【初心者入門】ロードバイクに乗り始めるまでの道のりを徹底解説!

ロードバイク 入門

「ロードバイクに乗り始めたいけど、何を買えばいいかわからない。
「ロードバイクっていくらかかるの?

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

確かに今からロードバイクに乗り始めようとする人にとっては、ロードバイクに乗り出すまでのハードルが高く感じますよね。
でも大丈夫。
この記事では、ロードバイクに乗り始めるまでに何をしたらいいのか何に気を付けて選んだらいいのかを、簡単に説明していきます。

ぜひ、参考にしてみてください!

すぐに初心者におすすめのロードバイクをチェックしたい方はこちら>>

ロードバイク入門への道① ロードバイクとは?

ロードバイクとは?

ロードバイクとは、舗装路を高速で走るために作られた自転車です。
元々はレース用に作られた自転車であるため、高速で長時間走行できるような工夫がされています。

主な特徴は次の3点です。

  • 空気抵抗を減らすために前傾姿勢を取りやすい形状のハンドル
  • 加速しやすくするために軽い素材を使用したフレーム
  • 地面との摩擦を減らし、スピードを出すための細いタイヤ
 

つまり、速く走ることに特化した自転車だということです。

ロードバイク入門への道② ロードバイクの選び方は?

ロードバイクの選び方は?

ここからは、ロードバイクの選び方について簡単に説明していきます。

 

↓より詳しい選び方を知りたい方はこちらしを参考にしてみてください。

 

ロードバイクを選ぶ際に重要なポイントは、次の3点です。

  • 自分の体にあったロードバイクを選ぶ
  • 予算を決めてロードバイクを選ぶ
  • 自分の気に入ったデザインを選ぶ

自分の体にあったロードバイクを選ぶ

ロードバイクを選ぶ時は、自分に合ったサイズのものを選ぶことが最も重要と言えます。
なぜなら、フレームサイズが合わないと、無理な体制でロードバイクに乗ることになるため、ケガのリスクが高まるからです。

自分に合ったサイズのロードバイクを選ぶ方法には、次の2通がりあります。

  • 実際に試乗して選ぶ
  • 適応身長を目安に選ぶ

試乗して選ぶには、実際に自転車屋さんに行く必要があるので、手間を掛けてでも高いパフォーマンスを出したい人におすすめです。
手間を掛けずに気楽にロードバイクを楽しみたいという人には、適応身長を目安にして選ぶ方法がおすすめです。
基本的に実店舗でも通販サイトでも、フレームに対してどれくらいの身長が適正であるか表示をしているので、そちらを参考にして選んでみてください。

 

予算を決めてロードバイクを選ぶ

次に、予算からどれくらいの価格帯のものが買えるかを考えてみましょう。
ここでは以下の3通りの予算に分けて説明します。

予算5万円以下

5万円以下で買えるロードバイクは、実は「ルック車」と呼ばれるもので、走行性能としてはママチャリに相当します。
そのため、サイクリング用ではなく、日常的な移動手段や5km以下の通勤・通学として乗ってみたいという人にちょうど良いでしょう。

予算5~10万円

予算を5~10万円で想定すると、有名メーカーのエントリーモデルに手が届くようになります。
今からロードバイクの世界に入門しようとする人や、5km以上の通勤・通学用として使いたい人は、5~10万円程度のものを選ぶことをおすすめします。
もちろん、ちょっとしたサイクリングにも適しています。

予算10万円以上

10万円以上の価格帯は、レースに出場することも可能なロードバイクが手に入る価格帯です。
ヒルクライムやロングライドなど、本格的にロードバイクを楽しみたいという人におすすめです。

フレームの素材から選ぶ

フレームは、ロードバイクの核となるパーツです。
前輪と後輪をつなぎ合わせ、乗り手の体重を支える役目を果たしています。

ロードバイクのフレームは主にアルミ、クロモリとカーボンで作られています。
各素材によって特色は次の様に大きく異なります。

メリット デメリット
カーボン 超軽量
  • 高価
  • 衝撃に弱い
アルミ 安価 振動吸収性が弱い
クロモリ 衝撃に強い
  • 重量が重い
  • 錆びやすい

