【比較】電動アシスト自転車選びに役立つポイントをご紹介!

電動アシスト自転車の比較画像

電動アシスト自転車は一般の自転車よりも高価な分、しっかりと比較検討して納得の一台を選びたいですよね。
用途や走行距離によってあなたにぴったりな電動アシスト自転車はかわってきます。
この記事では、以下3つの比較ポイントに絞って電動アシスト自転車の選び方をご紹介していきます。

メーカー

バッテリー容量

タイヤサイズ

また、メーカー別のおすすめ電動アシスト自転車もご紹介します。
この記事を読んで、ぜひあなたにぴったりの電動アシスト自転車を選んでくださいね!
(※本文中に記載されている価格は2018年11月27日時点のものです)

電動アシスト自転車の比較ポイント①メーカー

電動アシスト自転車を選ぶときに悩むことのひとつが、「色々なメーカーがあるけれど、結局どれを選んだらいいの?」ということですよね。
ここでは、そんな悩みを解決するべく、各メーカーの特徴をご紹介します!

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

自転車本体や、車のタイヤ製造メーカーとして有名な会社です。
電動アシスト自転車に関しては、車体はブリヂストン、バッテリーはヤマハというように共同開発を行っています。
世界初のベルトを利用し電動アシスト自転車で両輪駆動を実現したデュアルドライブをはじめ、700回以上繰り返し使えるリチウムイオンバッテリーなど、世界最大手のタイヤメーカーならではの機能による走行性能が特徴です。
また、公共の自転車シェアリング(レンタサイクル)でも多く採用されていて、安定した乗り心地やアシスト力には高い評価があります。

ブリヂストンの電動アシスト自転車を見る

ブリヂストンの電動アシスト自転車を見る


パナソニック(Panasonic)

家電製品でおなじみのメーカーですが、子供乗せ自転車から本格的な長距離用まで豊富なバリエーションの電動アシスト自転車を販売しています。
唯一、製造から組立てまですべて純日本製にこだわり続け、性能の良さとコストパフォーマンスの高さで人気を維持しています。
業界最高レベルの大容量バッテリー搭載のモデルがあるのも特徴のひとつです。
また、エコナビによる省電力システムや、電子制御装置によるアシストパワーの自動コントロールなど、電装パーツの性能が充実しているモデルが多いです。

パナソニックの電動アシスト自転車を見る

パナソニックの電動アシスト自転車を見る


ヤマハ(YAMAHA)

世界で初めて電動アシスト自転車を作った、業界のパイオニア的存在です。
長年蓄積された独自のノウハウや、オートバイに強いヤマハの特徴が電動アシスト自転車の製品作りにも生かされています。
電動アシスト自転車に関しては、車体はブリヂストン、バッテリーはヤマハというように共同開発を行っていますので、基本的な内部性能はブリヂストンのものと同じです。
パナソニックと比べて漕ぎ出しがマイルドで、電動アシスト自転車に初めて乗る方でも初速のスピードを恐れることなく安心して乗り出すことができるのが特徴です。
能力は同じ自転車でも、ブリヂストンと比べてカラー展開が豊富になっています。

ヤマハ

ヤマハの電動アシスト自転車を見る

電動アシスト自転車の比較ポイント②バッテリー容量

ここでは、最適なバッテリー容量を選ぶポイントをご紹介します。
バッテリー容量は「Ah」という単位で表記されています。
大手メーカーの製品を見てみると、以下のラインナップになっています。   

  • 6Ah
  • 8Ah
  • 12Ah
  • 16Ah

バッテリーは、容量が大きい方がより長く走れて面倒な充電の手間が省けるというメリットがあります。
逆にデメリットは価格が高くなるという点です。

電動アシスト自転車バッテリー比較ポイント画像

バッテリー容量を決めるときは、

  • どのくらいの距離を走るのか
  • 予算

を、よく考えて決めるようにしましょう。

1回の充電で走れる距離

パナソニックの電動アシスト自転車を例に、1回の充電でどのくらい走れるのか見てみましょう。

バッテリー容量 1回の充電で走れる距離 充電時間
16.0Ah 約59km 約5.0時間
12.0Ah 約45km 約4.0時間
8.0Ah 約30km 約3.5時間
6.6Ah 約26km 約4.0時間

