失敗しない自転車の選び方〜大切な2つのポイント〜

自転車の選び方

「自転車欲しいけど、どうやって選べばいいかわからない」
「自転車えらびに失敗したくない!」
って思ってないですか?
最近では各種メーカー、沢山の自転車をリリースして、自転車のデザインも機能も豊富になってきましたよね。
嬉しい反面、選ぶのも一苦労…!
でも大丈夫!この記事さえ読めば、自分に合った自転車を選べるようになれます!
この記事では、

  • 自転車選びに大切な2つのポイント

について書いたあと、
よく検索される次の5つの選び方について紹介しています。

  • 自転車のサイズの選び方
  • 女性の自転車の選び方
  • 通勤通学の自転車の選び方
  • シティサイクルの選び方
  • 坂道を登るための自転車の選び方

ぜひ、参考にしてみてください!

自転車選びに大切な2つのポイント

自転車選びに大切な2つのポイント

自転車選びに大切なポイントは次の2つです。

  • 目的・用途に合っていること
  • 価格が安すぎないこと

この2つを守れていない場合、次のような失敗をしてしまう可能性があります。

  • 目的・用途に合っていない
    →すぐに自転車を買い替えてしまう
    →乗らなくなってしまう
  • 価格が安すぎる
    →漕いでもあまり進まないので疲れる
    →すぐに壊れて修理代と手間がかかる可能性がある

快適な自転車生活を送るためにも目的・用途と価格を確認するようにしましょう。

目的・用途に合っているか判断する方法

目的・用途に合っているかどうかは、装備・機能が十分かを確認すれば判断できます。

例えば、次の各目的・用途に対して、必要な装備・機能は次のようになります。

目的・用途 必要な装備・機能
5km以上の通勤・通学
  • カゴや泥除け
  • 長距離を楽に走れる走行性能
近くのスーパーでお買い物
  • カゴや泥除け
  • 乗り降りしやすいフレーム形状
長距離をツーリングするロングライド
  • 前傾姿勢になれるフレーム形状やハンドル
  • 高い走行性能

必要な装備・機能を搭載した自転車を選んでいれば、目的・用途に合っていると言えます。
装備・機能が十分かを見極めて、目的・用途に合っているか判断しましょう。

あわせて読みたい記事

次の記事では、目的・用途別に、自転車をおすすめしています。
目的・用途がはっきりしている人は読んでみてください。

また、「そもそも自転車にどんな車種があるのか知らない」という方は次の記事を読むことをおすすめします。

価格が安すぎないか判断する方法

価格が安すぎないかどうかは、買おうと思っている自転車の種類の相場を確認すれば判断できます。
自転車の相場は次のようになっています。

車種 相場の価格
シティサイクル・ママチャリ 2〜3万
ミニベロ 2〜3万
折りたたみ自転車 2〜3万
クロスバイク 5万
ロードバイク 10万
電動アシスト自転車 10.5万※

上記の価格は、それぞれ次のような車種を買うことができる価格です。

車種 スペック
シティサイクル、ミニベロ、折りたたみ自転車 安心安全の「BAAマーク」取得の車種※
クロスバイク、ロードバイク 有名メーカーのエントリーモデル
電動自転車 ブリヂストン、ヤマハ、パナソニックの平均の価格のモデル※

※「BAAマーク」とは、自転車協会が定めた90項目以上の安全基準に合格した自転車に張り付けされるマークのこと
※電動アシスト自転車の相場と平均の価格は当自転車通販サイト-cyma-で取り扱っているブリヂストン、ヤマハ、パナソニックの電動アシスト自転車の価格から算出

価格が安すぎる自転車を選ぶリスク

価格が安すぎる自転車を選ぶリスク

もし、価格が安すぎる自転車を買ってしまった場合、例えば次のような問題が起きる可能性があります。

車種 起こる可能性のある問題
シティサイクル、ミニベロ、折りたたみ自転車
  • すぐに壊れる
  • 漕いでも進まない
クロスバイク、ロードバイク
  • 重量が重い
  • 速度が出ない
電動自転車
  • バッテリーの減りが早い
  • すぐに充電できなくなる