初心者におすすめのフレーム

カーボンがフレーム素材としては最も優秀です。
最も軽く強度も高いです。
しかし、初心者におすすめの素材はアルミとクロモリです。
カーボンよりも安価で耐久性があるためです。
カーボンフレームのロードバイクは20万円以上しますし、倒れただけでフレームが折れてしまうこともあります。
以上の理由から、初心者におすすめの素材はアルミとクロモリと言えます。

アルミとクロモリの違い

アルミとクロモリの違いは重量と衝撃吸収性にあります。

  • アルミ:クロモリより軽量でサビに強い
  • クロモリ:アルミより衝撃吸収性があり快適な乗り心地を感じられる

重量やメンテナンスのしやすさを取るか、乗り心地を取るか、好きな方を選びましょう。

コンポーネントから選ぶ

コンポーネントのグレードと性能の違い

コンポーネントとは、スポーツバイクに装備されている構成パーツを総称した呼び名です。
具体的には、ディレイラー(変速機)やブレーキ、クランク、変速レバーなどを指します。

コンポーネントを製造するメーカーでは

  • 日本の「SHIMANO(シマノ)」、
  • イタリアの「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」

が有名です。

コンポーネントのグレードと性能の違い

コンポーネントにはグレードがあります。
SHIMANO(シマノ)を例に上げると以下のようになります。

コンポーネント名(グレードの高い順) ギア数
DURA-ACE(デュラエース) 11枚
ULTEGRA(アルテグラ) 11枚
105(イチマルゴ) 11枚
TIAGRA(ティアグラ) 10枚
SORA(ソラ) 9枚
CLARIS(クラリス) 8枚
TOURNEY(ターニー) 7枚

グレードの高いコンポーネントほど、多段化し、軽量になり、耐久性や操作性も良くなります。
操作性が良くなる例は次の3つです。

  • ブレーキの制動力が上がり、スピードを制御しやすくなる
  • 変速段数が多いので、より状況に合ったギアを選択できる
  • 変速時のチェーンの切り替わりがスムーズになる

初心者におすすめのコンポーネント

初心者には、「Tourny(ターニー)」「SORA(ソラ)」「CLARIS(クラリス)」「TIAGRA(ティアグラ)」の中から選ぶことをおすすめします。
理由は次の2つです。

  • 初心者にとって十分な性能があるため
  • 105(イチマルゴ)より上位のグレードのコンポーネントを搭載したロードバイクは、価格が高く、20万円以上するため

後で紹介する初心者におすすめのロードバイクにも、Tourny(ターニー)、SORA(ソラ)、CLARIS(クラリス)を搭載したロードバイクがあります。
気になった人は参考にしてみてください。

タイヤ・ホイールから選ぶ

タイヤ・ホイールについて

ロードバイクのタイヤ・ホイールにはタイヤサイズがあります。
タイヤサイズは700×25cなどの表記で表されます。
これは外径約700mm、幅25mmで、c規格に適合するタイヤという意味です。
(外径はタイヤの幅によって多少大きさが変わります。)
規格はa〜dまでありますが、日本ではほとんどcしか使われていないので、特に気にしなくて良いです。

ホイールの外径について

ホイールの外径の大きさは次のような関係になっています。
26インチ<700C<27インチ
外径が大きいほど、適応身長も大きくなる傾向にあります。
とはいえ、同じホイールの外径でも本体設計の違いで適応身長が違ってくるので、ホイールの外径だけで自分の体に合っているか判断しないようにしましょう。

タイヤの幅について

タイヤの幅は、23C以下なら細めのタイヤ、25C前後なら標準的な太さ、28C以上なら太めのタイヤと言えます。
細いタイヤほどスピードが出て、太いタイヤほど安定した走りができます。
地面と接する面積の違いで、摩擦抵抗の大きさが変わるためです。
タイヤ幅による用途の違いは次のようになっています