※最もパワフルな「パワーモード」で走行した場合
引用:パナソニック公式サイト電動アシスト自転車の選び方

10分で約2kmの走行が可能とされているので、普段どのくらいの距離を移動するかを計算して、最適なものを選んでください。
ただし、同じ距離でも上り坂ではより少ない距離しか駆動しない場合があります。
坂道が多い地域にお住まいの方は、ゆとりをもって容量を選ぶといいですね。

電動アシスト自転車の比較ポイント③タイヤサイズ

電動アシスト自転車タイヤ比較ポイント画像

タイヤを選ぶ場合には身長や利用方法によってサイズを決めましょう。
電動アシスト自転車のタイヤのサイズは、一般的に以下の種類があります。

  • 20インチ
  • 24インチ
  • 26インチ

サイズが大きくなるほど1回の回転で進む距離が長くなります。

20インチの特徴

電動アシスト自転車20インチ画像

適応身長は約140cm以上です。
小柄な方や子供乗せ自転車などで安定感を重視したい方にぴったりなのが20インチです。
小さめタイヤのメリットとして、

  • 小回りがきく
  • 漕ぎ出しが軽い
  • 重心が低く安定感がある

などがあげられます。

24インチの特徴

電動アシスト自転車24インチ画像

20インチと適応身長はさほど変わりません。
しかし、小柄な方にとっては26インチよりは乗り降りが快適で安定感があります。
「20インチだと漕ぐのが大変そうだけど、26インチだと乗り降りが少し不安」という方は24インチを選びましょう。

26インチの特徴

電動アシスト自転車26インチ画像

適応身長は約140cm~170cmです。
最もモデルが多く一般的なタイヤの大きさで、男女とも一般的な身長の方に一番好まれるサイズ感です。
「家族で共有するから標準サイズを選びたい」という方は、26インチを選びましょう。
大きめタイヤのメリットとして、

  • アシストの限界を超えても比較的スピードが出しやすい
  • 悪路で地面からの衝撃をサドルに伝え難い

などがあげられます。

【おしゃれで人気】メーカー別のおすすめ電動アシスト自転車

ここからは、メーカー別でおすすめの電動アシスト自転車をご紹介します!

ブリヂストンのおすすめ電動アシスト自転車

アシスタファイン
カラー 6色 ¥79,781~(税別)
24インチ:適応身長 135㎝~ 重量 24.6kg
26インチ:適応身長 139㎝~ 重量 25.2kg
バッテリー容量6.2Ah 充電時間 約2.0時間 走行距離21~36km

 アシスタファイン商品画像

アシスタファインを見る

アシスタファインを一言で表すと?

性別年代問わずに走れる、ブリジストンの定番モデル!

アシスタファインの口コミ

初めて電動アシスト車を購入しました。
坂道なんか、後ろから誰かが押してくれてるみたいで最高です。


アシスタプリマ -2019モデル-
カラー 5色 ¥84,000(税別)
26インチ:適応身長 139㎝~ 重量 26.1kg
バッテリー容量6.2Ah 充電時間 約2.0時間 走行距離22~38km

アシスタプリマ商品画像

アシスタプリマを見る

アシスタプリマを一言で表すと?

はじめての電動アシスト自転車にぴったりのお手頃モデル!

アシスタプリマの口コミ

毎日の買い物やジム通いのために、初めて電動アシスト自転車を購入しました。
坂が多いのですが、オートマチックモードでもスイスイ登るのに感動しました。
前カゴが大きくて買い物バッグがすっぽり入るところも気に入っています。


リアルストリームミニ
カラー 3色 ¥111,846~(税別)
26インチ:適応身長 143㎝~ 重量 21.6kg
バッテリー容量12.3Ah 充電時間 約3.5時間 走行距離51~83km

 リアルストリームミニ商品画像

リアルストリームミニを見る

リアルストリームミニを一言で表すと?

小径車なのに軽快に走るスポーティーな電動アシスト自転車

リアルストリームミニの口コミ

こんなにも快適に楽々に乗れることに感動しています。
自転車ライフが楽しめそうです。
買ってよかったです。

パナソニックのおすすめ電動アシスト自転車

ビビ・SX
カラー 4色 ¥84,900(税別)
24インチ:適応身長 138㎝~ 重量 25.1kg
26インチ:適応身長 141㎝~ 重量 25.8kg
バッテリー容量8.0Ah 充電時間 約4.5時間 走行距離31~50km

 ビビ・SX商品画像

ビビ・SXを見る

ビビ・SXを一言で表すと?

使いやすさに配慮したビビシリーズお買得モデル!

