ロードバイクのスタンドの選び方~ロードバイク乗りのコメント付きで解説~

ロードバイクのスタンド画像

「ロードバイクのスタンドって何買えばいいの?」
「そもそもどんな種類があるの?」
って思ってないですか?
特にロードバイク初心者の人には、何を買えばよいかわからないと思います。
でも大丈夫!
この記事さえ読めば、自分に適したロードバイクのスタンドがわかります!
この記事では、

  • ロードバイクのスタンドの種類
  • どの種類のスタンドを選ぶべきか

について、ロードバイク乗り(当社整備士)のコメント付きで解説します。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!
(※本文中に記載されている価格は2018年11月27日時点のものです)

ロードバイクのスタンドってどんなときに必要?

ロードバイクのスタンドは、室内でロードバイクを保管するために必要です。
また、メンテナンスの際にもあると便利です。
メンテナンスするときに支えがあると、楽に後輪をとりはずすことができるからです。
一方で、走行中はあまり必要ありません。

  • 目的地まで走り切ることが多いので、停める機会がほぼない
  • 車体重量が重くなる

というのが理由です。

ロードバイクのスタンド画像

実際にロードバイクを停めるときは、壁や柱に立てかけるか、地面に寝かしておきます。
ロードバイクはそもそもスピードに特化した自転車なので、「車体重量が重くなることは避けたい」というのがロードバイク乗りの本音です。

ロードバイクのスタンドの種類

ロードバイクのスタンドの種類は大まかに分けると次の4タイプに分類されます。

室内用 屋外でも使用可
  • 縦置き型ディスプレイスタンド
  • 折り畳み式ディスプレイスタンド
  • 携帯式スタンド
  • 直接取り付けるスタンド

次の章では、どんな人がどの種類のスタンドを選ぶべきかを解説します。
各スタンドについての説明に加えて、ロードバイク乗り(当社整備士)によるコメントも記載しています。
参考にしてみてくださいね!

【室内用】縦置き型ディスプレイスタンド

MINOURA P-500AL-6S
¥26,000(税込)
支柱表面-フック中心距離:140mm
左右フック間隔:325mm~415mm
フック最大対応径:60mmまで

MINOURA P-500AL-6S 商品画像

出典 http://www.minoura.jp


バイクタワー20D
¥ 20,520(税込)
2,100mm~2,700mm(無段階調整)
支柱表面-フック中心距離:100mm
左右フック間隔:325mm~415mm
フック最大対応径:60mmまで

バイクタワー20D 商品画像

出典 http://www.minoura.jp

縦置き型ディスプレイスタンドの良いところ

  • 2台を縦に保管できるので、室内スペースの有効活用ができる
  • メンテナンスする際に車体が浮くので便利

縦置き型ディスプレイスタンドの注意点

  • 他種のスタンドよりも価格が5~10倍高い

整備士のコメント

安いものは壊れやすいです。
同じように見えても、信頼の置ける有名メーカーの物を選びましょう。
(ロードバイク歴10年)

そもそも部屋に置ける大きさか注意しましょう。
(ロードバイク歴4年半)

MINOURA バイクタワーが業界的に定番の品であったので購入。
スタンドの転倒予防になるので、できれば壁に穴を開けて固定したほうが良い。
(ロードバイク歴9年)

床おき式のため、天井の強度などを気にする必要が無い。
(ロードバイク歴10年)

【室内用】折り畳み式ディスプレイスタンド

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式
¥ 2,800(税込) 
展開時 H380 × W305 × D285mm
収納時 L420 × W305 × H40mm  

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 商品画像
MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 使用画像   

出典 http://www.minoura.jp

折り畳み式ディスプレイスタンドの良いところ

  • 縦置き型と比べてスタンド自体がコンパクト
  • メンテナンスする際に車体が浮くので便利

折り畳み式ディスプレイスタンドの注意点

  • 使用しているクイックシャフトのレバーサイズによって取り付けにくい場合がある

整備士のコメント

折り畳み式のディスプレイスタンドは室内保管用としても使用できるので、ほぼ必需品レベルで、金額もそこまで高くないので、買っておいて損はないです。
(ロードバイク歴:4年半)

クイックレリースを挟むディスプレイスタンドが使いやすい。
(ロードバイク歴:10年)

【屋外でも使用可】携帯式スタンド

ワンタッチ簡易スタンド 折りたたみ式
¥ 1、700円(税抜き) 
サイズ表記無

ワンタッチ簡易スタンド 折りたたみ式 商品画像

出典 http://www.noguchi-shokai.co.jp


TPEAK FlashStand[ フラッシュスタンド ]
¥ 4,600(税抜き) 
使用時 : L500 x W225mm
折畳みサイズ : L190 x W80 x H45mm

