中学生や高校生必見!通学におすすめの電動自転車と失敗しない選び方を紹介

通学におすすめの電動アシスト自転車

「普通の自転車よりも、もっと楽に通学したいな」
「中学生や高校生、登下校に電動アシスト自転車を使ってもいいの?」
「電動アシスト自転車って、結局どれがいいのか分からない!」
と、思っていませんか?

自転車通学をしている中学生や高校生をよく見かけますが、地域によっては通学で電動アシスト自転車を使うことに不安や疑問を感じるところもありますよね。
いざ買おうとすると、どれが通学で使うのに一番いいのか、よく分からないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • 電動アシスト自転車を通学で使う前に知っておきたいこと
  • 通学向き電動アシスト自転車の選び方
  • おすすめの電動アシスト自転車9車種

を紹介していきます。

最後に、Q&Aも掲載しているので、電動アシスト自転車を通学で使うことに対するあなたの疑問を解決できるでしょう。

満足できる通学向きの電動アシスト自転車を買うためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

すぐにおすすめ電動アシスト自転車をチェックしたい方はこちら>>

電動アシスト自転車で通学しても大丈夫?まず規則を確認しよう

疑問がある女子学生

通学用に電動アシスト自転車を買う前に、まず規則的に電動アシスト自転車での通学が許されているか確認しましょう。

電動アシスト自転車での通学は、法律や条例では禁止されていませんが、学校によっては禁止されているところもあります。

電動アシスト自転車を通学で使用するためには、次のような場合があります。

  • 特別な申請が必要
  • 購入にあたって学校か補助金が出る

それは、通学手段の判断は、各学校に任されているからです。
つまり、電動アシスト自転車の通学を許可していない場合もあれば、推奨している場合もあると、学校によって異なります。
そのため、 買う前に一度校則を確認することをおすすめします。

買う前に知っておきたいこと4点

1から4の数字が書かれたブロック

ここでは、買う前にぜひ知っておいてほしいことを4つ紹介していきます。

  • 通学で電動自転車を使うメリット
  • 3年間でかかる維持費
  • 盗難補償
  • 自転車保険

買う時に少しでも悩んだり迷ったりしないように、ぜひ読んでみてください。

通学で電動自転車を使うメリット

電動アシスト自転車がよく使われている通学路は、次の2パターンあります。

  • 学校までの距離が遠い
  • 坂が多い、傾斜がきつい

これらに対して、それぞれ次のようなメリットがあります。

  • あまり疲れず登下校できる
  • 足への負担を軽減できる

ここでは、それぞれのパターンのメリットについて、詳しく解説していきます。

あまり疲れず登下校できる

学校までの距離が遠い場合、電動アシスト自転車を使うことで あまり疲れず登下校することができます
電動アシストがあると、時速24kmまでは普通の自転車の最大3倍の距離を進みます。
つまり、普通の自転車と同じ距離を電動アシスト自転車で走ると、疲労感は3分の1で済むということです。

「朝から自転車で登校すると、疲れて授業に集中できない…」
「部活で疲れているのに、自転車下校でさらに疲れたくない!」
といった不満を解消してくれるでしょう。

足への負担を軽減できる

通学路に坂道が多い、または傾斜がきつい坂がある場合は、登る時に足への負担を軽減してくれます。
坂道の傾斜や積んでいる荷物の量にもよりますが、普通の自転車に比べて半分の力で踏み込めます

「普通の自転車よりも、もっと楽に坂道を登りたい」
「脚力に自信がないから、坂道を登りきれるか不安…」
といった人にも、電動アシスト自転車はおすすめです。

3年間でかかる維持費

購入費以外にも、長く使おうとすると何かとお金がかかります。
電動アシスト自転車を長く使用するためにかかる費用を、次にまとめました。

費用 必要になるタイミング 3年間でかかる費用
バッテリーの充電費 5~18円※1 毎日 1000~3600円※2
交換用バッテリー代 4万円前後 3~4年 0円
タイヤの修理代 片輪4000~5000円 2年に1度(メーカー推奨)
  • 片輪4000~5000円
  • 両輪8000~10000円

※1.メーカー、バッテリー容量、お使いの電力会社によって上下します
※2.1年間の登校日数を200回で換算

中学校、高校の通学で使うなら、卒業までの3年間に維持費として7000円~20800円ほどかかると見積もれます。
また、3年以上使うのなら、バッテリーの交換代4万円前後もかかると考えておくことをおすすめします。
何年使うかを考えて、定期代と比較してよりお得な方を選ぶといいでしょう。

