流行りのe-bikeで「かっこよく」「楽」に通勤できるおすすめ14車種を紹介

流行りのe-bikeで「かっこよく」「楽」に通勤しよう!おすすめ14車種を紹介

「e-bikeでの通勤はどんなメリットがある?」
「e-bikeで通勤するなら、気をつけることってなに?」
「通勤に向いているe-bikeが知りたい!」
と思っていませんか?

最近名前を聞く機会も増えてきましたし、e-bikeで通勤できたらかっこいいですよね。
しかし、e-bikeでの通勤がどういいのか、どんなe-bikeが通勤に向いているのか、あまりイメージできていないのではないでしょうか。

値の張る買い物になりますし、
「別にe-bikeじゃなくても良かったかも」
と後悔したくはないですよね。

そこでこの記事では、次の5つについて紹介します。

この記事の内容
  • e-bike通勤のメリット
  • e-bikeで通勤するにあたって注意してほしいこと
  • 通勤用e-bikeの選び方
  • 通勤に使いたくなるe-bike
  • 通勤以外のe-bikeの楽しみ方

記事の最後に、気になる疑問を解消するQ&Aもありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

(※本文中に記載されている価格は2019年09月11日時点のものです)

通勤にe-bikeがおすすめの理由は「日本の通勤事情」

yes or no

あなたは毎日の通勤に、何かとストレスを抱えてはいませんか?
長距離や傾斜の激しい坂道、満員電車や交通渋滞と、日本の通勤路は困難が多いもの。
そこで、それらのストレスを改善できるのが、e-bikeでの通勤です。

もともとe-bikeは、スポーツバイク(MTB、ロードバイク)ユーザーが体力的に厳しくなってからもスポーツバイクに乗れるようにとヨーロッパで人気の自転車です。
しかし日本では、スポーツバイクがあまり普及していなかったため、もっと使いやすいようにと 各メーカーが通勤利用を想定したモデルを発売するようになりました。
そこで最近では、 通勤にも使いやすい低めに価格が設定されたモデルが登場するようになったのです。

e-bikeのアシスト力と軽快さ は、坂が多い日本の地形を走るのに適しています。
もちろん、満員電車や交通渋滞の回避としても有効です。

これらの特徴から、e-bike通勤利用はおすすめできます。

通勤で使うメリットは2つ、「楽」に「かっこよく」出勤できること

メリット

通勤にe-bikeを使うことのメリットは、大きく2つあります。

  • 通勤が楽になる
  • 通勤する姿がスタイリッシュでかっこいい

ここでは、これらのメリットについて、詳しく紹介していきます。

メリット1.通勤が楽になる

通勤時間が短縮される

e-bikeはスポーツバイク並みに速く走れるため、普通の自転車や従来の電動アシスト自転車より速く目的地につけます。
通勤時間が短縮された分、 朝はいつもより少しだけゆっくりできる かもしれませんね。

どんな通勤路の地形、距離でもあまり疲れない

ゆっくり走るほどアシストがかかるので、坂道があってももラクラク登れます。
また、低速ではアシストがあり、加速してもペダルがあまり重くならないため、通勤路が長距離でもスイスイ進むのであまり疲れなくて済みます。

朝から爽快に出社できる

朝の通勤ラッシュでストレスを感じることも、渋滞でなかなか辿り着かない焦りを感じることもなくなります。
風を切って走ることで 爽やかな気持ちで出勤 できるでしょう。

メリット2.通勤する姿がスタイリッシュでかっこいい

従来の電動アシスト自転車とは全く違う、スポーティな見た目

電動アシスト自転車と言うと、ママチャリの見た目をイメージしてちょっとダサいと思う人もいるのではないでしょうか。
しかしe-bikeは電動機付きのスポーツバイクなので、 楽なのに見た目もかっこいい のです。
クロスバイクタイプのかっこいいe-bikeもあれば、ミニベロタイプのおしゃれなものもあります。

おしゃれな電動ミニベロ

仕事へのモチベーションを上げるためにも、スタイリッシュな通勤手段はいかがでしょうか。

休日にはツーリングでリフレッシュ

休日にはツーリングでリフレッシュ

最後に、e-bikeは通勤だけでなく休日のリフレッシュにも活用できます。
長距離を走ることに慣れてきたら、少し遠くへツーリングに行ってみるのもいいでしょう。
実際に、e-bikeに乗り換えたことで、行動範囲が広がったとのレビューもあります。
通勤だけでなく、 休日にはちょっと行動範囲を広げてフレッシュ にも活用してみてください。