快適な自転車生活を送るために、相場に近い価格で自転車を買うようにしましょう

次の記事では、価格が安い自転車を購入する際のチェックポイント、各車種の相場に近い価格の自転車についてそれぞれ紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

自転車のサイズの選び方

自転車のサイズの選び方

どの車種にも、「適応身長」があるので、適応身長と自分の身長を対応させてサイズを選ぶことができます。
ただし、「適応身長」はあくまで目安に過ぎません。
本格的なサイクリングが目的の場合は、実際に試乗してみることをおすすめします。
サイズがあっていないとパフォーマンスに影響するためです。
また、適応身長以外の自転車のサイズの選び方は自転車の種類によって次のように違います。

自転車の種類 自転車のサイズの選び方
スポーツ車(クロスバイクやロードバイク) 「フレームサイズ」で選ぶ
スポーツ車以外の車種(シティサイクルや電動自転車) 「ホイール(タイヤ)のサイズ」で選ぶ

フレームサイズの選び方

フレームサイズの選び方は次の記事で詳しく解説しています。
スポーツ車を検討している人、気になる人は見てみてください。

ホイール(タイヤ)のサイズの選び方

自転車の種類によるホイール(タイヤ)サイズの違い

自転車の種類によって次のようなホイール(タイヤ)のサイズの違いがあります。

自転車の種類 ホイール(タイヤ)のサイズ
シティサイクル、電動自転車 26インチ、27インチが多い
ミニベロ(小径車)、折りたたみ自転車 20インチが多い

数字が大きい方がホイール(タイヤ)が大きいです。

ホイール(タイヤ)サイズの特徴と選び方

ホイール(タイヤ)のサイズによって、次のような特徴があります。

  • ホイール(タイヤ)が大きいほど、スピードを維持しやすく長距離を楽に走れる
  • ホイール(タイヤ)が小さいほど、停まりやすく漕ぎ出しが軽い

慣性の法則(物体が運動を維持しようとする法則)によって、タイヤが大きいほど、回転し続けようとする力が強くなるためです。

例えば次のように、ホイール(タイヤ)のサイズを選ぶことができます。

  • 信号が多い街乗り→20インチ
  • 近くのスーパー等での買い物→26インチ
  • 3km程度の距離を毎回走る通勤・通学→27インチ

ホイール(タイヤ)のサイズに関するよくある間違い

「タイヤが小さい方がペダルを漕ぐ回数が多くなるのでスピードを出しにくい」というのは間違いです。
ペダルを一回転させたらタイヤが何回転するかは、「ギア比」と呼ばれる値で決まります。
ギア比の値はタイヤの大きさではなく、自転車の設計によって決まるため、タイヤが小さくてもスピードを出すことはできます。