盗難補償に入ろう

電動アシスト自転車を買ったら、合わせて盗難補償に加入することをおすすめします。
メーカー品なら、商品によって無料で盗難補償に加入、または購入にともなって自動加入できます。
保証期間は購入から3年間です。

メーカーによって加入条件などに違いがあるので、詳しくは後述する <【メーカー別】おすすめ電動アシスト自転車を9車種紹介> を参考にしてください。

自転車保険があると安心

2018年のすべての交通事故の中で、自転車が関わっている確率は36%と決して低くありません。
万が一の時のために、自転車の損害保険に加入しておくとより安心です。
メーカーごとに自転車保険の仕様は違います。

  • 自転車保険の制度を用意しているメーカーとしていないメーカーがある
  • 車種によって加入できるものとできないものがある

そのため、メーカー保険がない場合は、購入とは別に個人での申し込みが必要です。

交通安全協会やauなどが自転車保険を提供しており、月額数百円から手軽に入れるプランもあります。
電動アシスト自転車を購入するときはぜひ検討してみてください。

また、自転車通販サイトcyma-サイマ-でも、盗難補償と自転車保険が一体化した「安心パック」を月額500円で提供しています。
当サイトで購入したお客様のみ「安心パック」に加入できるので、自転車通販サイトcyma-サイマ-での購入もぜひご検討ください。
新サイマスタンダード安心パック>>

電動アシスト自転車を長く使うために気をつけたいこと2点

いざ電動アシスト自転車で学校に行ってみると、バッテリーの保管や扱いに迷うのではないでしょうか。
そこで、この章では学校や駅に駐輪する時に役立つ注意点を2つ紹介します。

  • 屋根のある駐輪場に停める
  • バッテリーは取り外して、室内で保管する

屋根のある駐輪場に停める

電動アシスト自転車は、屋根のある駐輪場に停めるようにしましょう。
電動アシスト自転車やメーカー製のバッテリーは、雨に濡れても全く問題ありません
しかし、自転車が倒れてバッテリーが水溜リに浸かったままになると、劣化の原因になってしまいます。

さらに、バッテリーは高温にも弱いです。
高温の下に置いておくこともまた、劣化の原因になります。
そのため、駐輪する時は雨と直射日光を避けられる屋根の下に停めるといいでしょう。

バッテリーは取り外して、室内で保管する

また、学校ではバッテリーを取り外して教室に持っていくなど、室内で保管することをおすすめします。
室内に持っていくことで、

  • 水溜リに浸かることがなくなる
  • 直射日光を避けられる

からです。
また、バッテリーだけ盗られるといったイタズラの対策にもなります。

バッテリーをできるだけ長く使用でき、いたずらを防止するためにも、バッテリーは教室や家の中に持ち込んで保管するといいでしょう。

通学向きの電動アシスト自転車の選び方

通学で使う電動アシスト自転車を選ぶ時に気をつけることを3つ紹介していきます。

  • 乗る人に合ったサイズや形を選ぶ
  • 通学路の距離や傾斜に合わせたバッテリー容量を選ぶ
  • 必要なオプションを揃える

乗る人に合ったサイズや形を選ぶ

次の2つの条件から、乗る人に合った電動アシスト自転車を選びましょう。

  • 身長に合ったタイヤサイズを選ぶ
  • 服装に合わせた自転車の形を選ぶ

身長に合ったタイヤサイズ

乗る人によって、最適なタイヤサイズは違います。
安全に乗るためにも、自分の身長に合ったサイズの電動アシスト自転車を選びましょう。
タイヤサイズと適応身長は次の表の通りです。

タイヤサイズ 適応身長
24インチ 137cm以上
26インチ 140cm以上
27インチ 150cm以上

この表はあくまでも目安です。

店舗で実際に乗ってみたり、通販サイトの適応身長の表示を確認したりして、乗る人の身長に合ったサイズの車種を探してみてください。
また、身長の高い人でも小さいタイヤの自転車は漕げますが、漕ぎづらかったり速度を出しにくかったりします。
大は小を兼ねるとは言いますが、乗る人が成長する可能性も頭に置いて選ぶと、長く快適に乗れるでしょう。

服装に合わせた自転車の形

通学時の服装を想定して、乗りやすい電動アシスト自転車を探しましょう。
例えば、制服がスカートなら、足をあまり上げずにまたげるフレームの低い車種がおすすめです。

反対に、足を上げてまたぐことに問題がないのであれば、スポーツタイプの電動アシスト自転車も視野に入れて選べます。
身長に合うサイズの電動アシスト自転車を選ぶことはもちろん、ぜひ通学時の服装でも乗りやすいのかもイメージしながら探してみてください。