参考口コミ

クロスバイクはロードとマウンテンの中間だって言われるのが実感できます。行動範囲が広がります。筋力の衰えを補助してくれるのでありがたいです。
(購入車種:ハリヤ、男性)

これら5つから、e-bikeで通勤すると「楽」に「かっこよく」出勤できるメリットがあります。

e-こんなあなたにはe-bike通勤がおすすめ!5つのパターン

e-bikeは、 電動アシスト自転車とスポーツバイクの良いとこ取りをした自転車 です。
先述したe-bikeの特徴やメリットから、つぎのいずれかに心当たりがある人は、e-bikeでワンランク上の通勤が楽しめるでしょう。

  • スポーツバイクよりさらに楽に通勤したい人
  • 通勤もかっこよさにこだわりたい人
  • スポーツバイク通勤に憧れるけど、体力的に続けられるか不安
  • 電動アシスト自転車で楽に通勤したいけど、お年寄りのイメージがあるから使いづらい
  • 通勤だけでなく、e-bikeを新しい趣味として楽しみたい

当てはまるものはありましたか?
次章では、e-bike通勤のデメリットを克服するワンポイントアドバイスを紹介していきます。
e-bikeでの通勤に不安要素がある人は必見です。

e-bike通勤のワンポイントアドバイス

ここでは、通勤でe-bikeを快適に使うために知っておいてほしいポイントを紹介していきます。
ポイントは次の3つです。

  • バッテリー切れに注意
  • 雨の日の交通手段の確保を忘れずに
  • カバンはリュックがおすすめ

バッテリー切れに注意

バッテリー切れ

慣れない最初のうちは、充電を忘れてしまうこともあるでしょう。
アシストがなくても軽くて走りやすいですが、必要な時にアシストが利かないのは不便ですよね。
そこで、乗り終わったら 毎回バッテリー残量を確認する ことをおすすめします。
たまに使う人ほど忘れやすいので、乗った後の確認を習慣にすることをぜひ目指してみてください。

雨の日の交通手段の確保を忘れずに

e-bikeに限らず、雨の日の自転車の使用は控えてほしいところ。
路面が滑りやすく、視界が悪いためケガの原因になりやすいからです。
あらかじめ 代替の通勤手段を確認しておく とより安心でしょう。

カバンはリュックがおすすめ

リュックで通勤

e-bikeは、カゴが取り付けられないタイプが多いです。
そのため、身に付けられるタイプのカバンが必要になります。
肩掛けカバンでも使えますが、安全や走りやすさを考えるとリュックがおすすめです。
念の為に 防水性のリュック を選んでおくと尚良いでしょう。

通勤向け!納得できる一台の選び方のポイント4つ

4

ここでは、次の4つのポイントに分けて通勤に最適なe-bikeの選び方を紹介していきます。

  • 価格
  • バッテリー容量
  • デザイン
  • オプション

Point1.価格

自分の求める走りと予算とを合わせてe-bikeを選ぶと、納得できる車種を見つけられるでしょう。

e-bikeの価格帯は、15~60万円と幅広いです。
そして価格が高いほど、グレードが高いe-bikeが買えます。
グレードが高いほど、よりなめらかで思い通りの走りが手に入ると考えていいでしょう。
予算と求める走りの快適さとを掛け合わせて考える ことをおすすめます。

30万以上

予算が30万以上なら、メーカーのこだわりが詰まったe-bikeが手に入るでしょう。

  • よりMTB、ロードレースの感覚に近い走りを体験したい人
  • コンポーネントやオプションなど、細部にまでこだわりたい人
  • 本格的な「走り」を楽しみたい人

におすすめのグレードです。

20~30万円

予算を20前後~30万円で考えると、ツーリングを十分に楽しめるe-bikeが手に入るでしょう。

  • 自分の思い通りのアシスト感を楽しみたい人
  • 本格的なe-bikeデビューしたい人

におすすめのグレードです。

15~20万円

予算を15~20万円で見積もると、通勤にはもちろん、ツーリングにも比較的使いやすいe-bikeが手に入るでしょう。

  • 通勤だけでなく遠出してツーリングも楽しみたい人
  • リーズナブルに本格派e-bikeを手に入れたい人

15万円以下

15万円以下の予算なら、e-bikeっぽいスポーツタイプの電動アシスト自転車が手に入るでしょう。
通勤に使いやすいオプションが取り付けてあるモデルは、この価格帯が多いです。