ビビ・SXの特徴

・パナソニックこだわりの国産フレーム!
・疲れにくく、おしりにやさしい形状のテールアップサドルを採用!
・荷物やカバンが傷つきにくい、オリジナル樹脂バスケットを搭載!


ビビ・EX -2019モデル-
カラー 4色 ¥134,800(税別)
24インチ:適応身長 138㎝~ 重量 29.5kg
26インチ:適応身長 141㎝~ 重量 30.4kg
バッテリー容量16.0Ah 充電時間 約5.0時間 走行距離59~100km

 ビビ・EX商品画像

ビビ・EXを見る

ビビ・EXを一言で表すと?

ラクイック搭載!装備もこだわったフラッグシップモデル!

ビビ・EXの特徴

・手元スイッチの電源を入れると後輪サークル錠が自動で開錠するラクイックを搭載!
・スタンドを立てると同時にハンドルが固定されるスタピタ2を採用!
・ 多機能で省エネ運転を考えるエコナビ液晶スイッチ4SLを搭載!


ベロスター・ミニ
カラー 3色 ¥94,000(税別)
20インチ:適応身長 150㎝~ 重量 21.0kg
バッテリー容量8.0Ah 充電時間 約4.5時間 走行距離31~60km

 ベロスター・ミニ商品画像

ベロスター・ミニを見る

ベロスター・ミニを一言で表すと?

コスパ最高!手軽に楽しめる電動スポーツタイプ!

ベロスター・ミニの特徴

・軽くて錆びにくいアルミダイアモンド型フレームを採用!
・リフレクター一体型のLEDランプでワイドに照らす!
・坂道でも心強い、外装7段変速機を搭載!

ヤマハのおすすめ電動アシスト自転車

PAS ナチュラM
カラー 4色 ¥92,000(税別)
26インチ:適応身長 144㎝~ 重量 23.6kg
バッテリー容量6.2Ah 充電時間 約2.0時間 走行距離21~36km

 PAS ナチュラM商品画像

PAS ナチュラMを見る

PAS ナチュラMを一言で表すと?

お手頃価格でベーシック機能を取り揃えたエントリーモデル!

PAS ナチュラMの口コミ

普通のママチャリから乗換しました。
坂道の多い地域に住んでいますので、こんなに良いものならもっと早く購入したら良かったと思ってます。
坂道で降り、押す事はありません!


PAS With -2018モデル-
カラー 7色 ¥107,812~税別)
24インチ:適応身長 141㎝~ 重量 25.3kg
26インチ:適応身長 145㎝~ 重量 26.0kg
バッテリー容量12.3Ah 充電時間 約3.5時間 走行距離48~76km

 PAS With商品画像

PAS Withを見る

PAS Withを一言で表すと?

軽さと機能、使い勝手に優れたベーシックモデル!

PAS Withの口コミ

初めての電動自転車です。
坂道のアシストはすごいと思いました。
毎日気持ち良く乗っています。
また、自転車を停めた時にサドルロックがかかるので綺麗に留めることができます。
また、思っていたよりバッテリーの消耗が少ないのか、10日になりますが、まだ一度も充電してなくて半分くらい残っています。
1日4キロくらい走っているのに。
心配していましたが、全く問題なかったです。


PAS kiss mini un -2018モデル-
カラー 7色 ¥118,921~税別)
20インチ:適応身長 142㎝~ 重量 30.3kg
バッテリー容量12.3Ah 充電時間 約3.5時間 走行距離40~60km

 PAS kiss mini un商品画像

PAS kiss mini unを見る

PAS kiss mini unを一言で表すと?

充実の装備と機能で、カッコ可愛い子乗せタイプの電動アシスト自転車!

PAS kiss mini unの特徴

・ヤマハだけの安心設計チャイルドシート、「コクーンルーム」を搭載!
・ワイヤー内蔵でスタイリッシュなU型フレームを採用!
・快適な走りをサポートする内装3段変速を装備!

最後に

いかがでしたでしょうか。

電動アシスト自転車を選ぶときは、しっかりとポイントをおさえて比較検討しましょう。
自転車通販サイトcyma-サイマ-は、ブリヂストン・パナソニック・ヤマハの正規販売店で安心のメーカー保証も受けられます。
もちろん今回ご紹介した自転車以外にも種類豊富に取り揃えています!
ぜひサイマで電動アシスト自転車選びを楽しんでくださいね!

関連記事