通学路に合わせたバッテリー容量を選ぶ

通学路の距離や、坂道の傾斜や長さに対して不足のないバッテリー容量を選ぶようにしましょう。
次の2つの場合は、容量の大きいバッテリーが必要になります。

  • 傾斜が大きい坂を登る場合
  • 通学路が長距離の場合

坂道の傾斜が大きいほど、登る時のバッテリーの消費量が大きくなります。
また、バッテリーが切れてしまうと、ただの重たい自転車になってしまうのです。
そのため、不足のないバッテリー容量を選ぶことをおすすめします。

バッテリー容量 1回の充電で走れる最大距離※3
6.2Ah 38km
8Ah 50km
12Ah 78km
14.33Ah 101km
15.4Ah 100km
16Ah 100km

※3.最もアシスト力の低いアシストモード。アシスト力が強くなるほど、バッテリーの消費は大きくなる。

ただ、バッテリー容量は大きいほど重く、価格も高くなります
容量の大きいバッテリーを選ぶと安心ですが、必要に合わせて容量を選ぶのもいいでしょう。

必要なオプションを揃える

通学に不便のないように、オプションを揃えるとよいでしょう。
以下を参考にしてみてください。

  • カゴ
  • カギ
  • 自転車スタンド
  • ライト
  • ヘルメット

車種によっては、カゴが別売りのものもあります。
また、学校によっては、ヘルメットなど必須のオプションを指定していることもあるでしょう。
必要なオプションは何か見当をつけておくと、電動アシスト自転車と一緒に揃えられるのでおすすめです。

ちなみに、この後紹介する電動アシスト自転車はすべて、必須のオプションが取り付けられています。
ただし、ヘルメットは別売りなので、必要な人は合わせて購入してください。

【メーカー別】おすすめ電動アシスト自転車を9車種紹介

ここからは、国内の電動アシスト自転車の主要3メーカー、ブリヂストン、パナソニック、ヤマハから、通学におすすめの電動アシスト自転車を紹介します。
気に入った1台を、ぜひ見つけてみてください。

ブリヂストン

ブリヂストンのおすすめポイント

  • BAAマークを取得した自転車と電動アシスト自転車を扱っている
  • 電動アシスト自転車の主要部分を2~3年保証
  • 指定車種のみ3年間自転車盗難を保証
  • 指定車種のみ傷害保険に加入できる

ブリヂストンの商品は、一般社団法人自転車協会が制定した安全・環境基準「BAA」を取得しています。
そのため、耐久性が高く、安心して乗ることができます。

また、一部の車種は、盗難補償と傷害保険に無料で加入できます。
盗難補償に加入すると、盗難に遭ってしまった場合に、電動アシスト自転車ならメーカー希望小売価格の30%割引で代替車を購入できます。
傷害保険に加入すると、もし他人にケガをさせてしまった場合に、賠償責任をメーカーが補償してくれるため、万が一の時に安心です。

どちらも購入から20日以内にWebまたはハガキの投函で申し込む必要があります。
詳しくは、メーカーのホームページをチェックしてみてください。
ブリヂストンの公式HP>>

【女の子向けモデル】カジュナe

カジュナe
メーカー希望小売価格 ¥108,800(税別)
カラー展開 4色
車体重量 28.7kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 14.3Ah
充電時間 4時間10分
適応身長 144cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

走りながら充電!女性らしさにこだわった可愛い電動アシスト自転車!

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 4日走ると1日分の自動充電ができる!
  • パンクに強い耐パンクタイヤを使用
  • 横46cm×縦31cm×高さ19cmのラタン風編み込みカゴ
  • 盗難補償、傷害保険対象車種

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


【男の子向けモデル】ステップクルーズe

ステップクルーズe
メーカー希望小売価格 ¥129,800(税別)
カラー展開 5色
車体重量 27.4kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 14.3Ah
充電時間 4時間10分
適応身長 144cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

走りながら充電!スタイリッシュな電動アシスト自転車のNEWモデル

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 4日走ると1日分の自動充電ができる!
  • 錆びる心配のないカーボンベルトを使用
  • 横46.5cm×縦31cm×高さ17.2cmの大型ワイヤーバスケットを搭載
  • 盗難補償対象車種