  • スポーツタイプの電動アシスト自転車デビューしてみたい人
  • 通勤に便利なオプションが付いているほうがいい人

この記事では、15万円前後のe-bikeを中心に紹介しています。

Point2.バッテリー容量

e-bikeは一般的な電動アシスト自転車に比べて、バッテリー容量が小さい車種が多いです。
バッテリー容量だけでなく、 アシストを効かせて走れる距離を確認 するといいでしょう。
メーカーやアシストモードの有無によって、容量が一緒でも走行距離は異るからです。

次の表は、ほぼ同じバッテリー容量のe-bikeを、走行距離で比較した結果です。

車種名 バッテリー容量 走行可能距離
TSINOVA TS01 5.8Ah 50km
benelli miniFold16 5.2Ah 80km

そのため、往復の通勤距離と走行距離とを合わせて、バッテリー容量を決めることをおすすめします。

Point3.デザイン

e-bikeはなによりもデザインの好みが決定打になりやすいです。
スポーツバイク歴または自転車整備歴5~14年の自転車のプロ3人におすすめのe-bikeを聞いたところ、3人ともがおすすめの理由にまず「デザイン」を挙げていました。

では、e-bikeにはどのようなデザインが人気なのかを紹介していきます。

本格派スポーツタイプ

YPJ-C

スポーツバイクの構造を踏襲した本格e-bike。
考え抜かれた走行性能を発揮するパワフルでスマートな見た目が人気のポイントです。

クラシカルなおしゃれタイプ

DE02

電動アシスト自転車には見えない高いデザイン性が目を惹きつけるおしゃれなe-bike。
従来の電動アシスト自転車のゴツさを覆し、女性でも乗りやすい見た目が特徴です。

近未来的なフレーム内蔵型バッテリータイプ

benelli miniFold16

スッキリとしたフレームと機能美を兼ね備えたe-bike。
メーカーそれぞれのデザインセンスが存分に発揮されている車種が多く、自分の感覚にビビッとくる一台を探す楽しさも味わえます。

カラーの発色やフレームデザイン、機能美など、目を引く箇所は人それぞれです。
様々な車種を見比べて、 自分が気に入るデザイン のe-bikeを探してみてください。

Point4.オプション

取り付けられた自転車スタンド

e-bikeは、カゴなど普通の自転車にはもとから取り付けてある 付属オプションが別売り、または取り付けられないモデルが多い です。
それは、スピードを出すべく軽量化が重視されるスポーツバイクの特徴を踏襲しているためです。
しかし、カバンを持ち運び、長時間駐車しておく必要がある通勤には向いていません。
必要に応じて、オプションをカスタマイズすることをおすすめします。

次の表は、あると便利なオプションの一覧です。

オプション 用途
自転車スタンド 駅や駐輪場に輪留めがない場合は必須
ライト 日が落ちてから帰る人は必須
泥除け 衣服の汚れを防ぐため、雨上がりの道や舗装されていない道を走るときにあると便利
ベル 人の多い道をよく通るならあったほうが安全

また、車種によって取り付けられないオプションがあります。
付いていてほしいオプションが取り付けられるかどうかを確認してから購入 することをおすすめします。

あなたはどんな通勤がしたい?おすすめのe-bikeをタイプ別に紹介

ここからは、あなたが通勤をもっと楽しめるe-bikeはどれかを、e-bikeのタイプ別に見てみましょう。

本格派スポーツタイプ クラシカルおしゃれタイプ 街乗り向けミニベロタイプ 通勤向けオプション付きタイプ
デザイン YPJ-C DE03 TSINOVA(チノーバ) TS01 ベロスター
おすすめの人
  • 通勤でも走りの楽しさを感じたい
  • スーツに似合うe-bikeがいい
  • ツーリングも楽しみたい
  • おしゃれに通勤したい
  • 私服に合わせやすいe-bikeがいい
  • 電動アシスト自転車っぽく見えないe-bikeがいい
  • 周りとは違う一台に乗りたい
  • 通勤に便利なe-bikeがいい
  • e-bikeデビューしてみたい

