自転車盗難対策のポイント

最近では自転車の盗難件数は減少傾向にありますが、まだまだ気を抜けません。かんたんにできる盗難対策の知識を付けて、大切な自転車を守りましょう!

 

■近年の自転車盗難事情

近年、右肩下がりで盗難認知件数は減ってきていますが、施錠の有無で比べてみると、施錠をしない場合では1.36倍も多く盗まれています。安心して自転車に乗りやすい世の中になってきましたが、盗難対策は欠かせないことが分かります。

自転車盗難の認知件数

データ出典:警察庁 平成26,27年の犯罪情勢より(https://www.npa.go.jp/)

 


■気を付けたい!盗難場所ワースト3

ワースト1・・・駐輪場(42 %)

駅などの駐輪場がワースト1にランクイン。死角になりがちで、不特定多数の人が出入りする場所のためです。整備されており、監視カメラがついている駐輪場だとより安心です。




 

 

ワースト2・・・自宅(32%)

意外に油断しがちなのが自宅です。自宅なら大丈夫と施錠しない傾向があり、狙われやすい場所になってます。気を抜かず施錠はしましょう。







 

ワースト3・・・路上(15%)

コンビニ等、少しの用事だからと油断して施錠を怠りがちなのが路上駐車です。時間の長い短いは関係なく、しっかりと施錠することが大切です。

 

 

(コラム)盗難自転車の返却率ってどれくらい?

警察庁発表のデータによると、施錠無しの認知件数に対して返却率は52.9%。(H27年)実際には認知されていない盗難件数もあるため、もっと返ってこないこないことも。防犯登録を忘れずにすることと、そもそも盗まれないように気を付けていきましょう。

データ出典:警察庁 平成26,27年の犯罪情勢より(https://www.npa.go.jp/)

 

■カンタンにできる!盗難対策の3つのポイント

鍵をかけるのはもちろんですが、あとちょっと気にするだけで、盗まれにくさがグンと上がるんです!
 

1.カギはツーロック

泥棒が嫌がるのは、盗む際に時間がかかることです。そのため鍵は、ママチャリであれば自転車に付属している鍵に加えてワイヤーロックを付けツーロックしましょう。スポーツタイプであればワイヤーロックに加え、堅牢なU字ロックがあるとより安心です。


2.駐輪の基本!地球ロックする

地球ロックとは、地面(地球)に固定されているものにワイヤーロック等で自転車をロックする方法のことです。地球ロックをしていない場合、高額なスポーツタイプの自転車は軽量にできていることが多いため、持ち上げられてそのまま持ち去られることもあります。特にスポーツタイプに乗られる方は地球ロックを意識的に行うことをお勧めします。


3.人目に付く場所に止める

自転車を盗む方法は、ワイヤー錠の切断やピッキング、車への積み込みが主だと言われています。人通りが多いところであれば不審な行動を取りづらいので、比較的安全です。ただ、路上駐輪禁止の場所や歩行者の迷惑になる場所への駐輪はしないように気を付けましょう。

 
 

■もしもの時も安心!購入時にできる対策

万が一盗難にあってしまった時のために、準備しておきたい対策はこちら。

-防犯登録をする
 盗難された場合に手元に戻りやすくなる防犯登録。1994年より法律で義務化されているため、加入は必須です。
-盗難補償サービスに加入する
 万が一盗難された場合の盗難補償。車体金額が高額になればなるほど重要なサービスです。


なんとサイマなら防犯登録代行、盗難補償も承ります!通販なのに手厚いサービスで選ばれています。
 

■盗難対策にオススメのパーツ

-ツーロックにも役立つ、ワイヤーロック

もともと自転車にリング状がついていても、ツーロックにすることでより防犯性能が高まります。カギをなくすのが嫌な方にお勧めのナンバー式、ナンバーを覚えるのが苦手な方にお勧めの鍵式がありますので、お好きな方を選んでください。


-頑丈なU字ロック

一般的にワイヤー錠に比べて重量はありますが太く頑丈なつくりのため、防犯性能は高いです。短いのでこれだけで地球ロックをするのは難しいですが、長めのワイヤー上と組み合わせることでより効果を発揮します。

 



 
普段よりちょっと気を付けるだけで盗難される確率が下がります。まずは基本の施錠をしっかり行い、もうワンステップ上の対策ができれば更に防犯性が高まります。この機会にしっかり盗難対策をして大切な自転車を守りましょう。