自転車用ヘルメットの選び方のポイント~ロードバイク乗りのコメント付き~

自転車用ヘルメット画像

「ロードバイクに乗るなら、やっぱりヘルメットをしたほうがいいのかな?」
「ヘルメットが欲しいけど、何に気を付けて選んだらいいか分からない!」
と思っていませんか?

そこで今回は、実際にヘルメットを愛用している5人のロードバイク乗りの声を踏まえて、ヘルメット選びで気になるあれこれをご紹介します!
(※本文中に記載されている価格は2018年11月30日時点のものです)

自転車にヘルメットって必要?

自転車に乗るときは、万が一に備えてヘルメットを着用することをおすすめします。
自転車事故における死亡理由の、7割が頭部の致命傷だからです。

 平成27年から29年都内の自転車事故死亡者の損傷部位の割合
平成27年から29年都内の自転車事故死亡者の損傷部位の割合(出典 自転車用ヘルメットの着用 警視庁)

法令上では、一般の自転車利用者は事故の被害を軽減させるために、ヘルメットを着用する義務があります。
また、交通事故総合分析センターからは、「へルメットを正しく着用することで、頭部の損傷による死亡のリスクが1/4に軽減される」と報告されています。
特にロードバイクはシティサイクルよりもスピードが出ます。
事故に遭遇した時に被害を最小限にするためにも、自転車に乗るときは常にヘルメットを着用するようにしましょう。

ロードバイク乗りに聞いてみた!自転車用ヘルメット選びのポイント

自転車用ヘルメット選びのポイント画像

ここからは、ロードバイク歴4~10年の5人の体験談をもとに、実際にヘルメットを選ぶときに役に立つポイントをおさえていきます。 ポイントはズバリ以下の3点です!

  • 試着して自分の頭に合ったものを選ぶ
  • 軽いものを選ぶ
  • 自転車のカラーに合わせて選ぶ

それぞれのポイントについて分かりやすく解説していきます!

試着して自分の頭に合ったものを選ぶ

自転車用ヘルメット選びのポイント詳細画像

ヘルメットを選ぶ時は、実際に試着して頭まわりの大きさやフィット感が最適かをチェックすることが重要です。
サイズが小さすぎると頭が痛くなったり、大きすぎるとずれてしまったりすることがあるからです。
また、日本人と欧米人とでは頭の形が違うと言われています。

  • 欧米人の頭部形状:頭部は縦長に近く、側頭部が狭く額・後頭部が張り出している。
  • 日本人の頭部形状:頭部は円形に近く、側頭部も張り出している。

国内メーカーの製品は日本人の頭の形に合わせてありますが、それでも合わないという人もいます。
「頭のサイズに合わないものを買ってしまい、結局買いなおすことになってしまった…」
という失敗をしないためにも、ヘルメットを選ぶ時は必ず試着して、頭にフィットするかどうかを確かめましょう。

軽いものを選ぶ

ヘルメットの重量が軽いことも、選ぶうえで大事なポイントです。
実際にロードバイク乗りの声を聞くと、5人中4人が「このヘルメットを買ってよかった点」として「軽さ」と回答しています。
長時間かぶることもあるヘルメットだからこそ、疲れにくい軽いヘルメットがおすすめです。
ただし、軽さを優先しすぎて安全性を犠牲にしている製品もあるので、極端に安いものには注意しましょう!

自転車のカラーに合わせて選ぶ

自転車用ヘルメット選びのポイント詳細画像

ロードバイク乗りの声の中に、
「お気に入りのバイクに似合うカラーのヘルメットを購入するのも良いですよ!」
というものがありました。
愛用の自転車に合う色や柄を念頭に探すと、お気に入りのヘルメットが見つかりやすくなります。
色々な組み合わせで、トータルコーディネートも楽しめますね。
自転車だけでなくヘルメットにも愛着がわくと、ロードバイクに乗って出かけるのがより楽しくなることでしょう!

おすすめの自転車用ヘルメットを紹介

今回参考にしたロードバイク乗り5人の、愛用のヘルメットをご紹介します!

S-WORKS EVADE II
カラー 3色 ¥28,080(税抜)

 S-WORKS EVADE II
出典 https://www.specialized.com

ロードバイク乗りの声

日本人の頭の形にあったものを選ぶ、あとは見た目が全て。だから僕はSpecializedをおすすめします。
お気に入りのブランドやメーカーを見つけると、信頼感がバツグンです。
(ロードバイク歴6年)


KOOFU WG-1
カラー 16色 ¥24,000(税抜)

 KOOFU WG-1
出典 http://www.koofu.jp

ロードバイク乗りの声

軽量であることがこのヘルメットの良いところ。
ただマイナーブランドだと、替えパッドや補修パーツなどが充実してないところがイマイチ。
(ロードバイク歴6年)


GIRO SYNTHE
カラー 12色 ¥23,000(税抜)

 GIRO SYNTHE
出典 http://www.diatechproducts.com

ロードバイク乗りの声

軽くてデザインも気に入っています。
良くも悪くも、耐久年数が3年ときっちりきまっているんです。
価格が高いことが気になる点。
(ロードバイク歴4年)


OGK Kabuto ZENARD
カラー 12色 ¥23,000(税抜)

 OGK Kabuto ZENARD
出典 http://www.ogkkabuto.co.jp

ロードバイク乗りの声

軽くて通気性がいい。
OGK(オージーケー)は日本人の頭に合いやすいからおすすめです。
(ロードバイク歴10年)


KASK MOJITO
カラー 2色 ¥18,500(税抜)

 KASK MOJITO
出典 http://www.ogkkabuto.co.jp

ロードバイク乗りの声

軽さとフィット感、ヘルメットが大きく見えないところが気に入っています。
ただ、良いものはやっぱり価格が高いのが悩ましいところ。
(ロードバイク歴8年)

自転車用ヘルメットの買い替えのタイミングは?

メーカー推奨の買い替え時期は使用開始から3年後です。
どれだけ良い物でも雨風や紫外線にさらされるため、劣化することは避けられません。
また、衝撃を受けたらその都度買い替えるのがベストです。
ヘルメット内の発泡スチロールが経年劣化・破損すると、十分な安全性を発揮できなくなってしまうからです。
いざという時のためにも、使い初めて3年、または転倒・衝突などの衝撃を受けた時には買い替えるのが良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?

ヘルメットを選ぶときのポイントをおさらいすると、

  • 試着して自分の頭に合ったものを選ぶ
  • 軽いものを選ぶ
  • 自転車のカラーに合わせて選ぶ

でした。
でも、どんなにこだわって選んでも、着けていなければいざと言うときに役に立ちません。
自転車に乗るときは必ずヘルメットを着けて、安全にロードバイクライフを楽しみましょう!
また、ロードバイクの購入を検討している方は、ぜひ当自転車通販サイトcyma-サイマ-を見に来てくださいね!

関連記事

【価格帯別】おすすめのロードバイク6選&おすすめ6メーカー、4つの選び方も紹介

ロードバイクの4つの選び方&初心者・中級者におすすめのモデル6選

【初心者入門】ロードバイクに乗り始めるまでの道のりを徹底解説!