タイプ別のe-bikeを見る

通勤で気分が上がる!スタイリッシュなe-bike14車種を紹介

電動ミニベロ

ここからは、自転車通販サイトcyma-サイマ-で取り扱っているe-bikeの中から、通勤に適した14車種を紹介していきます。
ぜひ好みの一台を探してみてください。

通勤にもツーリングにもおすすめ!本格派e-bike2車種

ここでは、予算15万円以上の本格的なe-bikeを紹介します。 ドライブユニット、走り心地の質ともに折り紙つきの車種です。 せっかくe-bikeに乗るなら、通勤だけでなくツーリングも楽しみたいという人におすすめです。

YPJ-C

YPJ-C商品画像
価格 ¥163,900(税別)
メーカー ヤマハ
カラー展開 2色
サイズ展開 700cc
適応身長 154㎝~
車体重量 22.8kg
バッテリー容量 2.4Ah
走行距離 14~48km
ドライブユニット PW
オプション サイクルコンピュータ

このe-bikeを一言で表すと?

軽快な乗り心地とアシストの恩恵をバランス良く融合した電動アシストスポーツバイク

このe-bikeの特徴

  • コンポーネントには本格派のシマノ製SORAを採用
  • 快適性を重視した太めのタイヤとストレートハンドル
  • 高い剛性とこだわりの意匠を両立したオリジナルの専用アルミフレーム

このe-bikeの口コミ

片道10kmの通勤用に購入しました。以前より電動アシスト車(ママチャリ)を常用していましたが、スポーツ車は初めての購入です。納車時に異常にサドルが高くセットされていましたが、乗って見るとベストポジションにフィッティングして頂いた事が分かりました。アシストは背中を押される様なアシストでは無く、人力をサポートしてくれる様なアシストです。 ですが、上り勾配、向かい風の時は最大のアシストでサポートしてくれます。 毎日の通勤が楽しいです。

"通勤で使い始めて1ヶ月、6000Kcalも消費したとサイクルコンピュータに出てうれしい! 電車+バス通勤からこれに変えて、往復28km程で途中急な坂もありばすが、StdとHiモード切替えて乗ればバッテリー十分持ちます。 最初の1週間程はサドルが硬いのでおしりが痛くなりましたが、段々慣れて今は平気です。 歩道と車道の段差の衝撃は、ママチャリより大きく響きます。


evol C700

evol C700商品画像
価格 ¥198,000(税別)
メーカー evol
カラー展開 3色
サイズ展開 700cc
適応身長 160㎝~
車体重量 21.3kg
バッテリー容量 10.4Ah
走行距離 42~103km
ドライブユニット Bafang製M400
オプション
  • 片足スタンド
  • 手元コントローラー

このe-bikeを一言で表すと?

BAFANG製M400パワーユニットを装備した都会派クロスe-bike

このe-bikeの特徴

  • E-BIKEの本場ヨーロッパで実績のある「bafang」製 のドライブユニット「M400」を搭載
  • パワフルな走行性能に対し制動性能にもこだわった「シマノ製ディスクブレーキ」を採用
  • 緊急時等にはモバイルバッテリーとして利用できるUSB出力端子付き大容量バッテリー

通勤をもっとおしゃれにしてくれるe-bike5車種【DAITONA】

ここでは、当サイトのe-bikeの中でも売れ筋のシリーズを紹介します。
人気の理由はおしゃれなレザーバック型のバッテリー。

レザーバック型バッテリー

フレームやカラー展開も、女性でも男性でも似合うデザインです。
自転車も合わせてワンランク上の通勤がしたい人におすすめです。

DE03

DE03商品画像
価格 ¥139,000(税別)
メーカー DAYTONA
カラー展開 3色
サイズ展開 20インチ
適応身長 155㎝~
車体重量 16.2kg
バッテリー容量 6.6Ah
走行距離 40~50km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ベル
  • 片足スタンド

このe-bikeを一言で表すと?