細めのタイヤ(23C以下) 標準的な太さのタイヤ(25C前後) 太めのタイヤ(28C以上)
  • 山岳等、傾斜のある道
  • スピードが変化する
  • ヒルクライム
  • 平坦な一本道
  • 一定のスピード
  • ロングライド
  • 非舗装路もある道
  • 段差が多い街乗り

用途に応じて適したタイヤ幅を選びましょう。

最後に、ロードバイクを買う前提として、費用の目安は「ロードバイク車体価格+2万円」と言われています。
ロードバイク本体以外にも必要な装備がいくつかあることを、念頭に置いておきましょう。

ロードバイク入門への道③ ロードバイクを選ぶ時に注意することは?

ロードバイク初心者によくある失敗

初めてロードバイクを購入する人によくある失敗は、次の2つです。

  • ロードバイクとクロスバイクを間違えてしまう
  • 値段につられて激安なロードバイクを買ってしまう

それぞれ気を付けるべきポイントについて、紹介していきます。

ロードバイクとクロスバイクを間違える

まずロードバイクが「速く走ることに特化した自転車」であることに対して、クロスバイクは「どんな用途でも使いやすい自転車」と言うことができます。
そのため、ロードバイクとクロスバイクの違いはどれも、そこに結論付けられます。
その違い1つが、ハンドルの形です。

ロードバイク クロスバイク
ドロップハンドル フラットバーハンドル

ロードバイクは、スピードを出すために前傾姿勢にもなれるドロップハンドルを採用しています。
一方でクロスバイクは、上体を起こしたまま楽に走行できるフラットバーハンドルを採用しています。

また、価格帯も大きく違います。
ロードバイクの相場が10万円以上なのにくらべて、クロスバイクは5万円程前後が一般的な価格になってきます。

↓ロードバイクとクロスバイクの違いをもっと詳しく知りたい人には、こちらの記事がおすすめです。

先ほどの繰り返しになりますが、用途や予算と照らし合わせて、今自分がほしいのはロードバイクなのかクロスバイクなのかを、一度考えてから選んでみてもいいかもしれませんね!

 

↓クロスバイクが気になる人はこちらを参考にしてみてください。

激安のロードバイクには要注意!

一般的に、5万円以下の安いロードバイクは、いわゆる「ルック車」と呼ばれるものです。
ルック車とは、価格が安い代わりに走行性能の低い自転車のことです。
ロードバイクと思って濃いでも、思ったようには前に進みません。
また、すぐに壊れてしまい、修理代がかかる可能性もあります。
なぜなら、パーツの品質と、組み立ての質を極限まで落として作っているためです。
もし自転車レースや本格的なロングライド、ヒルクライムも視野に入れているなら、おすすめしません。

そもそも、ロードバイクの相場が10万円以上なのにくらべて、クロスバイクは5万円程前後が一般的な価格です。
もし、予算的に5万円が限界という方はクロスバイクも検討してみてもいいかもしれません。

↓次の記事ではクロスバイクの中でも安いモデルが紹介されています。 少しでも安くスポーツ自転車が欲しいという方はぜひチェックして見てください。

プロの自転車整備士が組み立てたロードバイクを紹介しています!

この記事で紹介するロードバイクは5万円以下のものもありますが、組み立ての質は高いです。
なぜなら、すべてプロの自転車整備士が組み立てているためです。
気に入ったものがあれば安心して購入してくださいね。

ロードバイク入門への道④ ロードバイクを始める際に必要なアイテムは?