女性の自転車選びのポイント

女性の自転車選びのポイント

女性の自転車選びのポイントはシティサイクルとスポーツ車で違います。

女性がシティサイクルを選ぶポイント

女性がシティサイクルを選ぶポイントは次の3点です。

  • ハンドル形状
  • ギアの変速段数
  • カゴの種類

女性のための自転車の選び方 で具体的に説明しています。
シティサイクルを検討している女性の人は見てみてください。

女性がスポーツ車を選ぶポイント

女性がスポーツ車を選ぶポイントは次の2点です。

  • フレームが下がっており、またぎやすいか
  • 小さいサイズがあるか

女性におすすめのスポーツ車は 女性向けバイク のページに掲載しています。
スポーツ車を検討している女性の人は見てみてください。

おすすめの関連記事

通勤・通学のための自転車の選び方

通勤・通学のための自転車の選び方

通勤・通学の自転車選びのポイントは、次の2つです。

  • 走行距離で車種が変わること
  • あると嬉しい5つの装備・機能の有無

走行距離で車種が変わること

距離に対するおすすめの車種のイメージは次の通りです。

走行距離 おすすめの車種
1~3km どの車種でも良い
3km~5km クロスバイクが無難
5km以上 クロスバイクがおすすめ

クロスバイクはママチャリ等に比べて走行性能が良く、楽に長距離を走行できます。
通勤距離が長い場合、クロスバイクの方が楽チンでおすすめです。

あると嬉しい6つの装備・機能の有無

通勤自転車を選ぶときは、次の6つの装備・機能をチェックしましょう。

  • カゴ付き
  • 泥除け付き
  • チェーンカバー付き
  • 軽くて錆びにくいアルミ素材
  • 耐パンクタイヤ
  • 耐摩耗タイヤ

あてはまる項目が多いほど通勤自転車に適しています。
特にクロスバイクの場合、ママチャリには標準搭載されているカゴや泥除け等が搭載されていないことが多いです。
必ずチェックするようにしましょう。

おすすめの自転車ガイド~通勤通学から安い自転車まで完全網羅~ では、通勤におすすめの自転車3車種の機能・装備を比較しています。

また、こちらの記事も通勤・通学の自転車の選び方について、書かれています。
あわせて読んでみてください。

シティサイクルの選び方

シティサイクルの選び方

シティサイクルにおすすめの目的・用途は次の2つです。

  • 3km以内の通勤・通学
  • 近くのスーパー等でのお買い物

これまでに書いた通り、それぞれの目的・用途に合った自転車の選び方は、次の通りです。

  • 3km以内の通勤・通学
    →次の6つの装備・機能が装備された自転車
    • カゴ付き
    • 泥除け付き
    • チェーンカバー付き
    • 軽くて錆びにくいアルミ素材
    • 耐パンクタイヤ
    • 耐摩耗タイヤ
  • 近くのスーパー等でのお買い物
    →26インチのフレーム(タイヤ)のサイズの自転車

上記以外のシティサイクルの選び方は、シティサイクルに搭載されている装備・機能(ブレーキ、ライト、変速機、タイヤ)の種類や質にこだわるということです。

値段で機能が変わるシティサイクルの機能徹底比較
の記事は、様々な種類のブレーキ、ライト、変速機、タイヤのメリット・デメリットについて徹底比較しています。
気になる装備・機能があれば、その装備・機能が搭載されているシティサイクルを見に行くこともできます。
ぜひ、参考にしてみてください。

また、次の2つの記事も参考になるので、あわせて読むことをおすすめします。
値段だけで選んでない!?普段使いNo.1 シティサイクルの選び方
当自転車通販サイト-cyma-で人気のシティサイクル3車種を比較した記事です。
買う前に知りたい!お買い物自転車の選び方
お買い物自転車の人気ランキングが掲載されています。

坂道を登るための自転車の選び方

坂道を登るための自転車の選び方

次の2つの場合について説明します。

  • 通勤・通学途中の坂を楽に登りたい場合
  • お買い物途中の坂を楽に登りたい場合

通勤・通学途中の坂を楽に登りたい場合

走行性能が良いクロスバイクがおすすめです。
変速段数が多いクロスバイクを選ぶことがポイントです。
変速段数が多いと、坂道の傾斜にあったギアを選択できる可能性が高くなるためです。
ただし、変速段数が多い方が価格が高騰する傾向にあるので、予算と相談しながら決めましょう。

お買い物途中の坂を楽に登りたい場合

漕ぐ力をアシストしてくれる電動アシスト自転車がおすすめです。
電動アシスト自転車はブリヂストン、パナソニック、ヤマハの有名メーカーのものを選ぶことがポイントです。
無名メーカーの電動アシスト自転車はバッテリーの品質が悪いためです。
詳しくはこの記事に書かれています。詳しく知りたい人は読んでみてください。

また、ブリヂストン、パナソニック、ヤマハの特徴については次の記事で詳しく解説しています。
おすすめの電動自転車もあわせて掲載しているので、ぜひ読んでみてください。

最後に

自転車の選び方はわかりましたか?
自転車通販サイトcyma-サイマ-では、今後も自転車のラインナップを充実させていきます。
今回は自転車の選び方を知りたかっただけという方も、またサイマを見に来てくださいね!

関連記事