休日の買い物やポタリングをイメージしてつくられたニューモデルのe-bike

このe-bikeの特徴

  • 暮らしに馴染む落ち着きのあるデザイン
  • 女性でも乗りやすい小回りの利くミニベロ
  • リーズナブルな価格設定

このe-bikeの口コミ

ハンドルグリップがとても良い(握った感触が最高です、形状が今まで乗った自転車にはない)


DE02

DE02商品画像
価格 ¥143,000(税別)
メーカー DAYTONA
カラー展開 3色
サイズ展開 700cc
適応身長 160㎝~
車体重量 16.7kg
バッテリー容量 6.6Ah
走行距離 40~50km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ベル
  • 片足スタンド

このe-bikeを一言で表すと?

自転車通勤や街乗りをイメージしてつくられたクロスe-bike

このe-bikeの特徴

  • おしゃれな街に溶け込むスマートなシルエット
  • 走行時の衝撃を吸収するアルミフレームとスチール製のフロントフォーク
  • パワフルで静かな36V/250Wのモーターを採用

このe-bikeの口コミ

待ちに待った自転車の到着。アシスト感が程よく弱くて、普通にロードバイクに乗っている感じ。乗りやすく、走りやすく、スピードもそこそこ出て気持ち良い。我が家は結構な山の上にあるので、最後の登りはギアを全開に軽くして、やっと漕げる感じだけど、降りずに登り切れるので頑張れる。後ろにはバッテリーを積んでいるので、それなりに重さはあるが、前は軽い。何より、アシストだと思われないバッテリーカバーがカッコいい。走っていて、ハンドルの形状が握り続けなくても良い(手のひら付け根を乗せておける形状)ので、すごく楽。家での収納は、ハンドルとペダルが畳まれるので、スッキリ。マイナスポイントが今のところ全く感じられません!!大変に気に入って毎日の通勤で乗っています。


DE01

DE01商品画像
価格 ¥148,000(税別)
メーカー DAYTONA
カラー展開 4色
サイズ展開 20インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 16.8kg
バッテリー容量 6.6Ah
走行距離 40~50km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ベル
  • 片足スタンド

このe-bikeを一言で表すと?

滑らかな乗り心地と頼れるアシスト力が魅力の折りたたみ式ミニベロe-bike

このe-bikeの特徴

  • 誰にでもよく似合うエレガントなスタイル
  • 快適性を重視したコンポーネントを採用
  • 細部にまでこだわりが詰まった軽量なクランクやシートポスト

このe-bikeの口コミ

電動アシスト自転車っぽく見えない外見が気に入って買いました。折り畳めるので部屋の中で管理しやすいです。アシストのパワーも普通にあるので陸橋の上り坂でも楽々です。平地でも加速が良いので、駅までの時間が短くなりました。標準のサドルが硬めなので長時間走ったり、地面が荒い場所だと尻が痛くなります。買い物かごなどを取り付けにくいので荷物が多くなると苦労しますが、買ってよかったです。

とても快適に使用していますが、泥よけ?を後でつけたのですが、折り畳みをすると直ぐに歪んでしまいタイヤに擦れてしまいます。もう少し丈夫なのにするか、丁寧な説明がほしかったです。いまは収納時折り畳まず使用しています。


DE01S

DE01S商品画像
価格 ¥185,000(税別)
メーカー DAYTONA
カラー展開 4色
サイズ展開 20インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 16.1g
バッテリー容量 6.6Ah
走行距離 40~50km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ベル
  • 片足スタンド

このe-bikeを一言で表すと?

価格と性能のバランスがとれたハイグレードモデルのe-bike

このe-bikeの特徴

  • 上質な乗り味を実現する高性能なブレーキと変速機を搭載
  • シリーズ最軽量の16.1kg
  • 万一バッテリーが切れてもペダルが重くならない特殊ギアを内蔵

このe-bikeの口コミ

ミニベロ 初で、ハンドルが軽く片手運転が不安でサドルが少し固めでしたが1日(4時間位)で慣れて凄く気に入りました。電動アシストも漕ぎ出しと坂道は非常に楽で全然疲れませんでした。坂道以外ならアシストOFFで自転車が軽いせいかペダルも全然重くなく走れます。これに乗ったらもうママチャリに戻れないですね。


DE01X

DE01X商品画像
価格 ¥238,000(税別)
メーカー DAYTONA
カラー展開 2色
サイズ展開 20インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 17kg
バッテリー容量 6.6Ah
走行距離 45km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ベル
  • 片足スタンド

このe-bikeを一言で表すと?