ここではロードバイクに乗り始める際に必須となる3つのオプションを紹介します。

  • ライト
  • 空気入れ

ライト

ライト

ライトは「明るさ」と「バッテリー形式」の2点に注意して選ぶことが重要です。
 

明るさ

明るさは、市街地を走行する場合300ルーメン以上が良いでしょう。
なぜなら、法令で自転車のライトの明るさの基準は
白色または淡黄色で、夜間に前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる明るさ であると定められており、上記の基準を満たすものが300ルーメン前後であるためです。

※ルーメンとは、光そのものが放つ光の強さで、ライトそのものの明るさを表現する際によく使われる単位です。

バッテリー形式

バッテリー形式は、大きく分けて「乾電池」と「充電池」の2つあります。
乾電池を使用するライトは、突然のバッテリー切れでもコンビニなどですぐ対応できる所が便利です。
一方充電池を使用するライトは、ランニングコストが安い所がポイントです。

最近は徐々に充電池タイプのライトが主流になってきています。
値段も様々なので、明るさが300ルーメン以上であれば、あとは予算内で自分の気に入ったライトを選ぶことをおすすめします!

鍵

ここでは、鍵の種類と、初心者におすすめの鍵を紹介していきます。

鍵の種類

鍵は大きく分けての4つの種類があります。

  • U字ロック
  • ワイヤーロック
  • チェーンロック
  • 折りたたみ式ロック

U字ロック

比較的高価で、重さはありますが、堅牢でロードバイクを守るためには最適な鍵だと言えます。 特にこだわりがなければ、初心者の方にはU字ロックがあると安心です。

ワイヤーロック

軽量で安価ではありますが、ロードバイクを保護するためには少し強度不足ではあります。
短時間の駐輪にはワイヤーロックで問題ないでしょう。

チェーンロック

U字ロックには及びませんが、堅牢である程度長さがあるためロックがしやすい所が特徴です。
さらに持ち運びしやすいところから、初心者の人はまずこちらを買うことをおすすめします。

折りたたみ式ロック

小さく折りたためるため、持ち運びがしやすい所がポイント。
見た目もスタイリッシュです。

空気入れ

快適な走行を楽しむためには、タイヤに適切な量の空気が入っていることが重要です。
ロードバイクに限らず自転車は全て、走行中はもちろん、乗っていない間でも空気量は減少していきます。
空気量の減ったタイヤで走行すると、

  • 乗り心地が悪い
  • パンクのリスクが高まる

などといったデメリットがあります。

そのため、1週間に1度程度はロードバイクに空気を入れることが重要です。

また、空気入れを選ぶ際はタイヤにあった型式を選ぶようにしましょう。
一般的な自転車は「英式バルブ」を採用しているため、空気入れもそれに対応した英式バルブ用のものが多いです。
対して多くのロードバイクは「仏式バルブ」を採用しています。
空気入れを買うときは、自分のロードバイクのバルブが何式なのかを確認してから選ぶようにしましょう。

ロードバイク入門への道⑥【コスパ最強】初心者におすすめのロードバイク入門セット

この節では、次の必ず持っておきたい3つの必須パーツがセットになった「ロードバイク入門セット」を紹介します。 もちろん、セット価格なので通常よりもお得に購入できます!

  • ループワイヤー錠
  • LEDライト
  • 空気入れ

また、下記リンク先ではセットパーツの詳細や、ツーリングに挑戦できるパーツがセットの「ロードバイク入門ワイドセット」も掲載されています。
気になる人は見てみてください。

パーツ単体で買うよりお得!日本発ブランドNESTOのロードバイク入門セット

ロードバイク入門セット/FALAD-K
カラー 3色 ¥64,623~(税別)

700C:適応身長 160cm~175cm 重量 9.2kg

ロードバイク入門セット/FALAD-K商品画像

このロードバイク入門セットを見る

ドロップハンドルは握り箇所によって様々な体勢で乗ることができるのが楽しみの一つ。
このFALADは、フラットハンドルのような握り方でもサブブレーキレバーを標準で装備しているので初心者の方でも安心して乗ることが可能です。
必要パーツはセットになっているので、届いたらすぐ乗り出せます。

