとめ

いかがでしたか。
気に入った一台は見つかったでしょうか。
当自転車通販サイトcyma-サイマ-では紹介したe-bike以外にも、各種自転車を種類豊富に取り揃えております。
ぜひ満足のいく一台を見つけて、走りの楽さと楽しさを感じられるような、新しい自転車ライフを手に入れてくださいね。

\あなたにピッタリの一台に出会う/

e-bikeをもっと探す

e-bikeについてお悩み解消Q&A

クエスチョンマーク

Q.都内で乗るときはどうする?

A.歩道と車道の間を走るようにしましょう。
可能であれば、自転車優先道路がある道を積極的に選んで走ることをおすすめします。
人にぶつかる心配がないのでスピードを出しやすいですよ。

Q.雨の日にe-bikeに乗っても大丈夫?

A.e-bikeに限らず、雨の日の自転車の使用は控えましょう。
路面が滑りやすく、視界が悪いためケガの原因になりかねないからです。
あらかじめ代替の通勤手段を確認しておくことをおすすめします。

Q.輪行の注意点は?

A.輪行するときは、専用のバッグに入れて、中身が見えないようにして乗るようにしましょう。
輪行とは、自転車を持って公共交通機関に乗って移動することです。
輪行専用のバッグ以外は認められていないので、輪行に興味のある人は、e-bikeを買う時に一緒に専用バッグを購入することをおすすめします。

Q.e-bikeに適した服装は?

e-bike通勤に適した服装

A.動きやすくストレッチの利いた素材のものを選ぶと足も動かしやすくオススメです。また普段遣い、通勤時などでカジュアルな服装でも問題はありません。

Q.e-bikeに適した靴は?

A.基本的にはスポーツ時に使用するような靴であれば問題ありません。サイクリングなどの趣味で長距離走る場合は、サイクリングシューズを用意して足への負担を軽減することも検討してみてください。

Q.スポーツタイプのe-bikeに乗る時に必須のアイテム、おすすめアイテムは?

A.スポーツタイプのe-bikeに必須のアイテムは、次の3つです。

ヘルメット

ヘルメット

e-bikeはスピードが出るため、万が一に備えてヘルメットの着用が必要です。
髪型が崩れてしまう難点はありますが、本格的な雰囲気が出るうえに安全性がグンと高まります。
ぜひヘルメットを着用して楽しんでください。

カギ

カギ

e-bikeは車体が軽いため持ち去られやすいです。
壊しにくいカギを必ず一緒に購入しましょう。

空気入れ

空気入れ

空気入れも同時に買っておいたほうが無難でしょう。
e-bikeは普通の自転車用の空気入れでは対応できない、仏式バルブが主流です。
e-bikeを買うときにバルブの形式を確認し、適した空気入れを一緒に購入すると自分でメンテナンスできるので便利です。

また、スポーツタイプのe-bikeにおすすめのアイテムは、次の3つです。

グローブ

グローブ

長時間のライドで手を痛めたり、力が入らなくなって握れなくなったりすることを防ぎます。
ロングライドにおすすめです。

裾バンド

裾バンド

裾を踏んで汚す危険を防ぎます。
裾が長い人、裾がゆったりと広がったパンツを穿く人におすすめです。

スポーツ用サングラス

スポーツ用サングラス

目を紫外線や風圧、ゴミから守ります。
スピードを出して走る人におすすめです。

Q.バッテリーの消費を抑える方法は?

A.バッテリーの消費を抑えるには、ギヤを適切に活用しましょう。
バッテリーの消費が激しくなるタイミングは、坂道などペダルに大きな負担がかかる時です。
ペダルを負担に負担がかかる時にギヤを軽くすると、バッテリーの消費が抑えられます。
具体的には、

  • 漕ぎ出し
  • 坂道を登り時

にギヤをなるべく軽くするといいでしょう。

Q.ギヤを変更する時の注意点は?

A.変速機が外装の場合、止まった状態でのギヤチェンジはチェーン外れの原因になります。
外装の変速機を搭載したe-bikeは、必ず走っている間にギヤチェンジするようにしてください。
一方、内装の変速機は、走っていても止まっていてもギヤチェンジして大丈夫です。

関連記事

e-bikeについてもっと知りたい人はこちら

おすすめの自転車についてもっと知りたい人はこちら

人気の自転車についてもっと知りたい人はこちら