厳選されたコンポーネントとシリーズ最大のアシスト力が魅力の折りたたみ式e-bike

このe-bikeの特徴

  • 本気で走りたい乗り手にも応えるSHIMANO105のコンポーネント
  • 前後油圧ディスクブレーキを装備
  • 上位モデルにふさわしい各種パーツを採用

街中を走るならこれ!ミニベロタイプのe-bike6車種

ここでは、タイヤサイズが20インチ以下のミニベロタイプのe-bikeを紹介していきます。 パッと見でも分かるデザインのバラエティ、ユニークさは電動アシスト自転車界No.1です。 他の人に差をつけたい人におすすめのe-bikeです。

TRANS MOBILLY AL-FDB140E

TRANS MOBILLY AL-FDB140E商品画像
価格 ¥94,800(税別)
メーカー ジック株式会社
カラー展開 3色
サイズ展開 14インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 11.9kg
バッテリー容量 2.8Ah
オプション
  • 片足スタンド
  • サドルポーチ

このe-bikeを一言で表すと?

多機能かつ驚きの軽さを実現した折りたたみ式e-bike

このe-bikeの特徴

  • 持ち運ぶために考えられた車体重量11.9kgの軽量性
  • 携帯電話の充電などにも使用できるコンパクトなバッテリー
  • 小回りがよく効く14インチ

TRANS MOBILLY FDB166E

TRANS MOBILLY FDB166E商品画像
価格 ¥97,800(税別)
メーカー ジック株式会社
カラー展開 2色
サイズ展開 16インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 12.9kg
バッテリー容量 2.8Ah
オプション
  • 片足スタンド
  • サドルポーチ

このe-bikeを一言で表すと?

ギアがついても軽量でリーズナブルな折りたたみe-bike

このe-bikeの特徴

  • 安心安全のシマノ製6段変速機を搭載
  • 携帯電話の充電などにも使用できるコンパクトなバッテリー
  • 雨が降っても安心のバッテリーカバー付き

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE商品画像
価格 ¥124,800(税別)
メーカー ジック株式会社
カラー展開 3色
サイズ展開 16インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 20.3kg
バッテリー容量 7Ah
オプション
  • 泥除け
  • 操作パネル

このe-bikeを一言で表すと?

持ち運びがしやすく気軽に乗れるe-bike

このe-bikeの特徴

  • スタイリッシュなデザインを保つ内蔵型バッテリーを採用
  • 移動しやすいキャスター付きのリアキャリア
  • 14.6kgと軽量かつ3つに折りたたむめてコンパクト

TS01

TS01商品画像
価格 ¥136,800(税別)
メーカー TSINOVA
カラー展開 5色
サイズ展開 20インチ
適応身長 150㎝~
車体重量 14kg
バッテリー容量 5.8Ah
走行距離 50km
ドライブユニット TSINOVA·Veloup 電動補助システム
オプション
  • ライト
  • 泥除け
  • 液晶パネル

このe-bikeを一言で表すと?

おしゃれで街中の快適走行に適したシティタイプのe-bike

このe-bikeの特徴

  • 油よごれがなく清潔かつ静かなベルトドライブを採用
  • 専用設計された統一感のあるデザインのオリジナルバッテリー
  • 特許を取得した技術で自社開発したモーターユニット

benelli miniFold16

benelli miniFold16商品画像
価格 ¥158,000(税別)
メーカー Benelli
カラー展開 2色
サイズ展開 16インチ
適応身長 145㎝~
車体重量 17.6kg
バッテリー容量 5.2Ah
走行距離 80km
ドライブユニット DC36V-250W
オプション
  • ライト
  • 片足スタンド
  • 手元スイッチ

このe-bikeを一言で表すと?

スタイリッシュでコンパクト、アーバンライフに最適な折りたたみ式e-bike

このe-bikeの特徴

  • イタリアのオートバイメーカー「Benelli」街乗り向けに作製したe-bike
  • 外からは全く分からないフレーム内蔵型バッテリー
  • 女性でも簡単に折りたためる特別な折りたたみシステムを採用

PSA1

PSA1商品画像
価格 ¥185,000(税別)
メーカー BESV
カラー展開 7色
サイズ展開 20インチ
適応身長 150㎝~
車体重量 19.5 kg
バッテリー容量 10.5Ah
走行距離 90km
ドライブユニット Besv ORIGINAL
オプション
  • 片足スタンド
  • 大型インターフェース

このe-bikeを一言で表すと?