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


【誰でも乗りやすいモデル】アルベルトe S型、L型

アルベルトe
メーカー希望小売価格 ¥139,800(税別)
カラー展開 5色
車体重量 S型:25.9kg L型:26.7kg
変速機 内装5段
バッテリー容量 14.3Ah
充電時間 4時間10分
適応身長 S型:144cm~ L型:148cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

通学中のトラブルリスク回避!中学生や高校生のための電動アシスト自転車

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 4日走ると1日分の充電ができる!
  • 錆びる心配のないカーボンベルトを使用
  • 5段階変速で思いのままの走りを実現
  • 盗難補償、傷害保険対象車種

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


パナソニック

パナソニックのおすすめポイント

  • BAAマークを取得した自転車と電動アシスト自転車を扱っている
  • バッテリー2~3年保証
  • 3年間自転車盗難を保証
  • 商品に欠陥があった場合に無料で修理を受けられる

パナソニックのほとんどの商品は、一般社団法人自転車協会が制定した安全・環境基準「BAA」を取得しています。
そのため、耐久性が高く、安心して乗ることができます。

また、2年間のバッテリー保証が受けられ、「ご愛用者登録」をすると1年延長して合計3年間の保証が受けられます。
盗難保証に加入すると、もし盗難に遭ってしまった場合に、メーカー小売希望価格の30%割引と組み立て手数料4000円で同一・同等車種を購入できます。
どちらも、Webまたはハガキでの手続きが必要です。

さらに、商品に不良や欠陥があった場合は、1~3年を目安に、無料で修理を受けられます。
こちらは登録の必要はありませんが、購入時の保証書が必要です。
詳しくは、メーカーのホームページで確認してみてください。
パナソニックの公式HP>>

【女の子向けモデル】ティモ・I

ティモ・I
メーカー希望小売価格 ¥116,800(税別)
カラー展開 4色
車体重量 30.1kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 16Ah
充電時間 5時間
適応身長 141cm~
オプション カゴ、両立スタンド、ダブルロック(サークル錠、ワイヤー錠)、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

実用性を兼ね備えた、大人かわいいスクール電動アシスト自転車!

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • パステルカラーの4色展開!
  • 丈夫ですり減りにくい耐摩耗タイヤ
  • 横46cm×縦31cm×高さ21cmの小物が落ちにくい底面メッシュカゴ

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


【男の子向けモデル】ティモ・DX

ティモ・DX
メーカー希望小売価格 ¥118,800(税別)
カラー展開 4色
車体重量 29.4kg
変速機 内装5段
バッテリー容量 16Ah
充電時間 5時間
適応身長 149cm~
オプション カゴ、両立スタンド、ダブルロック(サークル錠、ワイヤー錠)、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

5段変速機を搭載!長距離や坂道もラクラクのデラックスモデル

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 肉厚チューブで耐久性の高いタイヤ
  • 長距離に最適なスタッガード型フレームを採用
  • 横37cm×縦26cm×高さ28cmのヘコミやサビに強いステンレス製のカゴ

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


【誰でも乗りやすいモデル】ビビ・L 24インチ、26インチ

ビビ・L
メーカー希望小売価格 ¥108,800(税別)
カラー展開 4色
車体重量 24インチ:25.9kg 26インチ:26.7kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 12Ah
充電時間 4時間
適応身長 24インチ:129cm~ 26インチ:140cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

通学中のトラブルリスク回避!中学生や高校生のための電動アシスト自転車

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 軽くてサビにくいアルミフレームで、シリーズ最軽量の22kg!
  • またぎやすく下がったフレーム形状
  • 横39cm×縦35cm×高さ24cmの軽さにこだわった樹脂製バスケット

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


ヤマハ

ヤマハのおすすめポイント

  • BAAマークを取得した自転車と電動アシスト自転車を扱っている
  • バッテリー2~3年保証
  • 電動アシスト自転車の主要部分を1~3年保証
  • 3年間自転車盗難を保証

ヤマハのほとんどの商品は、一般社団法人自転車協会が制定した安全・環境基準「BAA」を取得しています。
そのため、耐久性が高く、安心して乗ることができます。

また、2年間のバッテリー保証が、Webまたはハガキで登録すると3年に延長して受けることができます。
盗難保険に加入すると、本体価格の30%または50%の価格で同型車種を購入できます。
詳しくは、メーカーのホームページを参考にしてみてください
ヤマハの公式HP>>

【女の子向けモデル】PAS Ami

PAS Ami
メーカー希望小売価格 ¥116,000(税別)
カラー展開 6色
車体重量 27.8kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 12.3Ah
充電時間 3時間30分
適応身長 147cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

オシャレさと使いやすさにこだわったファッショナブルな電動アシスト自転車!