ロードバイク入門への道⑥ 初心者におすすめロードバイク5選

ここからは、ロードバイク入門に最適な初心者におすすめのロードバイクを紹介していきます!
次の5つのタイプを紹介します。

  • 女性向け
  • 格安!コスパ最強!
  • クラリス(Claris)搭載
  • ソラ(SORA)搭載
  • レースも見据えているあなたへ

【女性向け】初心者におすすめのロードバイク

リズムロード
カラー 1色 ¥36,942(税別)
700C: 適応身長155~ 重量13.1kg

 リズムロード 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

アルミ製パーツを使った12kgの軽量モデル

このロードバイクの特徴

  • 信頼性の高いシマノ(shimano)製14段変速機を搭載
  • 駐輪時に便利な片足スタンドを搭載
  • 長時間走行でも疲れにくいサドル
  • ボトルホルダー取り付けが可能で、ツーリングにも最適

このロードバイクの口コミ

ピッタリに組まれてて、すぐに乗り回せました! 快適で満足です!ディティールも白で統一されていて、良いと思います!

対応が速やかでした。自転車自体も確実に組み立ててあり安心出来ました。

初ロードバイクでしたが、乗り心地もよく、ペダルも軽くてスイスイ進みますので長距離移動でも役立ってます。(一部抜粋)

【格安!コスパ最強!】初心者におすすめのロードバイク

FALAD-K
カラー 3色 ¥59,723~(税別)
700C:フレームサイズ465mm 適応身長160~175cm 重量9.2kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長160~175cm 重量9.2kg

 FALAD-K 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

コスパ抜群!
日本ブランドNESTOのエントリーロード

このロードバイクの特徴

  • メインコンポーネントはシマノ(shimano)製「TOURNEY(ターニー)」を採用
  • フロント2リア7の14段変速機を搭載
  • 車体重量が9kg台の軽量モデル
  • 有名メーカーGIANT(ジャイアント)の工場で作られたアルミ製のフレームを使用。
  • 裾汚れを防ぐ、チェーンリングカバーを標準装備
  • クイックリリースレバー付で簡単に車輪の着脱が可能
  • 「サブブレーキレバー」で通常の自転車のハンドルの握り方でブレーキがかけられる。

このロードバイクの口コミ

初めてのスポーツバイクで、とても軽くて持ち運びが楽です。いい感じでとても気に入ってます。(一部抜粋)

エントリーモデルですがこれで充分満足です。これからビンディングペダルを取り付けてヒルクライムに挑戦したいと思っています。

パーツ単体で買うよりお得!FALAD-Kのロードバイク入門セット

ロードバイク入門セット/FALAD-K
カラー 3色 ¥64,623~(税別)
700C:適応身長 160cm~175cm 重量 9.2kg

ロードバイク入門セット/FALAD-K商品画像

このロードバイク入門セットを見る

FALAD-Kには、次の必ず持っておきたい3つの必須パーツがセットになった「ロードバイク入門セット」があります。

  • ループワイヤー錠
  • LEDライト
  • 空気入れ

FALADは、フラットハンドルのような握り方でもサブブレーキレバーを標準で装備しているので初心者の方でも安心して乗ることが可能です。
必要パーツはセットになっており通常よりもお得に購入でき、届いたらすぐ乗り出せます。

また、下記リンク先ではセットパーツの詳細や、ツーリングに挑戦できるパーツがセットの「ロードバイク入門ワイドセット」も掲載されています。
気になる人は見てみてください。

【クラリス(Claris)搭載】初心者におすすめのロードバイク

ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 -2018モデル-
カラー 3色 ¥88,800~(税別)
700C:フレームサイズ440mm 適応身長155~168cm 重量11.2kg
700C:フレームサイズ490mm 適応身長165~179cm 重量11.4kg
700C:フレームサイズ540mm 適応身長176~190cm 重量11.5kg

 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 -2018モデル- 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと??