デザインと走行性能においてハイパフォーマンスのe-bike!

このe-bikeの特徴

  • 2017年にグッドデザイン賞を受賞したすっきりと美しいフォルム
  • LG製高密度セルを採用した小型バッテリー
  • カーボンフレームの様な綺麗な仕上げのメインフレーム

通勤に便利なオプションが取り付け済!スポーツタイプの電動アシスト自転車3車種

ここでは、10万円前後のe-bikeっぽい電動スポーツバイクを紹介していきます。
厳密にはe-bikeではないですが、走行性能が高く比較的車体が軽い点は共通しています。
スタンドやライトなどが付属しており、カゴを取り付けることもできます。
使いやすくリーズナブルなe-bikeを求めている人におすすめです。

ベロスター・ミニ

ベロスター・ミニ商品画像
価格 ¥93,980(税別)
メーカー パナソニック
カラー展開 3色
サイズ展開 20インチ
適応身長 150㎝~
車体重量 21kg
バッテリー容量 8Ah
走行距離 31~60km
オプション
  • ライト
  • サークル錠
  • 片足スタンド
  • 泥除け
  • 液晶スイッチ
  • (かごの取り付け可能)

このe-bikeを一言で表すと?

毎日の移動をスポーツに変えるエントリーモデルの電動スポーツミニベロ

このe-bikeの特徴

  • シンプルなアルミダイヤモンド型フレーム
  • 小回りの利くミニベロタイプ
  • 毎日の通勤・通学に安心の装備が充実

このe-bikeの口コミ

足つきバッチリで安心して乗れます。私よひ15センチ程背が低い妻でもサドルを調整すれば問題なく快適に使ってます。かなりキツめの坂の上の住宅地なのですがなんとか立ち漕ぎせず押さずに家まで乗って帰れます。とっても良い運動になります。


ベロスター

ベロスター商品画像
価格 ¥93,980(税別)
メーカー パナソニック
カラー展開 3色
サイズ展開 700cc
適応身長 149㎝~
車体重量 22.4kg
バッテリー容量 8Ah
走行距離 28~50km
オプション
  • ライト
  • サークル錠
  • 片足スタンド
  • 泥除け
  • 液晶スイッチ
  • (かごの取り付け可能)

このe-bikeを一言で表すと?

毎日の通勤通学をスポーツに変えるコスパ最高のエントリー電動スポーツバイク

このe-bikeの特徴

  • 軽くてさびにくいアルミフレームを採用
  • 安定感のある走り
  • 毎日の通勤・通学に安心の装備が充実

このe-bikeの口コミ

上り坂のキツイ通勤・郊外ちょい乗りを用途として購入。 大満足です。

漕ぎ出し、坂道、平地、全てが楽すぎて出かけるのが楽しくなります。


ハリヤ

ハリヤ商品画像
価格 ¥121,980(税別)
メーカー パナソニック
カラー展開 4色
サイズ展開 26インチ
適応身長 150㎝~
車体重量 23.2
バッテリー容量 12Ah
走行距離 45~73km
オプション
  • ライト
  • ワイヤー錠
  • 片足スタンド
  • 液晶スイッチ
  • (かごの取り付け可能)

このe-bikeを一言で表すと?

フロントサスペンション装備で快適な乗り心地を実現したクロスe-bike

このe-bikeの特徴

  • 段差などの衝撃を吸収してくれるフロントサスペンションを搭載
  • 高剛性・軽量化に優れたオリジナルのアルミフォーミングフレーム
  • ライトとリフレクターが一体となりすっきりとしたハンドル

このe-bikeの口コミ

片道3kmの通勤用に購入しました。 これまで坂の多い道を普通の自転車で通勤していました。 坂道の度に降りて押して上がってまた乗って...緩やかな坂は立ちこぎ とにかく毎朝、毎晩のこの重労働が苦痛でした。 しかしこのハリヤに出会ってからはそんな生活も終わり。 坂道はスイスイ進みますし、スポーツタイプなので平坦な道でもスピードが出ます。 今まで片道20分弱かかっていた通勤時間が、10分になりました。 忙しい朝の時間も多少ですが、ゆっくりできるようになりました。 もう、最高の一言です。星5つですが、本当はもっとつけたいくらいです。 これからも重宝していきたいと思います。