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • 少ない力で上げられるスタンド
  • 長く使える耐摩耗性の高いタイヤを使用
  • 横44cm×縦29cm×高さ23.8cmのラタン風編み込みカゴ

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


【男の子向けモデル】PAS CITY-SP5

PAS CITY-SP5
メーカー希望小売価格 ¥118,000(税別)
カラー展開 3色
車体重量 28.1kg
変速機 内装5段
バッテリー容量 15.4Ah
充電時間 4時間
適応身長 154cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

5段変速&大容量バッテリー搭載の通勤・通学快速モデル

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • スムーズな切り替えでスピーディに走れる5段階変速
  • スピードと安定感を両立させるスタッガード型フレーム
  • 横44cm×縦29cm×高さ23.8cmの横長型のスチール製バスケットを搭載

この電動アシスト自転車の公式HPを見る>>


【誰でも乗りやすいモデル】PAS with 24インチ、26インチ

PAS with
メーカー希望小売価格 ¥110,000(税別)
カラー展開 7色
車体重量 24インチ:25.5kg 26インチ:26.2kg
変速機 内装3段
バッテリー容量 12.3Ah
充電時間 3時間30分
適応身長 24インチ:141cm~ 26インチ:145cm~
オプション カゴ、両立スタンド、サークル錠、ライト

この電動アシスト自転車を一言で表すと?

便利な機能がたっぷりつまった定番の電動アシスト自転車

この電動アシスト自転車のおすすめポイント!

  • またぎやすい低床U型フレーム
  • スタンドと連動したハンドルロック
  • 軽い樹脂製の大容量バスケット

この電動アシスト自転車をもっと見る>>


最後に

いかがでしたか。
お気に入りの1台は見つけられましたか?
通学に必要な機能やオプションを揃えた電動アシスト自転車を選んぶことはもちろん大事ですが、一番大切なことは乗る本人がその自転車を気に入って乗れることです。

校則の範囲内で、ぜひ「乗りたい!」と思えるような電動アシスト自転車を選んでみてください!

電動アシスト自転車のここが疑問!Q&A

Q.中学生や高校生が電動アシスト自転車で登校ってあり?なし?

A.中学生や高校生の通学で、電動アシスト自転車が使われている割合には地域差があるようです。
電動アシスト自転車を利用している学生が、比較的多い地域もあります。
その場合、公共交通機関の利便性が悪い、学校まで傾斜の大きい坂がある、遠いなど、電動でない自転車では大変だという理由からです。
周りの交通手段に合わせるのもよいですが、あなたの通学の状況に応じて判断することをおすすめします。

Q.中学生や高校生が通学に電動自転車を使うのは贅沢?

A.電動アシスト自転車の平均価格は、12万円と安くはありません。
1万円前後から買える普通の自転車に比べれば、高価とも言えます。
しかし3年間の定期代と比べると、電動自転車のほうが安いこともあります。
定期代や通学時間、通学経路などの条件を総合的に判断すると、必ずしも贅沢とは限らないのではないでしょうか。

Q.中学生や高校生が通学に電動自転車使うのってダサい?

A.電動アシスト自転車というと、 「おじいちゃんおばあちゃんが乗っている」 「ママさんが買い物や子供の送り迎えに使っている」 というイメージが強いかもしれません。
前述した通り、地域によっては通学での使用は一般的でないようです。
しかし、2017年からメーカーが中学生や高校生向けのおしゃれな電動アシスト自転車の開発に注力しています。 それにともなって、通学に電動アシスト自転車を購入する人も増えています。 電動アシスト自転車が年配の人やママさんの乗り物、というイメージはもう当てはまらないかもしれません。 メーカーの商品を一度調べてみると、印象を変える1台に出会えるかもしれませんよ。

Q.バッテリーの買い替えは必要?

A.バッテリーは、充電回数と使用年数によって劣化します。
充電できる限度は、どのメーカーも700~900回、バッテリーの寿命目安は3~4年と公表しています。
この目安から見ると、電動アシスト自転車で3年間通うのであっても、基本的には買い換える必要はなさそうです。

しかし、使用していて不都合が生じたら、3年を経ていなくても買い替え時です。
特に、傾斜が大きい坂道で使用するほど劣化します。 そのため、日常的にそのような坂を登る人は、自転車の購入と一緒に交換バッテリーを買っておくといいかもしれません。

関連記事