エントリーロードバイクとして最適な1台

このロードバイクの特徴

  • 軽くて錆びにくいアルミフレームを使用
  • メインコンポーネントはシマノ(shimano)製「クラリス(Claris)」を採用
  • フロント2リア8の16段変速機を搭載
  • LEDライト、ワイヤー錠を標準装備
  • 自転車安全基準の「BAAマーク」※を取得したモデル
 

※「BAAマーク」とは、自転車協会が定めた90項目以上の安全基準に合格した自転車に貼り付けされるマークのことです。

このロードバイクの口コミ

サドルの高さを調節もいらず、すぐに乗ることができました。快適に走っています。

【ソラ(SORA)搭載】初心者におすすめのロードバイク

ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D18 -2018モデル-
カラー 2色 ¥98,900~(税別)
700C:フレームサイズ440mm 適応身長155~168cm 重量10.9kg
700C:フレームサイズ490mm 適応身長165~179cm 重量11.2kg
700C:フレームサイズ540mm 適応身長176~190cm 重量11.1kg

 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D18 -2018モデル- 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと?

ブリヂストン(BRIDGESTONE)が作るCYLVAシリーズのフラッグシップモデル

このロードバイクの特徴

  • シマノ製「ソラ(SORA)」の18段変速機を搭載
  • 28Cの太さで安定性のあるタイヤ「DISTANZA」を採用
  • 同シリーズ「CYLVA D16」と比べて約200g軽量なアルミフレームを採用

このロードバイクの口コミ

完成度高いです。本格的ロードも乗っていますが、通勤通学などの普段乗りから、そこそこのロングライドも難なくこなせますよ。ブレーキレバーが2ヶ所付いているのはとても便利です。

【レースも見据えているあなたへ】初心者におすすめのロードバイク

VOLANT / ULTEGRA R8000
カラー 2色 ¥214,900~(税別)
700C:フレームサイズ470mm 適応身長163~170cm 重量8.6kg
700C:フレームサイズ500mm 適応身長168~175cm 重量8.6kg
700C:フレームサイズ520mm 適応身長173~180cm 重量8.3kg

 VOLANT / ULTEGRA R8000 商品画像

このロードバイクを見る

このロードバイクを一言で表すと?

初心者から上級者までおすすめの本格ロードバイク

このロードバイクの特徴

  • シマノの上位グレード「ULTEGRA(アルテグラ)」の新型モデル「R8000」をフルスペックで搭載。
  • フルカーボンエアロフレームで車体重量8kg台の軽量モデル
  • ロングライドも、ヒルクライムも対応できる万能モデル
  • NOVATEC製、シマノ製からホイールを選択可能

このロードバイクの口コミ

届いて乗ってみたら、あまりの軽さにめっちゃビックリしました。 トライアスロンのレースに出ますが、急な坂も快適に上れそうです! バイクシューズが装着できるペダルへの交換がよく分からず。。。 注文時にペダルの種類を選択できるようになっていれば良かったです。

最後に

ここまで、ロードバイクを乗り出すまでに何をすればいいか、何に気を付けて選んだらいいのかを説明してきました。
これでもう、あなたはロードバイクに乗り出す準備は万端なはずです!

ぜひ、あなたにぴったりなロードバイクを見つけて、ロードバイクの世界に足を踏み入れてみてください!

ちょっと気になるロードバイクのQ&A

Q. ロードバイクを選ぶなら何から始めたらいい?
A. ロードバイクを選ぶなら、まずはロードバイクを何に使いたいかを考えてみましょう。
通勤用、ロングライド用、レース用など、用途によって使いやすい機能やスペックが異なってくるためです。
Q. 自分に合うサイズを選ぶにはどうしたらいい?
A. 自分の体に合うサイズのロードバイクは、実際に試乗して選ぶ、または適応身長を目安に選ぶといいでしょう。
メーカーが同じでも、適応身長は車種それぞれで違うためです。
Q. ロードバイクを買うなら予算はいくら?
A. ロードバイクを買うなら、5~10万円が目安です。
有名メーカーのエントリーモデルに手が届くくらいの予算は見積もっておくことをおすすめします。
Q. ロードバイクを選ぶ時の注意点は?
A. 5万円以下の極端に安いロードバイクはおすすめできません。
走行性能が低く、壊れやすいからです。
予算的に5万円が限界という方は、クロスバイクも検討してみてください。

関連記事