主に通勤の為に購入しました。職場まではアップダウンがあり、以前乗っていた自転車では、ストレスを感じてましたが、今では、心地よく風を感じています。また、ひざの痛みも緩和されてる気もします。 フロントのクッションもよく乗り心地バツグンです。


通勤だけじゃもったいない!e-bikeの楽しみ方

せっかくe-bikeに乗り始めるなら、通勤に使うだけじゃもったいないですよね。
そこで、e-bikeのさらなる楽しみ方を2つ紹介します。

e-bikeの楽しみ方①ロングライド

ロングライド

e-bikeなら、初心者でも長距離を走って遠くまで行けるロングライドが楽しめます。
ゆったり漕いでいてもスイスイ進むので、
「体力に自信がないから、長く走るのはつらそう…」
という人でも、あまり疲れずに遠くまでいけちゃいます。
スピードに乗ったら、スポーツバイクの走行性能の出番。
日頃の通勤では味わえない、走りの楽しさを感じられるでしょう。

e-bikeの楽しみ方②ヒルクライム

ヒルクライム

坂道を得意とするe-bikeだからこそ、ヒルクライムを楽しむこともできます。
ここでは、当サイトでも扱っているe-bike「デイトナシリーズ」で富士山の5合目まで登った話を紹介します。

自転車通販サイトcyma-サイマ- 広報担当ブログ『電動自転車で富士山を登った話』

e-bikeなら、普段運動不足の会社員でも富士山の5合目まで登れるのです。
これを機に、運動がてらe-bikeでヒルクライムに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたか?
通勤に使いたくなるe-bikeは見つかりましたか?

e-bikeを通勤に使うメリットは、

  • 通勤が楽になる
  • 通勤する姿がスタイリッシュでかっこいい

でした。
ぜひ気に入った一台で、より楽でスタイリッシュに通勤してみてください。

ちょっと気になる疑問を解決!e-bikeのQ&A

余談程度に、通勤でe-bikeを使うとなるとちょっと気になる疑問を、Q&A方式で紹介していきます。
ぜひ、快適なe-bike通勤に役立ててください。

Q.e-bike通勤に必須のアイテムは?
A.通勤に必須のアイテムは、ヘルメット、カギ、空気入れの3つです。e-bikeはスピードが出るため、万が一に備えてヘルメットの着用が必要です。e-bike車体が軽いが故に持ち去られる危険があります。壊しにくいカギを必ず一緒に購入しましょう。また、普通の自転車用の空気入れでは対応できない、仏式バルブがe-bikeの主流です。バルブの形式を確認し、適した空気入れを一緒に購入すると自分でメンテナンスできるので便利です。
Q.e-bike通勤を快適にするアイテムは?
A.通勤を快適にいてくれるおすすめアイテムは、グローブ、裾バンド、スポーツ用サングラスの3つです。
Q.e-bike通勤に適した服装は?
A.スポーツバイクと同じく、ビジネスカジュアルな服装や、スーツでも大丈夫です。 フレームの位置が高いので、足を上げて乗る必要があります。 特にスーツで通勤する人は、ストレッチの利いた素材のものを選ぶと安心かと思います。
Q.e-bike通勤に適した靴は?
A.長距離、傾斜の激しい坂がある場合は、サイクリングシューズを用意すると良いでしょう。 より楽に漕げるからです。 ただ基本的には、スポーツのできるシューズであれば問題なく乗れます。 スーツで通勤する場合は、革靴と通勤用の靴とを分けることをおすすめします。
Q.e-bikeのバッテリーはどうやって充電するの?
A. e-bikeのバッテリーも、普通の電動アシスト自転車と同じように車体から取りはずして、付属の充電器で充電します。 フレーム内蔵型バッテリーは特に、取りはずし方を確認してからはずすようにしましょう。

関連記事

e-bikeについて知りたい人はこちら

電動アシスト自転車のおすすめ車種を見たい人はこちら

電動アシスト自転車を比較して選びたい人はこちら

電動アシスト自転車についてもっと知りたい人はこちら