TPEAK FlashStand[ フラッシュスタンド ]商品画像

出典 http://www.topeak.jp

携帯式スタンドの良いところ

  • コンパクトに折りたためる
  • 室内でも屋外でも使える
  • メンテナンスする際に車体が浮くので便利

携帯式スタンドの注意点

  • 取り出してセットする必要があるので多少手間がかかる
  • 片足タイプは風等で倒れてしまうことがある
  • ダウンチューブを支えるタイプは、太いカーボンバイクには使えない可能性がある

整備士のコメント

持ち運びやすさと軽さで選びました。
出先で立てかける場所が無かったときに役に立ちます。
(ロードバイク歴10年)

【屋外でも使用可】直接取り付けるスタンド

SAGISAKA(サギサカ) アジャストアルミスタンド
カラー 2色 ¥24,000~(税別)

 SAGISAKA(サギサカ) アジャストアルミスタンド 商品画像
 ロードバイク片足スタンド 取付画像

(※取付画像はイメージです。紹介している商品とは異なります。)

SAGISAKA(サギサカ) アジャストアルミスタンドを見る

直接取り付けるスタンドの良いところ

  • 場所を気にせず、どこでもすぐにロードバイクを停めることができる

直接取り付けるスタンドの注意点

  • チェーンステーに直接取り付ける場合、フレームを痛めてしまう。
  • ロードバイクの重量が重くなる
  • 後輪が浮かないため、メンテナンスには不向き

整備士のコメント

ロードはそもそも軽量に作られているので、わざわざ錘をつけるのはナンセンスです。また、スタンドに頼った駐輪をしていると、目を放した隙に倒れて傷がついたりするので、スタンドはそもそもお勧めしません。
(ロードバイク歴10年)

ロードバイクのスタンドの選び方

【室内用】スタンドの選び方

ロードバイクを2台所有しているorする予定がある

縦置き型ディスプレイスタンドがおすすめです。
上下に設置できるので、ロードバイクに場所を占領されません。
また、インテリアのようにおしゃれにロードバイクを保管できるのも嬉しいポイントですね。

2台目のロードバイクを購入する予定がない

折り畳み式ディスプレイスタンドがおすすめです。
一台であれば、折り畳み式ディスプレイスタンドで充分対応できるからです。

【屋外でも使用可】スタンドの選び方

街乗りや通勤通学がメイン

ロードバイク通勤画像

街乗りや通勤通学でロードバイクに乗る方には、直接取り付けるスタンドがおすすめです。
一度取り付けてしまえば外出時に携帯する必要がなく、時間がないときでも簡単に停められるからです。

サイクリングを楽しみたい

ロードバイクサイクリング画像

ロードバイクで本格的なサイクリングを楽しみたい方には、携帯式スタンドがおすすめです。
目的地まで停める機会が少なく、自転車の重量も増えないのでスピードが出やすいからです。

最後に

いかがでしたか?

自分に適したロードバイクのスタンドはおわかりいただけましたか?
自転車通販サイトcyma-サイマ-では、今後も自転車やパーツのラインナップを充実させていきます。
これからロードバイクを購入予定の方は、関連記事もあわせて読んでくださいね!

よくある質問

Q. ロードバイクのスタンドってどんなときに必要?
A. ロードバイクのスタンドは、室内でロードバイクを保管する場合に必要です。また、メンテナンスの際にもあると便利です。
Q. ロードバイクのスタンドってどんな種類があるの?
A. 大きくわけると屋内用(縦置き型ディスプレイスタンド・折りたたみ式ディスプレイスタンド)と、屋外用(携帯式スタンド・直接取り付け)の4種類に分類されます。
Q. 屋内用のスタンドってどうなの?
A. 2台まで縦に保管できるので室内スペースの有効活用ができたり、メンテナンス時に車体が浮くので便利だったりします。しかし便利なぶん価格も他のスタンドより高価なものがほとんどです。
Q. 折りたたみ式ディスプレイスタンドってどうなの?
A. 縦置きタイプと同様車体が浮くのでメンテナンスをしやすいうえ、コンパクトなので場所もとりません。但し、サイズによって取り付けにくい場合もあります。

関連記事

ロードバイクについてもっと知りたい人はこちら

自転車のお役立ち情報についてもっと知りたい人はこちら